ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

今や横浜の顔『みなとみらい21』は一般公募で決まった名前だそうですが、いったい誰が応募したのですか? (きよたんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

元防衛施設庁に勤めていた、横浜市在住の荒井さんという方が命名。仕事柄、多様な施設の設計をすることが多く、その手法で通勤中に思いを巡らした名称

ライター:河野 哲弥 (2014年12月13日)

モノのはじまりは「名」から

突然誕生したり、ほかから切り分けられたりしたモノは、名前のない限り、「ソレ」としか認識されない。呼び名を付けることによってはじめて、他者との明確な区別ができるのである。
 


「横浜みなとみらい21」地区を命名したのは、誰なのか


さて、投稿の件を調べてみると、2012(平成24年)11月7日付「朝日新聞デジタル」の記事に、その回答があった。それによれば、かつて防衛施設庁(現・防衛省に統合)に勤めていた、荒井眞一郎(あらい・しんいちろう)さんという人が名付け親であるらしい。

同省に取材の趣旨を説明し、紹介いただけないかお願いしたところ、ご本人から「一度、お目にかかりましょう」との連絡が。そこで後日、横浜市営地下鉄「センター南駅」で待ち合わせることになった。



横浜は、「ポート」じゃないだろ、「みなと」だろ

「通勤している電車の中で、ふとひらめいたんですよ」
「みなとみらい21」のネーミングについてそう話すのは、紺のブレザーでさっそうと駅に現れた、荒井さんご本人。落ち着いて話せる場所へ移りましょうということで、ご自身が参加されているNPO法人「都筑里山倶楽部」のレストハウスへ案内していただくことになった。
 


この方が名付け親の荒井さん


「日本の各地で再開発の話が持ち上がってきた70年代から80年代というと、同じ港町でも、神戸に注目が集まっていましてね。ただし向こうは、『ポートアイランド』に『ハーバーランド』といった横文字でしょ。ここはどこなんだ、日本じゃないのかって話なんです」

端的な口調が印象的な荒井さんは横浜育ちで、小さなころから、横浜港を出港する船を見るのが大好きだったという。特に、ブラジルなどに向けた移民船がテープカットをしながら旅立つ光景には、「悲哀が強く心に残った」と話す。
 


今では、大型客船が離着岸するようになった「大さん橋」


そんな思い入れの強い横浜に、カタカナは相いれない。また、21世紀を間近に控え、未来になっても愛される街になってほしい。「横浜みなとみらい21」というフレーズが思い浮かんだのは、こうしたイメージが結晶化した瞬間であった。

それにしても、シンプルにして十分なメッセージ性があるネーミングだが、着想のヒントはどこにあったのだろう。そうたずねてみたところ、「普段の仕事でも、同じようなことをしていたんですよ」と話す。かつて勤めていた「防衛施設庁」のことだろうか。さらに詳しい話を伺うことにした。



今までに、付けた名前は数知れず

離岸する船を見送った帰り道。日本大通り周辺に点在する建築物に「重厚な雰囲気を感じた」と話す荒井さんは、憧れから建築を学び、防衛施設庁に入庁した。

「『名は体を表す』というじゃないですか。施設の機能を満たし、その目的を的確に表現するような名称や構造を考えるのも、設計の過程に含まれるんです」
 


ざっくばらんな中に、どこか筋の通った真剣さを感じる


それに、名前はよほどのことがない限り、変更されることがない。流行語などは使わず、本質をズバリと突くのが、ネーミングのコツなのだとか。

実は、横浜市営地下鉄の「ブルーライン」と「グリーンライン」の名付け親も、同じ応募が多数ある中、そのひとりが荒井さん。
この場合、他線と区別する意味や外国人利用も考慮して「ライン」が思い浮かび、そこに海辺を走る「ブルー」、緑の多い丘陵地を走る「グリーン」をかぶせていった。
 


横浜市営地下鉄は、名付け親である荒井さんの子ども!?

 
 
では、どうやってネーミングが決まったのだろう!?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事