検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

“懐かしいモノ”と“おいしいモノ”に出会える旅。はま旅Vol.74 「上永谷・下永谷編」

ココがキニナル!

横浜市内全駅全下車の「はま旅」第74回は、住宅街に囲まれた「上永谷駅」と「下永谷駅」を散策。猛暑の中で待っていてくれたのは、“懐かしいモノ”と“おいしいモノ”たちだった!

  • LINE
  • はてな

ライター:桐生 由美子

上永谷駅といえば、横浜市営地下鉄ブルーライン沿線の駅でも高架駅でおなじみ。市営地下鉄の上永谷車両基地があることでも知られている。よし、取材のネタはありそうだ!
次に下永谷駅…。下永谷駅…。よし、地図を見てみよう!何かおもしろそうなところは…あっ、下永谷駅には出入口が1カ所しかない。それも…、取材のネタになりそうだ。

まずは上永谷駅を降りて散策。


学問の神様に縁があった!
 


見知らぬ通行人に写真を撮ってもらうことにも慣れてきた


駅北側に位置する2番出口を出て、そのまま環状2号線方面へ。環状2号線をとりあえず左へ。
しかし暑い。出かける前に家で見た温度計は36度を表示していた。大通り沿いを歩くというのは、選択ミスだったかもしれない…。
 


直射日光のあたる地面と木陰のコントラストがみごと!


木陰から木陰に飛び移るようにしばらく歩いていくと、「日本三躰 永谷天満宮」という看板が見えてきた。神社のようだが、「日本三躰」ってなんだ?
 


期待するは…日影だ!


鳥居をくぐると、すぐにキニナルは解決された。しかも、実はすごい神社だということが判明したのだ。
 


謎解きの看板はコレ


鳥居の先の看板に書かれている文章を読んでみると、どうやら永谷天満宮には、学問の神様として親しまれている菅原道真公が鏡に映った自分の姿を見ながら自ら刻んだ3躰の木像のうちの1躰が保管されているようだ。
社務所の神職の方に話を伺うと、木像は本殿の中に大切に保管されているとのこと。そのため、受験生などがお参りに来ることが多いのだいう。
 


丁寧に対応してくださった社務所の神職の方
 

社務所には合格祈願のお守りや絵馬が多数
 

木像はここ、本殿の中に保管されている


ちなみにほかの2躰の木像は、道真公のお墓がある福岡県の安楽寺と、道真公が生まれた大阪府の道明寺に保管されているとのことだ。


欽ちゃんに会いに行く



次に向かうは、駅前のパン屋さん「マインベック」。うわさによるとその店には、“欽ちゃんのあんパン”があるという。
 


そのパン屋さんは駅前にあるラポルト上永谷ビルの1階にある


お店のスタッフさんに「欽ちゃんのあんパンありますか?」と、子どものように尋ねてみると、「ありますよ!」と即答。
 


笑顔がかわいいスタッフの川久保さん
 

本当だ!欽ちゃんだ!


作られた経緯を伺うと、オーナーの友人が欽ちゃんと友人で、その友人を通して欽ちゃんに依頼されたそうだ。
しかも、欽ちゃん自身が横浜スタジアムでこの“欽ちゃんあんパン”を配ったこともあるのだという。

上永谷駅、なかなかすごいぞ!たった1時間の間に、学問の神様と欽ちゃんに会えた気がする。