検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜

ココがキニナル!

最近話題の『イクメン』ですが、横浜で開催しているイクメンスクールって、やっぱり積極的なパパが来ているんですか?(蒼さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

育児に積極的なパパも参加していますが、<br />中にはママに強制参加を命じられたパパも参加しています!!

  • LINE
  • はてな

2010年11月01日

ライター:高野 寧子

国家的にも取り組み始めた「イクメン」養成
 
全国に先駆けヨコハマが2010年7月「イクメンスクール」開講!

最近よく耳にする「イクメン」。定義はあやふやだが「子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性」をおもに指す。国としても「育MEN」と題し、育児に取り組む男性を応援・増加させるためのプロジェクトを発足させた。そんな中、全国に先駆けて横浜市は『ハマのイクメン』を増やすべく、イクメンスクールを開講!

ここに来るパパたちは、子育てに積極的なパパなのか?それとも・・・。
 

少子化に歯止めをかけることを目的として立ち上げられた
 

まずは、なぜイクメンスクールを開講したのか、その経緯を調べに主催している横浜市に話を聞いてみることに。

この事業を担当しているのが横浜市こども青少年局総務部企画調整課。
取材に応じてくれたのがこの事業担当、鎌倉京子係長と鈴木亜矢子さん。そう、女性2人なのだ。

この事業なら絶対男だろ!
と思っていたのだが、今回の人事で男性が居なくなってしまったそう・・・。
 

こども青少年局総務部企画調整課
左)鈴木亜矢子さん 右)鎌倉京子係長

 

―イクメンスクールをはじめた経緯は?

以前、この課にいた独身の男性職員が、上司命令でパパの育児を推進しているNPO法人ファザーリングジャパンのパパ教室に行った事が始まりです。『これからの日本にパパ育児は絶対に必要』、と彼が本気で思ったことが形になりました。

活動費用が基金(安心こども基金)700万円を使用することが可能なことがわかり、事業者を募集しました。3社応募あった中から、父親学校の運営ノウハウももち、Webコンテンツ作りの実績もある共同事業体・ヨコハマダディ(株式会社ソラーレ、株式会社ダッドウェイ)に委託することに。


―実際イクメンスクールとは?

2010年7月から「横浜イクメンスクール」第1期がはじまり、23名が参加しています。開催場所は、関内駅から徒歩5分の横浜ベンチャーポートで、隔週金曜日・19:00~21:00に行われています。全5回の講義では、毎回違う現役パパ講師によって絵本の講義や救急救命など、さまざまな分野をレクチャーされます。

このイクメンスクールの講義を通し、自宅に帰って少しでも子どもと接する時間を増やしたり、他のパパたちへの伝達者になってくれればいいなと思っています。受講料は無料ですが申し込みの際に、講座で使用する救急キットや資料費などにかかる費用5,000円を負担してもらいます。


―来ているパパたちは実際どんな感じですか?

外見は至って普通ですよ。自分でチラシやイベントを見て応募してきた方が7割~8割。
残り2割ぐらいの方は“ママから言われた・勝手に申し込まれた”なんて人たちなんです。


おもしろい事実を発見! “ママたちから助言”が2割もいるとのこと!

実際に運営する株式会社ダッドウェイの担当者・日丸さんにも聞いたところ・・・
「そうなんですよ~。テレ隠しのところもあるでしょうが“奥さんから行け!って言われてきました”なんて人もいますよ」 との証言もゲット!これは調べてみなきゃ!ということでイクメンスクールに潜入取材し、そのパパに実際に話を聞いてみることに!

 
 
子どもの気持ちを実践的に学ぶ! これがイクメンスクールの魅力
 
取材にうかがった第3回目の講師は、グランまま社という絵本を出版する会社で編集長を務める田中尚人氏。
 

ママたちが嫌うであろう本をたくさん紹介してくれた
 

はじめは大学の講義のようでたんたんと進められ真剣なパパたちが、中盤あるところから笑顔になり始める。

「パパが選ぶ絵本」という話の中で“ママに嫌われるような絵本を選べ!”子供はうんちやゲリという、ママたちが嫌うような下品な言葉が大好き。パパはそれが出てくるような絵本を選べばいい。だってママにはできないことだから”と。
 

“うんちっち”を連呼する田中氏
 

確かに子供はそんな言葉が好きだ。自分たちも子供のころはそれだけでケラケラ笑っていたことを思い出した。
講師の田中さんがパパたちに“うんちっち”という言葉がいっぱい出てくる絵本を読むと、子どものような笑顔をパパたちは見せていた。

子どもの気持ちってこんな感じなのかも・・・というような感覚をパパたちは身をもって感じているようで、この実践的な授業がパパたちを惹きつけているような気がした。
 

子どものように絵本を見るパパたち
 

スクールの時間は2時間ほどなのだが、もっと実践的な授業があるとパパたちも楽しみながら学べるかな。中盤では聞く事ばかりで、仕事で疲れたパパたちは眠たくなってしまうかも・・・その辺の工夫はこれから必要な気もした。

そして本題の“ママから言われてやってきた”パパを聞きまわった・・・結果、らしきパパに日曜日にご自宅で取材のOKを頂いた。本当にママから言われてやってきたのか・・・真実を調べにお伺いすることに!


ママから言われてやってきたパパの真相はこちら ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

浅野学園に熱血先生は存在するのか?

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

中華学校に日本人児童が増えてるって本当?

人間力を重視し将来に役立つ力を育てる年中~小学生のサッカースクール。仲間と楽しみながら基礎技術向上!

  • PR

ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

磯子区の「トトロ幼稚舎」がスゴイらしい!どんなところなの?

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

新着記事

月々700円でiphone修理が年間10万円まで補償? そんな魅力的な話があるの? その実態を調査! 

    • PR
  • 2018年09月25日

磯子区にある「メール・ド磯子」っていったい何? 名前の由来は? 

    • 面白かった126
    • 面白くなかった6
    • コメント1
  • 2018年09月25日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜・神奈川のお出かけ情報

はまれぽ編集部のイチオシ

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

港町・横浜のシンボルで思い出に残る最高のウエディングを!訪れるたびに感動が甦る「横浜マリンタワー」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

憧れの「マイドレス」が叶う、元町のウエディングドレスショップ「Jellish(ジェリッシュ)」

  • PR

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市現庁舎屋上にある「愛市の鐘」について2013年に記事にしていただきましたが、追跡調査をお願いし...

  • 9月23日に改めてネットニュースに掲載されていた三ツ沢南町バス停で発生した道路横断者死亡事故。路線バ...

  • 横浜市役所現庁舎解体の可能性も!のニュースにビックリ。移転検討の際も現庁舎は巨額を投じて耐震補強した...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント