ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

追浜の「ツキコヤ」という古民家の素敵なカフェに車で向かったのですが、道が狭く、自分の運転技術では無理と判断。なぜ歩くのも大変そうな崖の上に開いたの?(まさしさん)

はまれぽ調査結果

追浜の山の上にある「ツキコヤ」は、本物のコーヒーを提供してくれる京風数寄屋造りの元茶室だった空間を生かした、居心地の良い優雅なカフェ

ライター:やまだ ひさえ (2016年01月22日)

横須賀市追浜(おっぱま)の山の上に素敵なカフェがあるという。コーヒー好きとしては、是非、行ってみたい。

行ってみたいが、キニナルを読むとかなり厳しい環境らしい。しかも目的のカフェ「ツキコヤ」のHPの地図を見たら、とんでもないことが書かれていた。
 


ツキコヤマップ (HPより※クリックして拡大)
 

道順も複雑だが、直角カーブと急坂の場所には「覚悟が必要です」「小動物にご注意ください」の一文。
ライター魂、というよりも美味しいコーヒーに惹かれて、覚悟を決めた。



追浜の急坂に突撃

今回、一緒に急坂にチャレンジしてくれることになった編集部・松山と、京浜急行の追浜駅で待ち合わせ。
 


待ち合わせの追浜駅
 

HPのマップには追浜駅は記載されていないので、地図で確認してみると、駅からかなりの距離がある。
 


幹線道路からかなり奥に入った場所にある
 

駅前のローターリーで位置を確認
 

画面中央のビルの斜め後方の山の上あたりがツキコヤのある場所のはず。無事にたどり着けることを祈りつつ、追浜駅を出発した。
 


駅前から真っ直ぐに伸びている道を進む
 

商店街が続く追浜駅前の夏島貝塚通り
 

まずは、駅前の夏島貝塚通りを真っ直ぐ進む。まだまだ平坦な道なので歩くのは楽だ。
 


最初の目印の歩道橋。ここまで約5分
 

山に入る目印のローソン。ここまで約8分
 

HPの地図ではローソンとブックオフの間の路地を入るとあったが、ブックオフがケーキ屋さんに変わっていた。
 


ローソンを曲がった先の道
 

右折した先の道は、緩やかな上り坂になっている。ここからは右に左にと複雑に折れ曲がっていく。方向を間違えたら大変だ。
 


次の角は右折のはず・・・
 

道幅は車1台分しかない
 

徐々に道の傾斜が増してきた
 

今度は左折だ
 

住宅街の迷路に迷い込んだようだ。「THE地図が読めない男」
 

地図を上下に回転させながら位置を確認し、今度も左折
 

この先がHPのマップに書いてあった「覚悟が必要な急坂」だ。
 


この急坂が最終関門
 

はまれぽの取材で横浜の坂を熟知している松山も感動した急坂。
「急な坂・横須賀編」があったら絶対に候補に挙がっているはず。感覚的には斜度30度近いかもしれない。
 


小さく見える車の屋根に注目
 

車の屋根の傾斜にびっくり。急坂を改めて実感した。でも、この急坂を制覇すると絶景が広がっている。
 


進行方法左手には横浜ランドマークタワーが見える
 

右手には追浜の工場地帯が眼下に広がる
 

さすが山の上。周囲は手つかずの自然が広がる
 

そのまま道なりに進むと、ようやく目的地のツキコヤにたどり着ける。
 


やっと到着。20分近くかかった
 

中央に見える赤い屋根のようなものが駅前のビル
 

思えば遠くまで、いや、高い場所まで来たものだ。

時短ができる裏道もあるが、今回は車でも来られる表道を選択した。

しかし、表道であろうと裏道であろうと最終関門の急なカーブと坂をクリアしないとツキコヤに来ることはできない。

車であろうと、徒歩であろうとやはり、覚悟は必要、な気がする。


「正直なコーヒー」のために・・・キニナル続きは次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事