ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

閉店後、東急ハンズ横浜店に行ったら、壁やショーウインドウに色鮮やかな画がたくさん描かれていました。詳細がキニナル。(トラズキノコさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

東急ハンズ横浜店の壁に描かれた画は移転のため22年の歴史に幕を閉じた名物店舗への感謝を込めたお客さん参加型のアートイベントの一環だった。

ライター:はまれぽ編集部 (2013年08月05日)

独特の階層構造を持ち、訪れた人に買い物以上の楽しさと、店舗をめぐる「ワクワク感」を与えてくれたあの場所・・・。開業から22年。今秋の移転に向けて、7月15日に惜しまれつつも一時閉店した東急ハンズ横浜店。その跡地に、たくさんの画が描かれているという。
 


7月15日に移転のため一時閉店した東急ハンズ横浜店(写真提供:東急ハンズ)


そんな東急ハンズ横浜店跡地に描かれた画とは、一体どんなものなのだろうか。




あのペイントは何?

駅を出て、東急ハンズの方に向かって・・・。横浜市民ならば、待ち合わせの際に一度は使ったことがあるフレーズかもしれない。相鉄口から横浜駅を出て、パルナード通りの歩行者天国を抜けると、東急ハンズは出迎えてくれていた。人ごみを抜けて、その場所にたどり着くと「今日はどのフロアから、何を見ようかな」という冒険心や好奇心をくすぐられたりもした。

しかし、そんなハンズへ向かう道も、取材したのが平日のランチタイム前ということもあるのだろうが、以前のようなにぎわいは見られなかった。改めて、あのらせん状の構造をした特徴のある店舗が閉店したことを実感。一抹の寂しさを感じずにはいられなかった。
 


人通りがまばらなハンズへの道


パルナード通りから真正面に見える、ショーウインドウ。レトロなコカ・コーラの自動販売機があったあたりから岡野の交差点に向かう自転車置き場まで、パステルカラーの船や太陽、虹の画が出迎えてくれた。
 


道行く人の目を引くショーウインドウの画


この画は一体、なんなのか。東急ハンズ経営企画部ブランディング課に話を聞いた。



画はアートイベントの一環だった!


とても色鮮やかな画は、7月15日の閉店を前に13日から空きスペースになった売り場を利用して行ったアートイベント「ハンドメイド・クリエイティブフェスタ」の一環とのこと。建物の取り壊しも決まっていたため、普段はなかなか経験できない店舗全体を使ったイベントにしたようだ。

 


子どもらしい元気いっぱいなペイントアート


実際に画を描いたのは「かおかおパンダ」という、鎌倉市のアーティストとその有志が中心。それに加えて、イベントを行っていた13日から来店したお客さんが中心。主に小中学生とその保護者らが多く参加した。
 


「かおかおパンダ」による創作活動の様子(写真提供:東急ハンズ)



閉店後も人目を引く画を目当てに訪れる人も多いのだとか・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事