ワンランク上のおもてなしをあなたに・・・ | イチオシプレミアム

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    上大岡イトーヨーカドーが3月で閉店になります。デニーズ1号店があったり、地域に密着していたので残念です。イトーヨーカドー撤退後、何になるのか気になります。どうぞ調査宜しくお願い致します。

    maru。さん

    2017年2月26日、圏央道茨城県区間が開通し 湘南から成田空港辺りまでが繋がりますが こちらを使う高速バスなどはあるのでしょうか?

    soraさん

    金魚グッズを集めています、横浜でたくさん売ってるお店ありませんか?

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
関内の激セマ駐車場にある明らかに出入りできない車! その真相は?
3位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
4位
横浜市内に創業100年を超える旅館が存在!?ライター松宮が弘明寺にある「中里旅館」に突撃!
5位
かつて花街があった開発前の「上大岡」の歴史について教えて!
6位
スポーツと横浜をつなげる横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の詳細は?
7位
【編集部厳選】移り行く横浜の景色。施設編
8位
桜木町駅から迷いこんだ「不思議の野毛のアリス」? “電気も消えていて営業していない”雑貨ショップを捜し歩いて徹底調査!
9位
【編集部厳選】線路はあるのに駅がない!? JRの謎特集
10位
【編集部厳選】みんなキニナってる!? 横浜市営地下鉄の謎!
11位
かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
横浜から世界一の美女!? ミス・ユニバース神奈川県予選に潜入!
13位
内野席7000席が「横浜ブルー」に染まる新生横浜スタジアムはどうなるの?
14位
春節を迎えた横浜中華街2017、カウントダウンの様子をレポート
15位
【編集部厳選】あなたは全部読めるか!? 横浜の難読地名シリーズ!
16位
かつて野毛山公園にあった観覧車、20年前まで京急の車窓から見えたって本当?
17位
【速報】春節を迎えた横浜中華街の様子は?
18位
通年で需要あるの? イセザキ・モールの「尾張屋林呉服店」に潜入!
19位
こいの道を教えてくれる!? 立場駅近くの「湘南錦鯉センター」とは?
20位
「ハマの永遠番長」三浦大輔さんが就任した横浜DeNAベイスターズスペシャルアドバイザーってなに?
21位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
22位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
23位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
24位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
25位
【編集部厳選】幸せってなんだっけ・・・? 的な人必見! 「横浜ラッキーアイテム」!
26位
市内をママチャリで駆け巡る、奇抜な帽子おじさんってどんな人?
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月16日~2月22日)
28位
横浜DeNAベイスターズに加入した現役メジャーリーガー2投手の入団会見をレポート!
29位
伊勢佐木長者町で体験! “和太鼓のレジェンド”たちによる体験レッスンで「太鼓の達人」は上達するのか?
30位
横浜DeNAベイスターズの新外国人シリアコ選手とウィーランド投手の入団会見をレポート!
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

横浜のココがキニナル!

昭和5年まで京浜急行には「反町駅」があったそうです。今の反町駅が出来たのは、京急よりもあとで、京急と東急二つの反町駅があった時代もあったとか。詳しく知りたいです。(ねこぼくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

京急勃興期の駅の移動と改称の過程で1930(昭和5)年に消えていった反町駅。遺構はわずかに残っていて、市電と東横線とあわせて最大3つ存在した。

ライター:永田 ミナミ (2014年03月05日)

京急にあった「反町駅」の話

いま「反町」といえば東横線の横浜のひとつ手前の駅ということになるが、かつて京急にも「反町駅」があった。しかも東横線よりも前から、というのはとてもキニナる話だ。というか実は気になっていた。
 


横浜駅とともに2006年3月に地下深く潜った東横線反町駅

 
というのも仲木戸駅の高架(京急仲木戸駅高架下に露出したレンガ積みの壁はいったい何?)について調べていたとき、すぐ隣にあった駅なので「反町駅」が存在したことを知って驚き、これは面白いと記事で少しだけ触れようかなとも思った。
しかし、仲木戸の高架と直接関係するわけではないし、残念だけどまたいつか、と思っていたらこんなに早く書けるとは。

さて、1905(明治38)年12月24日に京浜電気鉄道(京浜急行電鉄の前身)の品川~神奈川間が全線開通したとき、終点神奈川駅からは品川方面に向かって、反町駅、中木戸(現在の仲木戸)駅、新町駅というふうに駅が設置された。
 


「模範大横浜市全図 再版」の反町駅周辺部分
(横浜市中央図書館所蔵 提供)※クリックして拡大

 
上の地図は1932(昭和7)年発行のものだが、神奈川、反町、中木戸(現・仲木戸)、新町駅が記載されている。地図にはほかにも京浜電気鉄道反町駅のすぐ上に市電の反町駅、さらに少し離れた上を、カーブを描くように走る東横線の反町駅と、3つの反町駅が記載されている。

早くも「反町駅」の存在が確認できたが、ここに記載されている情報は事実とは少し違う。

京浜電気鉄道の反町駅は地図では滝野川より横浜側にあるが、実際の「反町駅」は滝野川より品川側にあった。この「反町駅」は本当は「神奈川駅」で、ただし地図の「神奈川駅」とは異なる「青木橋駅」だったほうの「神奈川駅」で、さらに1932年時点での正確な名前は「京浜神奈川駅」で……ううむ、こんなに「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものだ、と思ったことはそうない。



地図で見たほうがわかりやすいかもしれない

この当時の事情は、文章で説明するにはちょっと複雑すぎるので、現在の地図を見ながら時系列に沿って説明することに。

ただし100年以上前のことなので、以下の地図には首都高は走っているが、市電は走っていないし、海岸線や道路はもちろん、駅の位置や線路の位置も若干異なるといった相違点がある。

また、電気軌道(路面電車)として出発した京浜電気鉄道は、初期においては駅ではなく「停留所」という呼称も一般的だったが、ここではすべて「駅」という呼称を使用することにする。

それではまずは現在の地図から出発進行。

1. 現在
 


神奈川駅は青木橋の品川側にあり、次の駅は仲木戸駅である

 
ここから109年前の1905(明治38)年に遡ってみると、次のようになる。

2. 1905(明治38)年12月24日
 


品川~神奈川間が全線開通したころ
 

開業当時の終点は神奈川駅で、まだ横浜駅とは繋がっていない。横浜駅はまだ初代(現在の桜木町駅)なので、地図よりもう少し下の位置にある。また、神奈川駅の位置も現在とは異なり、青木橋より横浜寄りにあった。

そして滝野川の品川側に今回の主人公、京浜電気鉄道の「反町駅」があった。


いよいよ主人公「京急反町」の遺構へ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

京急横浜駅がパタパタと切り替わる案内板なのはなぜ?

戦争遺跡である京急線の「旧平沼駅」は復活するのか?

「京急」に関するキニナル