検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

かつて野毛山公園にあった観覧車、20年前まで京急の車窓から見えたって本当?

ココがキニナル!

野毛山公園にかつて観覧車があったそうですが、いつまであったんでしょうか?確か90年ごろに京急の車内から見たような記憶があるのですが・・・(南区のはまりんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

観覧車は存在していたが、1964(昭和39)年の遊園地部分閉園時に撤去された。同じような高さの「プールの飛び込み台」が車窓から見えていたと思われる

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

ラクダのツガルさんも知らない、半世紀前の野毛山



今でこそ、誰でも無料で楽しめる「野毛山動物園」だが、もともとは1951(昭和26)年に開園した「野毛山遊園地」の一部で、「動物園部分」として運営していた。
 


昭和30年代の「野毛山遊園地」の様子(野毛山動物園提供)


その後の1964(昭和39)年、野毛山公園内に貯水池が建設されることになり、遊園地部分は閉鎖された。
このときの詳細な事情は、「野毛山動物園は無料なのにどうやって入場者を数えているの?」の記事を参照にしてほしい。

さて、上記の写真の右端に、問題の「観覧車」が写っていることが分かるだろうか。これと、当時の資料などを比べてみると、おおよその位置が把握できた。
 


赤い矢印の先が、かつて観覧車があった場所(Google Mapより)


「野毛山動物園」に取材を申し込む前に、まずは、現地の様子を確認しておこう。合わせて、周辺の住民にも、「観覧車がいつまであったのか」を確認してみたい。
そこで、「野毛山公園」へと向かってみた。



「ここ50年、観覧車なんて見たことがない」との声



JR桜木町駅から「野毛山動物園」に向かう坂道の途中、交番のある交差点を南へ向かい、同園の敷地沿いに南下してみた。
野毛山の名前に違わず、南東方面の黄金町近辺に向けて、すっきりした視界が開けている。
 


地図に示した矢印の根元あたりから、南東方面への眺望
 

そのとき、ビルのわずかな隙間から、京浜急行の車両が見えた


ここから京浜急行が見えるということは、逆もまた真なり、ということだ。
線路の走る高架に沿って多くのビルが林立しているため、このような場所は2ヶ所しか確認できず、いずれも一瞬のうちに通過してしまう。
投稿者が見ていた景色は、20年前とはいえ、こうしたわずかな瞬間を縫ってのことだったのだろうか。
続いて、園内に入ってみよう。
 


かつて観覧車があった場所は、「大芝生広場」となっていた
 

付近の住民を発見。何かご存じないだろうか


普通に考えれば、観覧車が撤去されたのは、遊園地部分が閉鎖された1964(昭和39)年と思われる。今から半世紀も前のことだ。
そこで、70歳以上と思われる方にヒアリングをしてみたところ、「ずっと昔の話で、少なくとも、ここ50年は(観覧車は)見たことがない」という声が多かった。
投稿者が見たものはいったい何だったのだろう。改めて、「野毛山動物園」へ取材を申し込んでみた。