ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    裏横浜に関しては、雑誌やメディアで取り上げられるケースが多くありますが、奥横浜については、ほとんど取り上げられることもなく、未だ かなりマイナーな感じがしています。是非、ハマレポで奥横浜の魅力について...

    たかし君さん

    毎年恒例の横浜開港祭の取材をお願いします!

    YAM-3さん

    横浜市の人口は370万人。その中には、生粋のハマっコもいれば、全国から転勤などで引っ越して来た人も沢山います。全国様様なところから来た人達が、故郷の味が恋しくなった時に行けるような店がどれくらいあるの...

    たかし君さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

FMヨコハマのお昼の番組、『E-ne!~good for you~』のDJ MITSUMI(ミツミ)さんってどんな人?

ライター:桐生 由美子 (2012年07月06日)

FMヨコハマの“昼の顔”といえば、『E-ne!~good for you~』のDJ MITSUMIさん。

はまれぽ&FMヨコハマ連動企画、『横浜で一番美味しい道草はどこの道草?』や『横浜で一番急な坂はどこ?』などで突っ走る、体当たりレポーターホズミンとのコンビでもおなじみだ。

そこで今回は、はまれぽがMITSUMIさんに体当たりレポートをしてきた!

 

 MITSUMI (ミツミ) さん 
誕生日: 2月24日
出 身: 広島県
血液型: B型
仕 事: ラジオDJ
H P: http://ameblo.jp/mitsumi-naka/
 



「爽やかで元気!」がMITSUMIさんの第一印象
 


始終笑顔のMITSUMIさん


―DJになったきっかけは?
中学生のときから「ラジオDJになりたい!」と思っていて、それ以外の目標を掲げたことがなかったんです。受験勉強のときに聴いていた、深夜ラジオの世界観が好きだったので。

―ラジオDJになるためにどんなことをしましたか?
もともと大好きだった英語をもっと勉強しました。
外国人のゲストをお迎えしたときに、通訳さんをかえして目の前の人と話をすることに違和感があると思ったので。

―英語の勉強はどんなふうにやったんですか?
高校生のときにホームステイをしました。大学のときには、姉妹提携を結んでいたアリゾナ州の大学にも行きました。
あと、自分がやりたいことをやるためには親の希望も叶えてあげたいと思ったので、親が行ってほしいという高校や大学に進学をしました。でもそこでの勉強は、すべてDJになるために必要なものを選んでいました。
 


英語のしゃべりはジェスチャーも大きくて軽快


―子どもの頃から英語が好きだったんですか?
父親がアメリカ好きだったので、小さい頃から洋楽や洋画が身近にあったんです。中学生のときには、英語の先生と英語で話をするくらい好きでしたね。

―最初に好きになった洋楽は?
『家へおいでよ』っていう曲。「Come on a My House」って活字をそのまま口にするとうまく曲にのらないけど、聴いたまま歌ったら歌えるようになってきたんです。そのときに、英語は目からではなくて、耳からなんだって思いました。

―アイドルとかにはハマらなかった?
そうですね。同級生の友だちがB’zを聴いてるときに、モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」を聴いていました(笑)



FMヨコハマのレギュラーラジオ番組、『E-ne!~good for you~』って?
 


『E-ne!~good for you~』は今年の10月で3年!


―『E-ne!~good for you~』を知らない人のために、番組紹介をお願いします!
簡単にいうと、「いいね」って思えるものをなんでも紹介しちゃう番組です。
当初はエコロジーにつながるような、心や体、地球にいいねというものだったんです。でもやっていくうちに、生活の中のちょっとした「いいね」って共感を呼ぶということに気づいたんです。「そういういいねなら私にもあるある!」みたいな。それからは、みなさんの中の「いいねポイント」をくすぐれるようなネタ選びをしています。

―「E-ne!」っていうタイトルはどういう意味なの?
「enegy(気力や元気などの意)」の「ene」や、「お米」の「稲」などをもじってできた言葉です。パワーの源になるようにという気持ちを込めて。

―「いいね」といえばクレイジーケンバンドの剣さんも!
番組が始まってからゲストに剣さんをお招きして、「いいね」の使用許可を番組上で交渉成立させました(笑)。
ちなみに、facebook「いいね」ボタンは、番組スタートより後に日本にきました。

―「いいね」って簡単だけどいい言葉ですよね!
そうですね。私も好きな言葉です!
番組名をつけるのって、子どもに名前をつけるような感じだと思うんです。元気に育ってほしいという思いと、一度耳に入ったら忘れない言葉…。
ちなみに、「いいね」に続く言葉は「good for you」。「やーね」の後には「bad for you」で(笑)

―これまで放送した内容で一番印象に残っていることは?
印象に残っているというか、またやりたいと思っているのは「いいねドリンクス」という企画。「green drinks」
(世界の800都市以上で開催されているグローバルなネットワークで、グリーンやサステナビリティをテーマにした飲み会)の「E-ne!」版です。
 


「いろいろな企画ものも番組に取り入れたいんです」


―どんな内容ですか?
黄金町の『nitehi works』というスペースをカフェにして、これまでにホズミンがおじゃました農家の方や、関係者をお招きしてイベントをやったんです。内容は地産地消を基本に、食べ物も自然のもの、やることも自然なことでコラボしました。夕方からはお酒も入りつつ、みんなの「いいね」話に花が咲いたりして…。

―ホズミンがいろいろなとこにレポートに行くけど、MITSUMIさんは行かないの?
番組のスタイルとしてはないですね。
でも去年の夏にクイーンズスクエアで公開生放送をやったときに、少しの間だけホズミンと私が入れ替わる企画がありました。私がみなとみらいの自然を見つけに出かけて、その様子を会場にいるホズミンにレポート入れたんです。とても楽しかったですよ!入れ替わったことでホズミンの大変さも知りましたし、ホズミンも私の大変さをわかってくれたかと…。



MITSUMIさんのプライベートが次のページで明らかに!?≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事