ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

二ツ谷の近く、家の半分くらいが、川に突き出ているのですが、何のためにこんな建て方をしたのでしょうか?また大雨で流されたことはないのでしょうか?(ねこぼくさん/まさしさん)

はまれぽ調査結果

戦後の混迷期に乱立したバラックを改築した可能性あり。流されたことがあるかは不明だが川の水量が増え避難勧告が出たことも

ライター:小方 サダオ (2014年09月04日)

半分を川岸、半分を川の中に土地を持つ家とは?

JR東神奈川駅を降り、横浜駅方面に戻る感じで歩く。しばらくすると二ツ谷の信号を左折。川沿いの道を歩き、京浜急行の高架下直前の川にかかる橋を渡る。そして川下方面を見ると、その光景は広がっている。
 


JR東神奈川駅
 

二ツ谷の信号を国道15号方面に左折する
 

いくつもの橋がかかる滝の川
 

京浜東北線の鉄橋に近い橋から川下の方向を見る
 

川の中に土嚢(どのう)などを積み土地を作り、鉄板で囲み固定している
 

川上側(写真手前)と川下側とで支柱を立てている場所が異なる
 

川下側(写真奥)の護岸の上に支柱を立てた家のほうが安定しているように見える


20件ほどの家々が川岸に並び、半分を川の上に浮かせ、建っている・・・。その姿は台風に襲われた川沿いの家が、川岸が削られて不安定に建っているニュース映像を思い起こさせた。または湾の上に家屋をせり出させて建つ京都の舟家(ふなや)をも連想させる。

川と関連があってこのような姿になったのかとも思わせる。しかし川の中に土嚢などを積み土地のようにし、その上に立てた支柱や護岸からの支柱により家が建っていることを考えると、狭い土地に家を建て、家の敷地を拡張させるために川の一部を土地代わりに利用しているように思える。
 


護岸の上に支柱を立てている家
 

真ん中の家は川岸からの距離を取って建っている
 

川下側は護岸からの斜めの支柱のみで建っているものが多い
 

廃屋とおぼしき家もある
 

川下の家屋群


川岸の道路の幅に家の幅を合わせているのだろうか、写真左側から右側に行くにしたがって川岸の土地が広いため、右側の家のほうが奥行きがある。
 


川の中の土地が陥没したせいか、安定のためのコンクリートも沈んだようだ

 
 
川沿いの家に住む方に話を伺う≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事