検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜

ココがキニナル!

横浜市内を流れる主な川の源流(水源地)を巡る旅、というのはいかがでしょうか(吉閥さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

帷子川源流のある旭区若葉台にたどり着くまでに、戦前の横浜を代表する大工場地帯跡や自然豊かな情景、歴史的スポットを通過する。

  • LINE
  • はてな

2013年08月05日

ライター:ナリタノゾミ

全長約17キロメートル。
旭区若葉台を源流地点とし、保土ケ谷区、西区、神奈川区を通過して横浜港へと注ぐ、帷子川。

「帷子」との名称が付されたゆえんについて、平安時代に、この川で養蚕・麻による織物(帷子)が始められた際、川の水で織物が洗われたことにちなむ、という説が存在する。

街は川とともに、どのような発展を遂げ、記憶を積み重ねていったのか。
源流のある若葉台までを散策してみよう!

 


ビル群の間を流れる、悠然とした姿の帷子川(西区)




農村から工業地域へ。帷子川下流域の変遷

まずは、工業地域として発展した川辺町までを歩く。
 


河口から保土ケ谷区川辺町まで


スタートして間もなく、西平沼町を散策していると、「氷」と書かれた旗が目に入ってきた。
 


蒸し蒸しする夏の空に舞う「氷」の文字


氷販売会社「株式会社三光商会」(西区西平沼町1-26)では、純氷で作ったかき氷が販売されていた。
 


スタート早々ではあるが、遠慮なく甘味にありつく


味は、イチゴ・メロン・抹茶などさまざま。カップにたっぷりと入って100円。プラス50円で練乳のオプションがある。かき氷を片手に、先へ進む。
 


平沼橋のガスタンクを左手に望みながら川岸を進む


間もなくすると相鉄線・天王町駅前に行き着く。

江戸時代まで、保土ケ谷区の帷子川流域に点在する家々はほとんどが農家だった。にぎやかな旧東海道沿いの保土ケ谷宿と比較すると、同じ区内でも帷子川流域の村はひっそりとしていたようである。もっとも、天王町駅前は例外で、旧東海道と交わる地点にあったことから、かつてより大いに栄えた。
 


駅前商店街「シルクロード天王町」(旧東海道、帷子橋)


ちなみに、初代広重が描いた東海道五十三次の帷子橋といえば、保土ケ谷宿を象徴する大橋として認識されている。

かつての帷子川は現在よりやや南側を流れていたが、1964(昭和39)年の河川改修に伴い、旧・帷子橋は消滅した。現在の天王町駅前公園が旧・帷子橋の跡地である。
 


旧・帷子橋は長さ約27メートル、幅約5メートルの大橋(保土ケ谷宿再現イラスト:ナリタノゾミ)


さて、天王町を過ぎると、やがて川辺町に至る。

陸運と水運に恵まれていた帷子川下流域には、明治時代末期から、大小の工場が建設されはじめる。地域に大きな経済的利益をもたらした富士瓦斯(ガス)紡績工場、大日本麦酒株式会社(現・サッポロビール)の工場などもその頃に建設された。
 


川辺公園のアメニティ。かつて川辺町一帯は、富士瓦斯紡績工場の敷地で占められていた


1889(明治22)年、上星川に設立された日本絹綿(けんめん)紡績工場では、市内で採取された蚕のまゆから絹糸が製造されていた。

その後、同工場は、現在の保土ケ谷区役所の場所に移転すると、富士瓦斯紡績工場として生まれ変わり、川辺町一帯に敷地を拡大した。
 


ちなみに、三ツ境駅前には、ご神体が蚕という白姫神社がある。
横浜が蚕の生産地であったことをしのばせる


1924(大正13)年になると6000人もの労働者を擁し、「世界一の従業員数の紡績工場」と讃えられた。先のシルクロード天王町は、戦前まで、「保土ケ谷銀座」と称され、工場が誘致されたことによる経済効果で、大いににぎわったとか。

同工場は戦時体制が強化されると、兵器工場として使用されるが、戦火によって焼失する。その後、跡地には区役所や消防署、警察署が建てられ、同地は現在に至るまで、保土ケ谷区の中心地としての役割を担っている。
 


戦前の富士瓦斯紡績工場(横浜市史資料室)
 
 

富士瓦斯紡績工場の跡地、保土ケ谷区役所(保土ケ谷区川辺町)。
地下の「味奈登庵」では500円定食が人気!


1906(明治39)年に、現在のYBP(横浜ビジネスパーク)の場所に建設された大日本麦酒株式会社の工場も、地元に大きな経済的効果をもたらした。同社が製造していた清涼飲料水・リボンシトロンには、当初、神戸町を水源地とする帷子川水系の水が使用されていたそうだ。

1920(大正9)年になると、同社は日本ガラス工場となり、ビール瓶を製造した。瓶の材料となった珪砂(けいしゃ)は、地元・明神台から採取された。
 


団地群に挟まれる帷子川


第一次世界大戦がはじまると、保土ケ谷区の帷子川流域も空前の好景気を迎え、工業地域として、ますます発展するのだった。

昔はカッパも!?今回はかわいい親子に遭遇・・・キニナル続きは次のページ!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

日野川の源流はどこにある?

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

陣ヶ下渓谷の源流はどこ?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年4月16日~4月22日)

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

戦後、一世を風靡したバンドホテル。その跡地は?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

月々700円でiphone修理が年間10万円まで補償? そんな魅力的な話があるの? その実態を調査! 

    • PR
  • 2018年09月25日

磯子区にある「メール・ド磯子」っていったい何? 名前の由来は? 

    • 面白かった88
    • 面白くなかった4
    • コメント1
  • 2018年09月25日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

毎日食べても飽きない“健康中華”を提供する中華料理店「中華飯店 龍鳳(ロンホー)」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

良い家があるから人は育つ。パナソニック創業者の遺伝子が根付く「ビューノプラザ横浜」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市現庁舎屋上にある「愛市の鐘」について2013年に記事にしていただきましたが、追跡調査をお願いし...

  • 9月23日に改めてネットニュースに掲載されていた三ツ沢南町バス停で発生した道路横断者死亡事故。路線バ...

  • 横浜市役所現庁舎解体の可能性も!のニュースにビックリ。移転検討の際も現庁舎は巨額を投じて耐震補強した...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント