検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜

ココがキニナル!

メリーさんに関わりのある横浜の文化人それぞれの“エピソード”を教えて!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

メリーさんを追い続けた、中村高寛さん、森日出夫さん、清水節子さんにインタビューを敢行!メリーさんの“エピソード”を伺った!

  • LINE
  • はてな

2013年08月30日

ライター:松宮 史佳

映画「ヨコハマメリー」を撮った中村高寛監督に直撃!

映画「ヨコハマメリー」は“白塗りの娼婦メリーさん”を知る人々の証言で構成されたドキュメンタリー的手法の映画。2006(平成18)年に公開され、大ヒットした中村高寛(たかゆき)監督のデビュー作だ。
 


映画「ヨコハマメリー」は大ヒットした


中村監督は1975(昭和50)年の生まれで、横浜出身。松竹大船撮影所でキャリアを積み、中国へ留学。1999(平成11)年から2001(平成13)年まで北京電影学院でドキュメンタリーを学んだ
 
と、ここで中村監督がはまれぽを知ったのは松宮が書いた「オリエンタルホテル」がきっかけだったと知りびっくり! 今回取材させていただき、不思議な縁を感じる。

中村監督がメリーさんを知ったのは中学生くらい。学校でも話題になっていたらしい。映画を撮り始めたのは、1995(平成7)年にメリーさんが姿を消したことがきっかけとなった。

「いつも街にいた人がいない」「どこに行ったんだろう・・・」とリサーチを始めた。リサーチ期間は2年間と長いが、自分は「一生付き合えるような“対象”しか映画に撮らない」。だから時間がかかっても「全然、大丈夫なんです」と中村監督。
 


「写真は苦手」と言いながらも気さくに撮影に応じてくれた中村監督


映画はメリーさんの噂話から始まり、彼女に関係する人たちの証言によって、進んでいく。それは取材中に「皆がメリーさんのことをうれしそうに語るのがおもしろいと思った」から。

メリーさんがいなくなって映画撮影を開始したが、途中でメリーさんがいる老人ホームが判明。中村監督は「まず中に入ろう」と老人ホームで1ヶ月間、ボランティアとして通った。

その際、父の知り合いの家に宿泊させてもらったが、山間の狭い町だったこともあり「映画の撮影」とは言わなかった。その方は毎日どこかに行く中村監督を心配し、「横浜で何かあったのでは?」と思っていたらしい。撮影を終えて、横浜に帰る時に「無言で1万円を渡された」とか!
 


中村監督のデビュー作「ヨコハマメリー」は評判になった(週刊朝日2000年4月28日号)



最後に「メリーさんはどんな人だったのか?」と尋ねると、横浜にいたころのメリーさんは「本来の姿を明かしていなかったのでないか」と中村監督。
 
晩年を過ごした故郷の老人ホームでのメリーさんは自分の“興味があることは振り向く”が、興味がないことは一切振り向かなかったとか。横浜時代より「(メリーさんは)より自由に生きている」と感じたそうだ。

横浜時代と老人ホームの“共通点”は「とにかくひたすらマイペース」ということ。だから周囲の人を気にせず、「横浜に立ち続けられたのでは」と中村監督は語ってくれた。

中村監督は「ヨコハマメリー」を撮る際、1人の写真家を訪ねている。1995(平成7)年にメリーさんの写真集「PASS ハマのメリーさん」を発売した森日出夫さんだ。



写真家・森日出夫氏にインタビュー

森日出夫さんは1947(昭和22)年、横浜生まれ。長年撮り続けた横浜の港・街・人を「森の観測」と名づけて作品を写真集や個展などで多数発表し、国内外から高い評価を得ている。
 


ダンディーな森さんにはバーがよく似合う


森さんは1993(平成5)年にメリーさんを撮り始め、1995(平成7)年に写真集「PASS ハマのメリーさん」を刊行。今回、メリーさんの写真はすべて森さんから提供していただいた。
 


メリーさんは“街の風景の一部”として撮り始めたそうだ
 

街の風景は「いつ消えてしまうかわからないから。まず取材しておく」と森さん


森さんがメリーさんを初めて見たのは「たぶん40年くらい前」。その時は「メリーさん」ということは知らず、ただ「何?」と思ったそうだ。
 


メリーさんに“金歯”があったとは!
 

メリーさんがいなくなってからは「街の風景が変わった」


森さんによると、実際のメリーさんは150cmにみたないほどの背丈で、「とても小柄な人だった」らしい。また、決して施しは受けず、「礼節を重んじるきちんとした人」だったそうだ。


次のページでは、メリーさんを尾行して調査したという、あの女性へ直撃!!≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

火事で焼失した伊勢佐木町の「根岸家」。その歴史とその後は?

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(4月13日~4月19日)

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

新着記事

月々700円でiphone修理が年間10万円まで補償? そんな魅力的な話があるの? その実態を調査! 

    • PR
  • 2018年09月25日

磯子区にある「メール・ド磯子」っていったい何? 名前の由来は? 

    • 面白かった85
    • 面白くなかった4
    • コメント1
  • 2018年09月25日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

ママだって、“ママ”に助けてもらいたい! 家事・整理収納の家事代行サービス「Copier(コピエ)」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

安くてハイクオリティは当然! エンターテイメント性で思い出の引っ越しを演出する「スター引越センター」

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市現庁舎屋上にある「愛市の鐘」について2013年に記事にしていただきましたが、追跡調査をお願いし...

  • 9月23日に改めてネットニュースに掲載されていた三ツ沢南町バス停で発生した道路横断者死亡事故。路線バ...

  • 横浜市役所現庁舎解体の可能性も!のニュースにビックリ。移転検討の際も現庁舎は巨額を投じて耐震補強した...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント