検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

横浜市全駅全下車の「はま旅」第111回は、相鉄いずみ野線「南万騎が原」の旅。鎌倉時代に活躍した武将たちの熱い思いに触れた。

  • LINE
  • はてな

2013年05月17日

ライター:ナリタノゾミ

「はま旅」のコーナーも111回を迎え、いよいよめぐるべき駅も限られてきた。

今回降り立ったのは、相模鉄道いずみ野線「南万騎が原駅」。
訪れたことのない土地だったため不安はあったが、この力強い地名の響きに魅力を感じ、取材を思い立った。
 


駅前のスペースを見つけ、三脚を立てて撮影。雑草が写りこんでしまった


南万騎が原駅の東側には、「万騎が原」という街が広がる。
「万の馬」を意味する地名にちなんでか、駅名を記す看板の裏には馬のモチーフが施されていた。
 


看板の裏の馬のモチーフ


実 は、ここ万騎が原一帯、かつては「牧ヶ原」と呼ばれていたという。それが、1205(元久2)年、源頼朝の重臣であった畠山重忠が、この地に数万騎の陣を 構えていた北条氏によって討ち取られたという史実にちなみ、「万騎が原」という漢字で表記されるようになった(「旭区郷土史」旭区郷土史刊行委員会編)。
万騎が原の地名の由来については、過去の記事も参照してほしい。
 


駅前の地図看板。古戦場だったことをしのばせる歴史的スポットが散見される


さて、この街の歴史的基礎知識をチェックしたところで、早速散策してみよう。



62年の技術を誇る靴修理店

駅前商業施設の中に、ひときわ目立つカラフルな手描きの看板を発見。
「55年の技術を誇る 靴の病院」と書かれている。
 


看板には「靴の病院」「本日の担当医スズキ院長」との記載が・・・


「この商業施設が建てられたのは昭和50年代。施設が完成してからすぐ入店したから、もう30年以上この場所で靴の修理をしていることになるね」。そう話してくれたのは、「靴のスタンダード」(旭区柏町)の店長・鈴木さんだ。
 


昭和50年代に建てられた柏町の商業施設。数軒の商店が入店している


鈴木さんは、同店を靴の「病院」に見立て、自らを「病院長」と称している。その道、62年の靴修理職人だ。
 


15歳から職人として修行をはじめた鈴木さん。現在77歳


「靴も使い捨ての時代になってしまいましたね。修理するくらいなら新しいのを買ったほうがいいという風潮になってきている。それでもこうやってお客さんが訪れてくれるから」

気に入った靴を履き続けられるようにと、毎日靴を修理し続ける鈴木さん。

彼を頼って集まった靴の山を見ていると、自宅の靴箱で眠っている靴に対しても購入当時の愛着をもう一度蘇らせたいという気持ちになってくる。
 


「靴の病院」の病院長を頼って持ち込まれた靴が行列をなす


靴の修理をメインで運営している同店だが、靴の販売も行っている。
 


店内には、昔懐かしい絵柄の子ども用長靴も
 

わけあり価格100円。おしゃれなデッキシューズ風(未使用)


「いつまでお店を続けられるかなぁ、なんて、毎日思うんだけどね」と、話す鈴木さん。それでも、「お客さんが来てくれる限り。この身体が動くうちは」と、年中無休で営業しているというから、襟を正される。

再訪することを約束して同店を後にした。
東に向かって道なりに進むと、「南万騎が原ルート」なる案内板を見つける。「こども自然公園」へのルートを示すものだ。
 


旭区役所が設置している案内板。こども自然公園までのルートを示している


過去の「はま旅」二俣川編ですでに紹介されている同公園であるが、そこでは取り上げられなかった何かがあるかもしれない。
とりあえず、案内板にしたがって進んでみることにした。


キニナル「南万騎が原ルート」を行く・・・旅の続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

旭区を中心に活動中の「紙芝居おじさん」が紙芝居を始めた理由は

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

横浜でのんびりピクニックのできる場所を教えて!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

誕生から25年を迎えた「横浜ベイブリッジ」、保守点検の現場を密着取材!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

【編集部厳選!】あまり知られてない!? 穴場的なお店をご紹介!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

宮川町と福富町で1000ベロはしご酒。ほぼ300円、酒屋さん直営、角打ち、〆ラーメンを堪能!

    • 面白かった103
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2018年10月19日

自転車対策から「活用」へと踏み出す横浜市、自転車マナーは改善する?

    • 面白かった10
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2018年10月20日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 磯子区の栗木交差点近辺の住宅街の一軒の庭にカーネルおじさんが立っています!!これは本物なのか…なんで...

  • 非常用LEDライトを気前よく無料配布している会社があります。港北区にあるペガソス・エレクトラを取材し...

  • 横浜駅から雨に濡れずにどこまで行ける?という企画があったとのですが、みなとみらい駅や川崎駅もどこまで...

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント