検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

鶴見にあるこだわりが詰まったレアなアメリカングッズ店に突撃!

ココがキニナル!

鶴見区のアメリカングッズ店。他店にはない商品があり、狭いながらこだわりを感じます。ここに開店した理由などもキニナル(anonymous88さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

小学生からアメリカ好きだったオーナーが思う“かっこいいもの”が並ぶフリップアップはオーナーいわく、広さ10坪程度で、故郷の鶴見に開店した

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

こだわりのコレクションショップ



「アメ車」と聞くと、ゴツゴツした車体と同時に、不思議とカッコよくて、なにか大人な感じがして。子どもながらに、遠い自由の国に憧れていた記憶がある。
家に父親が作ったプラモデルが並んでいたことも、その理由かもしれない。
 


カッコイイ「アメ車」(フリー素材より)

 
そんなアメ車とアメリカングッズが並ぶ、こだわりの店が横浜にあるというので、早速、現地に向かった。

鶴見区の下末吉(しもすえよし)交差点に向かうべく、激しい雨の降るなかJR鶴見駅前のバス乗り場からバスに揺られること10分弱。最寄りの「三ツ池道(みついけみち)」で降りて、さらに3分ほど歩いたところで目的のお店が見えてきた。
 


たしかに「FLIP UP」とある

 
お話を伺うべく、いざ店内に入ると目に飛び込んできたのは・・・
 


銃撃を受けた(?)かのような腰高のカウンターと
 

大きなアメリカンサイズ(?)の帽子

 
快く取材を受けてくれたのは、長髪を後ろで結び、パーカーとデニムジーンズというアメリカン・カジュアルがよく似合うオーナーのナオキさん(41歳。残念ながら写真NG)。

店内には投稿通り、サインプレートなど、さまざまなグッズが所狭しと並ぶ。
 


ファストフード店の看板(2万6800円)や
 

道路標識(2万4800円)に
 

年代ものの工具箱(上:2万7800円、下:3万4800円)も

 
ナオキさんが、ここ鶴見に「アメリカンコレクティブショップ『FLIP UP(フリップアップ)』」をオープンしたのは2012(平成24)年8月。それまでは会社勤めの傍ら、週末にフリーマーケットなどで出店していた。

ところが、妻の「お店をやりたい気持ちをずるずる引きずって仕事しているのは、会社にも迷惑。だったら、今やったらいい」という一言で開業を決意した。

「せっかくやるなら生まれ育った横浜、できれば地元の鶴見で」という思いがあり、物件を探していたところ、たまたま今の店を見つけたのだという。投稿の「狭いながら」という点について尋ねると、「それでも10坪(33平方メートル)ぐらいじゃないかな。そこに『秘密基地の感じ』を出そうとラックで仕切ったり、商品が多いから狭いようには感じるかも」とのこと。
 


空間づくりにもナオキさんの思いが詰まっている
 

店名の「FLIP UP」は、ナオキさんが好きな、アメリカ発祥で400メートルの直線距離で勝負するカーレース「ドラッグレース」にちなんでいる。
そのドラッグレースで使用する「ファニーカ―」という車を整備する際に車体を持ち上げることを「フリップアップ」というのだそう。
 


フリップアップしたファニーカー(フリー素材より)
 




アメリカに憧れて



ナオキさんがアメリカに憧れを抱いたのは、小学生のころに映画『コンボイ』と、今も第一線で活躍するアメリカのミュージシャン、ブライアン・セッツァーを擁(よう)するバンド「ストレイ・キャッツ」をテレビで見てから。「周りの友達は『ベストテン』とか『ドリフ』を見てたけど、アメリカのものがカッコいいと思った」という。

現在は鉛中毒を引き起こすなどの理由から、日本では法律で規制されているため見かけることはないが、当時は実家の近くに多くのアメ車が使用する有鉛(ゆうえん)ガソリン(=アルキル鉛を添加したガソリン)を提供するガソリンスタンドがあり、ナオキさんは「そこに詰め掛けるアメ車を間近で見ていた影響も大きい」と当時を振り返る。
 


ナオキさんはこんな風景を見ていたのだろうか(写真はイメージ、フリー素材より)

 
家で聴くラジオは「FEN(=極東放送網、現・AFN)」。そして、高校生になるころに訪れたジーンズにスニーカー、スタジアムジャンパーなどを主流とする「アメカジ・ブーム」の到来がナオキさんのアメリカ好きを決定づける。そして、そのアメリカに対する憧れは今も色あせることなく続いている。