検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

横浜が生んだ大スター!斉藤由貴さんってどんな人?

  • LINE
  • はてな

2013年05月07日

ライター:松崎 辰彦

東京練馬区にある東映東京撮影所。その中にある巨大な撮影スタジオでは、テレビ朝日で毎週水曜日夜9時から放映している「遺留捜査」の撮影真っ最中だった。

「遺留捜査」とは現場に残された遺留品から事件を解決に導く物語だが、そのドラマの中で女刑事を演じているのが、斉藤由貴さん。

1984(昭和59)年にデビューして以来、トップスターとして人々の注目を浴びてきた。女優・歌手としてのみならず、詩集やエッセイ、小説を発表するなど、文筆家としても高い評価を得ている。

横浜で生まれ育った彼女に、「はまれぽ」は注目しないわけにはいかない。忙しい撮影時間の合間、インタビュー時間をとっていただいた。斉藤由貴さんにとっての横浜とは何かを、探ってみたい。
 

斉藤由貴(さいとうゆき)さん 
誕生日: 1966年9月10日
血液型: B型
趣 味: 作詩・イラスト・読書・詩を書くことなど
仕 事: 女優・歌手・文筆家
H P : http://ameblo.jp/yukisaito-official/



芸能界デビューが周囲の反感を買った

―斉藤さんは実際にお生まれになったのはどこなのでしょう?

横浜市神奈川区白楽にあった産院です。子どものころは内向的で人とかかわるのが苦手でしたね。絵を描いたりなど、一人でいることが多い少女時代でした。
 


斉藤由貴さん


男子にすれば格好のイジメの対象だったので、スカートめくりされたり、上履きを隠されたりといったこともありました。

中高生時代は?

清水ケ丘高校(現・神奈川県立横浜清陵総合高等学校)に入学しましたが、本当にわがままで自分勝手でした。雨が降るともう学校を休んじゃうんです。母も「行かなくていいわよ、今日は雪が降っているから」とあっけらかんと言うような人でした。
母に言わせると、私は神経質でナイーブな部分が強くて、縛りつけたり拘束したりするのはよくないと思ったようです。ですから「なに言ってるの、行きなさい!」という言葉は一切なかったです。

そんなときに弟さんがミスマガジンに応募して、優勝した。芸能界デビューですね。

いまはスクールカーストっていうんですか、当時もそれに近いものがありました。目立つ子、可愛い子、賢い子、不良っぽい子、みたいなすみ分けがあったわけです。その中で、私はクラスのふきだまりみたいなところで“目立たないように、目立たないように”ひとり地味に棲息していました。

ところがミスマガジンに優勝してカップラーメンのCMに出るようになって、一躍有名になってしまった。するとちょっと悪いグループの女の子、目立って格好いい男の子とつきあっている女の子なんかは、私に反感を持ったんです。
 


ミスマガジン時代の一枚(画像提供:講談社)


「何よ、あの子!」「本当はそういう子だったわけ?」みたいな。私も学校で真面目ならよかったんですが、すぐ休んだり遅刻したり、早退したりするものだから、私のことが癪(しゃく)に触る子はいたと思いますね。「芸能人ぶっちゃって!」なんてすれ違いざまに言われたこともあります。

成績はどうでしたか?

得意な科目と苦手な科目の差が極端でした。国語や英語は塾なんかの全国模試でも上位何%に入るかということもあったんですが、数学は落第しかけたことがありました。



猛烈に忙しかった「スケバン刑事」時代

斉藤さんのデビュー曲「卒業」の歌詞にあるような、好きな先輩のボタンをもらったという経験はおありですか?

ありました! 中学1年生の時に、仲のよかった部活の男子の先輩が、卒業のときに私が何も言わないのにボタンをくれました。ただ私はそういう習慣を知らなくて、もらう意味がわかりませんでした。
 


いろいろなことを隠さずにしゃべってくれる


伝説のドラマ「スケバン刑事」時代はいかがでしたか。

あのドラマもちょうどこの東映撮影所で撮られたんですが、私はデビュー当時、ものすッごく忙しかったんです。今でこそ自分の作品をDVD で見直すとか、自分の出演した番組を観るとか、インタビューのゲラをチェックしますけど、当時はひたすら自分を出していくのが精一杯で、自分の仕事を見直すとかチェックするとか一切なかったです。

ですから「スケバン刑事」も撮影するのに必死で、視聴率が高いとか、当時ブームを巻き起こしているとか、何一つ知りませんでした。

当時の斉藤さんの人気は群を抜くものがありましたよね。

親がひたすら心配していました。それまで高校生として夕方の4時や5時に学校から帰って来た娘が、朝6時か7時に迎えの車が来て、まるでさらわれるようにしてどこかへ連れて行かれ、帰ってくるのが毎日午前様。それで休みが1日もないという状況が続きましたから。



次のページでは斉藤由貴さんのプライベートに迫る!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

元・モーニング娘。の新垣里沙ちゃんを徹底解剖

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

新着記事

神奈川県がワインの生産量日本一って本当? その理由とは

    • 面白かった176
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年10月15日

東神奈川の傾いた家、所有者が代執行間近に現れたため一時中断

    • 面白かった84
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2018年10月16日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 伊勢佐木モールのドンキホーテの交差点前にある「コンクリート製の盛り上がり」、あれは何でしょうか?なぜ...

  • 横浜市の指示通り、プラごみの分別を徹底していますが、そのプラごみが結局どうリサイクルされているかは誰...

  • 今年も小机城趾市民の森にて10月27日(土)に17時~20時に竹灯籠まつりが開催されます。5,000...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント