検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜市全駅全下車の「はま旅」第111回は、相鉄いずみ野線「南万騎が原」の旅。鎌倉時代に活躍した武将たちの熱い思いに触れた。

  • LINE
  • はてな

2013年05月17日

ライター:ナリタノゾミ

「はま旅」のコーナーも111回を迎え、いよいよめぐるべき駅も限られてきた。

今回降り立ったのは、相模鉄道いずみ野線「南万騎が原駅」。
訪れたことのない土地だったため不安はあったが、この力強い地名の響きに魅力を感じ、取材を思い立った。
 


駅前のスペースを見つけ、三脚を立てて撮影。雑草が写りこんでしまった


南万騎が原駅の東側には、「万騎が原」という街が広がる。
「万の馬」を意味する地名にちなんでか、駅名を記す看板の裏には馬のモチーフが施されていた。
 


看板の裏の馬のモチーフ


実 は、ここ万騎が原一帯、かつては「牧ヶ原」と呼ばれていたという。それが、1205(元久2)年、源頼朝の重臣であった畠山重忠が、この地に数万騎の陣を 構えていた北条氏によって討ち取られたという史実にちなみ、「万騎が原」という漢字で表記されるようになった(「旭区郷土史」旭区郷土史刊行委員会編)。
万騎が原の地名の由来については、過去の記事も参照してほしい。
 


駅前の地図看板。古戦場だったことをしのばせる歴史的スポットが散見される


さて、この街の歴史的基礎知識をチェックしたところで、早速散策してみよう。



62年の技術を誇る靴修理店

駅前商業施設の中に、ひときわ目立つカラフルな手描きの看板を発見。
「55年の技術を誇る 靴の病院」と書かれている。
 


看板には「靴の病院」「本日の担当医スズキ院長」との記載が・・・


「この商業施設が建てられたのは昭和50年代。施設が完成してからすぐ入店したから、もう30年以上この場所で靴の修理をしていることになるね」。そう話してくれたのは、「靴のスタンダード」(旭区柏町)の店長・鈴木さんだ。
 


昭和50年代に建てられた柏町の商業施設。数軒の商店が入店している


鈴木さんは、同店を靴の「病院」に見立て、自らを「病院長」と称している。その道、62年の靴修理職人だ。
 


15歳から職人として修行をはじめた鈴木さん。現在77歳


「靴も使い捨ての時代になってしまいましたね。修理するくらいなら新しいのを買ったほうがいいという風潮になってきている。それでもこうやってお客さんが訪れてくれるから」

気に入った靴を履き続けられるようにと、毎日靴を修理し続ける鈴木さん。

彼を頼って集まった靴の山を見ていると、自宅の靴箱で眠っている靴に対しても購入当時の愛着をもう一度蘇らせたいという気持ちになってくる。
 


「靴の病院」の病院長を頼って持ち込まれた靴が行列をなす


靴の修理をメインで運営している同店だが、靴の販売も行っている。
 


店内には、昔懐かしい絵柄の子ども用長靴も
 

わけあり価格100円。おしゃれなデッキシューズ風(未使用)


「いつまでお店を続けられるかなぁ、なんて、毎日思うんだけどね」と、話す鈴木さん。それでも、「お客さんが来てくれる限り。この身体が動くうちは」と、年中無休で営業しているというから、襟を正される。

再訪することを約束して同店を後にした。
東に向かって道なりに進むと、「南万騎が原ルート」なる案内板を見つける。「こども自然公園」へのルートを示すものだ。
 


旭区役所が設置している案内板。こども自然公園までのルートを示している


過去の「はま旅」二俣川編ですでに紹介されている同公園であるが、そこでは取り上げられなかった何かがあるかもしれない。
とりあえず、案内板にしたがって進んでみることにした。


キニナル「南万騎が原ルート」を行く・・・旅の続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

旭区を中心に活動中の「紙芝居おじさん」が紙芝居を始めた理由は

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

横浜でのんびりピクニックのできる場所を教えて!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

横浜市と鎌倉市をまたぐ大船駅の住所はどっちの市?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

栄区にある一見居住用マンションのようなラブホテルで大人の願望を解き放つ!? ホテル愛愛賓館でライター・山崎が××!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった160
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年01月16日

横浜市の成人式、当事者の新成人の思いは? 運営する「記念行事実行委員会」に聞いた

    • 面白かった56
    • 面白くなかった10
    • コメント0
  • 2019年01月15日

はまれぽ編集部のイチオシ

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

環境を考えること=クリエイティブ!? 中高生がゴミを作品に生まれ変わらせる「かんきょう文化祭」

  • PR

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

国内&ハワイを中心におふたりに寄り添ったウエディングをご提案「LIKELIKE WEDDING」

  • PR

登記、相続、遺言など、人生の節目に直面する法律関連のお悩みなら、「司法書士・行政書士柴崎勝臣事務所」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

  • 最近Uber EATSの四角い箱を持った自転車やバイクの配達員をよく見掛けます。出前のようなサービス...

  • 新横浜ラーメン博物館にあった、「すみれ」が野毛にオープンすると知ったのですが、調査をお願いします!

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング