ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月23日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
5位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
9位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
10位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
11位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
14位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
15位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
19位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
25位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
26位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
29位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
30位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェがキニナル。(スさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

chano-maは、空間・料理・音楽にこだわり、他店にはない特色を持ったカフェで、実際にごろごろしてくつろぐことのできる居心地の良いお店だった。

ライター:かわいよしひこ (2015年02月21日)

今や横浜でショッピングから食事、ライブ、イベントまで、観光名所として多くの人に認知されている赤レンガ倉庫。現在のような商業施設としてオープンしたのが2002(平成14)年4月のことだが、今回の投稿にある「ベッドでごろごろできる席」があるカフェとは、そのオープン当初から2号館3階に店を構える“chano-ma(ちゃのま)”だ。

その詳細に迫るため、chano-maをはじめとした飲食業を中心に、さまざまな事業展開をしている株式会社商業藝術(げいじゅつ)にコンタクトを取り、取材を申し込んだところ快諾していただいたので、早速現地を訪れ話を聞いた。
 


対応してくれたのは、入社2年目を迎え、キッチンを担当する野崎さん


まずは店内を案内してもらった。
chano-maがある横浜赤レンガ倉庫2号館の3階は、Motion Blue YOKOHAMAやBEER NEXTなどのカフェ、レストランのあるフロア。入り口から店内を見渡すと、歴史ある倉庫を生かした広々とした空間の中央に、アイランド・キッチンのようなドリンクと料理を作るスペースがあり、右手側にはテーブル席とソファー席が並んでいる。
 


天井が高く、広々とした空間
 

入り口右手側。さまざまなタイプの椅子やテーブルを用意している


そして入り口から左手側を見ると、ありました、今回のターゲット、ベッド席が! さらにキッチンを反対側に回ったところにもベッド席があった。
 


入り口入って左手側のベッド席。お盆の上にメニューが置かれている。こちらで6組が利用可能
 

奥側のベッド席。こちらでは8組が利用できる


ほかに、3月~11月にオープンしているというテラス席が存在し、席数は全部で130。その中でベッド席は14組分用意されており、団体で来た場合も空いていれば広く使用することも可能だという。
 


テラス。ベイブリッジ方面からみなとみらい中央地区まで一望できる


さて、ベッドでごろごろしたいという編集部・小島の欲求を抑え、まずはchano-maが生まれた経緯について、野崎さんに聞いてみた。

「chano-maは現在、都内を中心に8店舗展開しており、1号店は2001(平成13)年、中目黒でオープンしました。“21世紀の茶の間”をコンセプトに、昔のいわゆる茶の間の良さを受け継ぎながらベッドを利用した小上がり席を用意し、現代のニーズに沿った新しいタイプのカフェとして、カップルから子ども連れの夫婦、ママ友まで幅広く利用していただいております」
 


お店入口に並んでいるベビーカー


野崎さんの言うとおり、小上がりの席が店のカラーになっていることは確かだが、ソファーからテーブルまでさまざまなタイプの席が用意されており、お客さん自身が一番くつろげる場所を選べるようになっている。
 


窓際に並んでいるソファやテーブル席


しかし小上がりの席が一番人気で、平日でもオープンからすぐに埋まってしまうそうだ。実際、この日は、午前11時のオープン前から取材を行い、取材中に開店したのだが、1時間もたたないうちに小上がり席は満席に。ソファー席やテーブル席が空いている中でも“小上がり待ち”のお客さんが列をなしていた。

ここ横浜赤レンガ倉庫への出店は2002(平成14)年のリニューアル・オープン時だが、その経緯を聞いてみると「オーナーが視察に来た際に、この歴史ある建造物を気に入ったそうなんです」ということで、歴史を受け継ぎながら新しいものを取り入れるという、chano-maのコンセプトとも合致。すぐに出店を決めたそうだ。
 


いまも残る歴史の一部



昼はゆったりカフェ、夜はDJも

chano-maは、お昼はカフェ営業(午前11時~午後4時)、そして夜にはお酒も提供するバー・タイム(午後4時~)に。金・土・祝日前日は午前5時までオープンしている。昼間の客層は子ども連れや友達同士、家族、カップル、年配の方まで幅広いそうだが、夜はカップルや友人同士、仕事帰りの会社員などがお酒を楽しんでいるそう。

さらに2014(平成26)年末からは、土曜の夜(午後6時~午後11時)にDJを招いて音楽を流すなど、音楽にもこだわっているという。大晦日にはテーブルを片づけ、カウントダウン・パーティーも行い、当日は1000名近くのお客さんが集まったそうだ。
 


DJブースも用意されている




こだわりの料理を提供

料理は、昼間はランチメニュー、カフェ、夜はお酒も提供するディナーというスタイル。内装だけではない、chano-maの料理のこだわりついて聞いてみた。
「今のトレンドを反映させつつ、ヘルシーさ、おしゃれ感、そして和風テイストというのはこだわっています。現在ランチで提供しているビーフシチューには醤油を隠し味として入れているんですよ」と語り、さらに店舗ごとに季節のメニューも考案しているということだ。

ここで、ランチメニューの中から「chano-ma特製ビーフシチュー(1400円)」「貝柱と彩り野菜のチャウダー(1300円)」とセットとなっている食べ放題のパンを試食させてもらったので、そのレポートをしていこう。
 


「chano-ma特製ビーフシチュー」


まずは一番人気のメニューという「chano-ma特製ビーフシチュー」をいただく。
じっくり煮込まれた牛肉は、スプーン大のボリューム感のあるサイズ。しかし、“口に入れた途端”ほぐれて、あっという間になくなってしまった。
 


見よ! 編集部・小島の恍惚の表情を! (熱かったそうです)


味はほろ苦く重めのデミグラスソースだが、野崎さんの言ったように、醤油が隠し味になっているからか、かすかな酸味もありスイスイと食べてしまう。付け合わせのサラダにはビネガー・ドレッシングがかかっており食欲を増進させる。素晴らしい。

続いて「貝柱と彩り野菜のチャウダー」。
クリームベースのサラサラとしたスープの中には、キャベツや人参などの野菜と貝柱が入っており、魚介と野菜の旨味が凝縮された味わい。こちらも素晴らしい。
 


「貝柱と彩り野菜のチャウダー」


そして、ビュッフェ・スタイルで食べ放題のパンは、シンプルなデニッシュからクルミのブレッド、チョコデニッシュまで、スープにつけても、そのまま食べてもおいしいものばかり。こちらにドリンクがついたランチは、1200円~1400円で提供されている。
 


クロワッサンやチョコデニッシュなどを取りそろえた食べ放題のパン
 

ランチメニュー。ごはんが食べたい方は「アボガドサラダロール寿司と豚汁(1200円)」
 

デザートも人気。写真は「苺と練乳の豆乳フレンチトースト(750円)」

 
 
・・・で、食後は実際にごろごろしてみました≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事