検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

川崎大師の名物「久寿(くず)餅」は、京都の葛餅と異なる理由はなんでしょうか。大師周辺で久寿餅を販売するようになったきっかけは何なのですか。(恋はタマネギさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

水にぬれた小麦粉を再利用したのがきっかけ。大正時代、近隣に味の素工場が設立され、小麦粉を原材料とするデンプンが安価に入手でき店舗が増えた

  • LINE
  • はてな

2013年09月17日

ライター:河野 哲弥

くず餅ではなく、「久寿(くず)餅」?

寺社仏閣の参道というと、古くは七味唐辛子やお団子店、今ではさまざまな屋台が並んでいるイメージがある。
川崎大師周辺には、それらに加え、独自の「久寿餅」を提供する店が、数多く軒を連ねているのである。
 


厄よけ門をくぐってすぐの「福嶋屋」
 

ほかにも、5~6店の「久寿餅」店が軒を連ねる


それにしても、なぜ「久寿餅」という表記を用いているのだろうか。また、一般的なくず粉を使った「くず餅」と違い、小麦粉を原材料としている点についても、確認をしてみたい。
そこで、1887(明治20)年創業という老舗「住吉屋総本店」に、取材をお願いしてみることにした。



久兵衛さんが作ったから「久寿餅」

お話を伺ったのは、創業以来4代目となる、住吉屋総本店代表取締役の池上利雄さん。
こちらでは「久寿餅」のほかに、「麩(ふ)まんじゅう」と「精進しぐれ」という生麩のつくだ煮を、製造・販売している。
 


店舗入り口にて、のれんと写る池上さん
 

喫茶店も併設、その朝作りたての商品が味わえる


発祥秘話に進む前に、まずは実際の「久寿餅」を、いただいてみることにしよう。
頼んですぐ出てきたのは、和菓子の常識が覆るような、幾何学なアート作品だった。
 


三角形で円を表現した「久寿餅」。一人前400円


以前は黒蜜ときな粉をまぶして提供していたそうだが、「口に入れた瞬間にむせてしまうお客さんが多かったので、このようなスタイルに変更しました」と、池上さんは話す。
発案者は奥さんとのことで、見た目だけではなく、お好みの量を加減しながら楽しめるなかなかのアイデア。

食感はネットリとしているものの、一般の餅とは違って、サクッとした歯切れのよさが際立つ。漆と金粉を連想させる黒蜜ときな粉は、どこか懐かしい感じがする「和」を香らせ、素朴な食材にアクセントをもたらしている。
 


お土産用も各種用意、5人前サイズは1000円


さて、それでは本題に移ろう。
池上さんによれば、「久寿餅」の生みの親は、江戸時代の末期にこの近辺に住んでいた、久兵衛という人であるらしい。
 


よく質問されるので、しおりにまとめてあるそうだ


ある大雨の夜、久兵衛が納屋へ行ってみると、保管していた小麦粉がすべて水にぬれてしまっていた。これを、ひとまず樽(たる)に移しておいたのだが、どうやら、そのまま忘れてしまったのだとか。

翌年、川崎周辺を飢饉が襲ったため、ふと樽のことを思い出した久兵衛。早速確認してみると、水にさらされた小麦粉は樽の底でデンプンに変化していたので、これをなんとか餅として利用できないかと考えついたそうだ。
 


ここで川崎大師が登場


できあがった餅を川崎大師へ寄進したところ、当時の上人から、「久の字に、縁起のよい寿の字を付け、『久寿餅』とするがよい」とのお言葉をいただき、ここに川崎大師名物が誕生したというわけだ。


久寿餅はなんと○○の副産物だった!?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

川崎大師駅の住所が大師駅前となった経緯は?

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

川崎競輪場のグルメはどんな感じ?

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

【編集部厳選!】これさえ読めば「地名マニア」になれる! 横浜の地名の由来!

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

女子大生がいるスナック? 野毛小路にある「スナック女子大生DEいいとも!」はどんなお店?

神奈川県最大の警備会社はやっぱり凄かった! トータルな人間力を武器に横浜から全国の安全を守る!

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった180
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年01月16日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった36
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

職人さん全員集合! 安さと納車速度に絶対の自信を持つ、軽バン中心の中古車ショップ「Cars 4U」

  • PR

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

  • PR

ここはローマ下町のトラットリア!? 本格的なローマ料理を気軽に楽しめる「リオス ボングスタイオ」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

おしゃれな中に遊び心がある空間で素敵な時間を! 美味しさと楽しさにあふれる「Mid.Ru(ミドル)」

  • PR

はまれぽスタッフが婚活体験! プロが撮影した好印象のプロフィール写真で、運命の相手に出会える!? 

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング