ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    相鉄線星川駅の高架ホームが運用を開始しました。壁がガラス張りになっていて外がよく見えるので、通勤途中、いつも通り過ぎていますが景色が違うのがまず気になります。星川の町を高架から見下ろしたときの新しい景...

    食物繊維さん

    JR山手駅から 本牧通りに 伸びる商店街に「伊勢福」と言うお蕎麦屋さんが在ります。 ネットで検索すると南区の睦町に本店があるようですが、屋号の由来と暖簾分けなのか調べて下さい。 本牧通りに出るま...

    三日坊主さん

    中区上野町の本牧通り沿いのビルで一階の店舗、中国人がしてた昼は蕎麦屋で夜は居酒屋が潰れ、次ぎにインド人がインドカレーの店を出して、1年も経たずに撤退…………誰が何をやっても無理な場所?と思ってたら、 ...

    三日坊主さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
3位
【はまれぽ名作選】運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
4位
【後編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
5位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
6位
【はまれぽ名作選】ディープすぎて入れない!? ライター松宮が大雪の中、福富町にある「エイトセンター」に突撃!
7位
『タラレバ』や『明日婚』も! 横浜のロケ地巡り「冬ドラマ編」!
8位
何でも自動販売!? 戸塚の自販機店「ピープル」とは?
9位
横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の内部を一足お先に大公開!
10位
“まちの宣伝本部長”の効果を徹底検証! 『横浜アト街ック天国』! 横浜八景島
11位
横浜スタジアムが2020年までに6000席の増席をするって本当?
12位
荒海を乗り越える海賊船団、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の魅力とは?
13位
【編集部厳選】タダで連休を楽しみたい! 横浜「0円スポット」!
14位
【はまれぽ名作選】中華街の手相占いは、どこの店も同じ結果が出るって本当?
15位
【編集部厳選】あの名曲はでっち上げ? 横浜と「歌」の不思議な関係!?
16位
【編集部厳選】横浜の「最古」をめぐる旅!
17位
【編集部厳選】「五霊」って何て読む? 間違えやすい地名を、正しく読めるか!?
18位
敷居が高そうな新山下の倉庫街にある「横浜クルージングクラブ」って気軽に入れる?
19位
横浜DeNAベイスターズが導入したVRシステム「iCube」ってなに?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月2日~3月8日)
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月23日~3月1日)
23位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月9日~3月15日)
24位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月16日~3月22日)
25位
普段は入れない大さん橋の岸壁で初開催!? 「大さん橋マルシェ」とは!?
26位
栄区にある一見居住用マンションのようなラブホテルで大人の願望を解き放つ!? ホテル愛愛賓館でライター・山崎が××!
27位
【はまれぽ名作選】白楽駅の近くにお洒落でイケてる伝説の映画館があった!?当時の貴重な証言とともに徹底レポート!
28位
上大岡にあるデニーズ1号店、「らしさが皆無」なのは本当?
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
町のかかりつけ医・関内編
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年3月

横浜のココがキニナル!

濃厚な豚骨醤油が魅力の弘明寺「琉二家」とこってり鶏スープが新鮮な東戸塚「豚鶏大将」が登場!

ライター:すがた もえ子 (2015年09月04日)

どんぶりの中にスープと麺が入っていて、上には少々の具材が乗っている。
ただそれだけの料理なのに、ラーメンほどさまざまな種類と顔を見せる食べ物はないと常々思っていた。年々新しい組み合わせやジャンルができ、ラーメンの可能性は尽きないんじゃないかとかなり真剣に思う。

昼夜問わず「何食べたい?」と聞かれれば「ラーメン」と答える、それくらいラーメンが大好きだ。
 


夜景が見えるレストランよりラーメンがいい


家系ラーメンも、もちろん大好きだ。一番最初に食べた家系が、なんだかスープがやたら粉っぽくてざらざらしていて「家系は合わないな」なんて思っていた時期もあった。その誤解も幸いなことにすでに解けている。つまり今では家系ラーメンが大好き。

会社帰りに駅前にあるというだけの理由で「壱角家」に行きがちだが、どちらかといえば「町田家」が好み。でもそんなに食べ歩いているわけじゃないので、今のところはという感じだが。

そんなことを言っていたら、編集部・宇都宮から「じゃあ家系やりましょう、家系!」という声がかかってしまった。

好きなだけで全然詳しくはないんだけど・・・と一抹の不安を抱えながら、それでも食べたことのないお店のラーメンが食べられるという誘惑には勝てず、思わず首を縦に振ってしまったわけでございます。

今回は「鶏」と「豚」に特化したラーメンをテーマに、マーコさんも「濃厚豚骨!」と絶賛する弘明寺の家系ラーメン店と「鶏ベースのスープ」という家系には珍しい新店をご紹介。



本日の一軒目は弘明寺の「琉二家」

桜の名所としても近年にぎわいを見せる弘明寺の商店街の一角に、今回取材にお邪魔させていただく「琉二家(りゅうじや)」がある。
 


市営地下鉄弘明寺駅下車
 

商店街を直進し
 

観音橋手前右手にある、赤い看板のお店だ
 

大岡川を目指して歩こう
 

ラーメンコンサルタントのマーコ氏とは初対面


筆者、ラーメンコンサルタントという肩書の方にお会いするのは初めて。とても気さくな方でほっと一安心。
 


それでは、いざ入店!
 

カウンターに立つのは店長の木挽竜二(こびき・りゅうじ)さん


「琉二家」という店舗名は自分の名前から取っているが、漢字は変えている。

「琉二家」のオープンは2011(平成23)年6月。なぜ弘明寺商店街に出店したのかを伺ってみると「活気がある商店街で、昔から知ってる場所だったんです」というお答えが返ってきた。
出店を考えていた際、たまたま今の場所に空きがあったといい、タイミングが良かったのだという。

木挽店長は現在は藤沢を中心に6店舗を展開する「壱系」の人気店、松壱家がまだ1店舗しかなかったころから修行をし、松壱家本店で9年、その後戸塚店の店長を3年ほど勤めた後に独立した。
 


木挽店長、ラーメン屋さんになる前は寿司職人だった


「なぜお寿司屋さんから家系のラーメン屋さんに転向しようと思ったんですか?」と伺うと「もともと家系ラーメンが好きだった」という答えが返ってきた。

理由はそれだけではない。寿司職人だったころ、お寿司を握りながら「このお寿司1貫と同じくらいの金額で、ラーメンはお腹いっぱいになるのか」と思ったのだそうだ。そして「それはすごいと思ったんです」と木挽店長。

「たしかにラーメンって1杯で満腹感が得られますよね。ほかの麺類はおいしいけど、満腹感はそうでもないですし」とマーコ氏。

そう言われればさっぱり系のおそばやうどんとは違い、ラーメン、特に家系のガッツリ系は1杯で満足できてしまう。ラーメンって素敵だなぁ、とあらためて思った次第。
 


入口を入ってすぐ右手に券売機が置かれている
 

色分けされたメニューの数々


「種類が多いから減らそうかとも思ってるんですが・・・」と店長。どのメニューもおいしそう。ちなみに一番上の「特琉二家(930円)」はチャーシュー2枚、のり2枚、煮玉子1個増しのことだ。
 


平日ランチタイムはライス(小)サービス


おかわりが1杯まで無料というのが嬉しい!

ちなみに琉二家、家族連れも多く来店している。
 


お子様向けの紙エプロンが券売機の上に置かれている
 

さらにお子様限定のお菓子のサービスまで!


カウンター席のみではなく、テーブル席も用意されているし、子ども用の椅子が用意されているところなんかも、ファミリーが利用しやすい点なのかもしれない。
 


終電近い午前0時ごろまでお客さんがいるそうだ
 

人気店のあかしを発見


琉二家さんには、評価が高く限られた店舗にしか配布されないという食べログの「話題のお店」シールが貼られていた。
 


さっそくラーメンを作っていただく


「うちのスープは豚骨の血抜きに時間をかけて下処理をしているので、豚100%でも豚骨臭くないんです。だから女性も食べやすいし、お客さんには年輩の方も多いんです」と木挽店長は言う。来店されるお客さんの3割ほどが年輩の方ということからも、その食べやすさがうかがえる。



というわけでいよいよ実食タイム!
 


これが木挽店長がおススメする、一番人気の醤油ラーメン(730円)だ


ふわりと食欲を誘うスープの香りが漂う。お、おいしそう・・・。もう、この時点で絶対おいしい(確信)。
 


早速いただきまーす!


木挽店長の言うとおり、豚100%でありながらスープには全然臭みがない! ほどよい豚骨の風味が口の中に広がるだけでなく醤油感もあるタレ。太めの麺に適度にからんでくる。和歌山の製麺所から卸される麺もプリプリ感がたまらない! 箸がどんどん進む。乗っている具材も、大きなチャーシュー、そしてたっぷりのメンマとホウレン草がうれしい。

 


マーコ氏、麺をすする
 

「こ、これは・・・!」
 

「このラーメン相当戦闘力高い(編集注:戦闘力=旨さ、つまり相当美味しいということ)っすね!」


テンションが一気に上がるマーコ氏。
 


「美味しい」


ラーメンの味に思わず真顔の編集部・宇都宮。

どんぶりは黒。色にこだわったのではなく、どんぶりを探している際にこの器が最もスープが冷めにくかったので選んだという。
「乳化しているスープは沸点が低いんで、ぬるく感じちゃうんですよ。だから少しでも温度を保ちたくて」というのが琉二家のこだわりだ。

開店当時はもう少しクリーミーなスープだったが、少しずつ改良されて今の味になった。
「豚骨醤油だけじゃなく、うちは豚骨の塩やみそもやってるんですよ」と木挽店長はいう。

先述したとおり琉二家の券売機には多数のメニューが用意されているので、その日の気分に合わせた一杯を選べるのも嬉しかった。



【琉二家/ラーメン感想】

単にボディブロー感(編集注:どっしりとした重み、濃厚さ)だけがあるスープではなく、スープ濃度に負けないしっかりとした醤油感があり、これぞ豚骨醤油状態。さらに麺自体もモチモチとした食感がたまらなく、オープン当初の戦闘力よりさらにスカウターを反応させた(編集注:スカウターとは戦闘力を図る機械。スカウターが反応すればするほどおいしい。つまり、オープン当初よりさらにおいしくなったという意味)一杯であった(マーコ氏)

醤油感があって、癖のないクリーミーなスープ。しつこくなくて、途中で飽きのこない美味しさ。女性やご年配のお客さんも多いというのが頷ける食べやすさだった。
スープのみならず、麺が美味しくて、食べている間は思わず無言になってラーメンに集中してしまいました(すがた)
 


ふたりのラーメン評/琉二家

 
 
続いては、東戸塚の新店「麺家 鶏豚大将」へ! 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

真夜中でも食べられる家系ラーメン店ってある?

曙町にある「埋金製麺」、そのスゴい名前の由来とは?

お得なクーポン付き! はまれぽイチオシチラシ特集!

【ヨコタテ×はまれぽ】らしく、ずっと暮らす家「ラシット」