ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅近くの奈川銀行本店横の小道にアートペイントが施されています。キニナルのはペイントと一緒に「長者町小唄」という歌の歌詞が書かれています。「川面に映るネオン街 歩めばはやる心うた(中略)異国...

    横濱マリーさん

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ライター井上が、身一つでドヤ街を調査。その実態をレポート!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

ドヤ街宿泊レポ第2弾!ドヤ管理人に突撃インタビューを敢行!日雇い労働者の街は今、手彫りヤクザと生活保護受給者の街と化していた

ライター:井上 こん (2013年06月29日)

(この記事は2013年6月29日の再掲載です)

「・・・それがまた・・・・・畳に小便漏らして・・・」

「・・・だからよ、『このハゲ!』って言ってやったんだよ」

6月某日。雨湿による鬱陶(うっとう)しさを感じながら、寿町に足を踏み入れる。

これは街の佇まいや住人の会話のせいなのだろうか。そのエリアに入った瞬間から空気のよどみを感じる。どの道を見ても、そこかしこに中年男性が座り込み、ビールとタバコを手に大声で駄弁っている。部外者に対する辛辣(しんらつ)な視線を感じ、目深に被ったキャップをさらに深く下げ、彼らと目を合わせないようにしつつ歩を進める。



はまれぽでは2回目となる寿町の宿泊取材

先だって、はまれぽでは「寿町ドヤ街の簡易宿泊所ってどんな所?」という記事をご紹介した。今回は違う切り口での取材を、と指令を受けてこの地へやって来た筆者。事前のリサーチで、簡単に女性が立ち入れる街ではないという事が分かっていたので、ボロジーンズ、ジャンパーにキャップ、そしてマスクという自分なりのスレた服装を選択。

寿町の成り立ちについては、「寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか」で触れているのでご一読いただければと思う。

16時。関内側より「寿地区」へ。扇町の交差点を超えると景色が一変する。ゴミの山が雨を吸い、マスク越しで解るほど強烈な臭いを発しているが、ゴミ収集車はちゃんと来ているのだろうか。
 


閑散の中に殺伐とした印象もある

 
まずは暗くなる前にドヤ、すなわち宿を押さえたい。中心部は半裸(中には全裸)の男性がうろついていたり、ノミ屋(競馬賭博)も見かけ物騒な印象を受けたので、少しはずれたドヤから訪ねる。

「すみません、素泊まりなんですが」

管理人室の奥から、中年男性が怪訝そうな顔を覗かせる。宇宙人に遭遇したかのような表情だ。

「悪いけど、うちは女性泊めてないんだよ」

「そうですか・・・」

これ以降、このやり取りを15回ほど繰り返す。寿エリアには約300平米の中に100ほどのドヤが犇(ひし)めいているが、30分ですでに15軒断られ暗雲が垂れ込めている。
 


ドヤは「住居」扱いできるため、郵便物が届く

 
そうこうしながら寿地区の南東部、「松影町」の古びたドヤへ飛び込む。予想通り、女性ということを理由に断られるが、その管理人男性の人当たりの良さに一種のスキを見出した筆者。ここを逃してはいけない。

「でも!! もう30軒断られてて・・・!! 行く所が無いんです・・・」

30軒は盛り過ぎたかな、と焦ったが、しばし間を置いて意外な答えが返ってくる。

「う~ん、俺が泊めた事は絶対に内緒だよ。女は泊めるなって社長がうるせぇんだ」

「ありがとう! おとうさん!」



素泊まり2200円の部屋とは?

社長に内緒ということなので、ドヤの名称は控えさせていただく。3畳ほどのフローリング風のクッションフロアには、おそらくタバコだろう、無数の焦げ跡が見える。15年の歴史を持つというそのドヤの外観を見た時、中はきっとシミだらけの畳だろうと覚悟していただけに、タバコ跡があろうがフローリング風のそれに安堵した。
 


布団と冷蔵庫が用意されている

 
少々強引ではあったが、明るいうちに宿を押さえる事ができ、一安心の筆者。「うちのばあさん以外の女と話したの何年ぶりだろうな」と呟く管理人から、「この辺は危険だから、あんたは19時までには帰ってきな」「できるだけ共用トイレには行くな」「ほかの宿泊者(住人)に見られるな」という忠告の言葉も掛けられる。
 
 

ドヤ街とはどんな所なのか? ドヤ街を歩き、実態を調査!・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事