検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

元東横線の線路跡のガードは、一体いつになったら取り壊されるんでしょうね?進捗と今後どのように利用する予定なのか気になります。(保土ヶ谷さん、あびゃびゃびゃさん、HAMAJINさん)

はまれぽ調査結果!

旧東横線桜木町〜横浜間の工事は2021年度に完了予定。2016年度末終了予定で桜木町駅から紅葉坂交差点まで工事を行う。自転車は渡れない遊歩道に。

  • LINE
  • はてな

2016年03月13日

ライター:カメイアコ

2021年度末完成予定!? 工事が遅れている理由とは

2004(平成16)年に廃線になった旧東横線桜木町〜横浜間(約1.8km)だが、はまれぽでも今後線路跡地がどうなっていくのかを2011(平成23)年2014(平成26)年と追ってきた。

過去の取材によれば、2016年度末完成予定とのことだったが、一向に完成する気配がないという読者の投稿をよく目にしている。

 

実際のところ工事はどのくらい進んでいるのか突撃
 

お話を伺うのは横浜市都市整備局都市交通課の松井恵太(まつい・けいた)鉄道事業推進担当課長

「まず、旧東横線の桜木町駅から横浜駅区間は2016年度末に完成予定でしたが、2021年度末の完成予定に変更なりました」

まだ5年も待たなければ完成しないというのだ。なぜこのような事態になってしまったのか。

「2004(平成16)年当初、市民の希望により自転車が通れる遊歩道にする計画でした。しかし道路局や警察と協議を重ねた結果、自転車も通れるようにするには歩行者と自転車を物理的に分ける必要があることが分かりました」

近年、自転車と歩行者の接触事故による死亡事故や裁判などがニュースで盛んに取り上げられるようになったことも、協議の上で重要な論点になったのではないだろうか。

 

中央から同課・西山良樹(にしやま・よしき)担当係長、荒井信章(あらい・のぶあき)さん
 

「歩行者の安全を優先した結果、2015(平成27)年度3月に計画を変更。『魅力ある遊歩道』としてイチから計画を練り直しました」

遊歩道にする予定の道路幅が7メートルしかなく、自転車と歩行者を物理的に分けることが難しいことが判明し、市民が希望した自転車も通れる遊歩道の設置は白紙という結果になったという。

 

みなとみらいには自転車レーンが設けられている場所もある
 

市民の約6割が希望していた「自転車も渡れる遊歩道」だっただけに、説明会の際に不満はでなかったのだろうか。

「市民の方に説明したときに、とりわけ不満は出ませんでした。それと言うのも、これまで自転車の違法駐輪などが多かったため、遊歩道で自転車が利用できるようになれば駐輪する数が減るのではないかと市民の方も考えていたと思います。桜木町駅に駐輪場ができたことで、この問題がクリアしたからではないでしょうか」

では新案の「魅力ある遊歩道」は、具体的にどのようなものになるのだろうか。

 

コンセプトは※クリックして拡大
 

「『鉄道の記憶を継承した遊歩道』というコンセプトを軸に、健康・環境・交流の観点から幅広い利用が可能な遊歩道にする予定です」

具体的にはジョギングや散歩ができるようなスペースを設け、ランナーのモチベーションをあげるように距離表や休憩用のベンチを設置することを検討中だという。また、計画の目玉ともいえるのが「健康みちづくり」だ。

 

街の空気を吸いながらのジョギングは気持ちよさそう
 

「旧桜木町駅から横浜駅間を『健康みちづくり』事業にのっとって計画が練られています。これは2015(平成26)年から始まった事業ですので前例がなく、慎重に進めている部分でもあります」とのこと。

新しい事業を取り入れたことで、必ず市民に満足してもらえるような空間に作り上げたいということなのだ。また、遊歩道は線路があった歴史を残すために、「鉄道の記憶を継承する」をキーワードで具体的に検討しているという。では現状、どの程度工事が進んでいるのか。

下図の『東横線跡地遊歩道整備工事 区域図』を見ると現在の進捗状況の大枠が分かる。

 

『東横線跡地遊歩道整備工事 区域図』※クリックして拡大
 

ピンクの部分が2016年度末をめどに終了予定の桜木町駅から紅葉坂交差点。オレンジの部分は2014(平成26)年度にすでに工事が終了しているJR桜木町駅西口広場だ。

現在、ピンクの部分を工事していることになるが、上図中央の緑丸のあたり遊歩道に繋がる階段が出来る予定である。紅葉坂交差点近くの黄色丸あたりに昇降施設が設置し完成後は、この場所まで供用を開始するそうだ。

 

耐震補強工事はあと少し
 

また「耐震補強工事はほぼ終了しています。2016(平成28)年は、一部補強工事を行う予定です」

耐震補強工事もようやく終了するようだ。耐震工事が終わらなければ遊歩道のための工事を進められないと話していたため、これも遅れる要因になっているのかもしれない。


では現地で工事の様子を見てみよう! キニナル続きは次のページ!≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

JR桜木町駅前に1つだけある風車って、一体なんなの?

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

JR桜木町駅から海側の主要施設まで何歩で到達できるのか?

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

緑豊かな瀬上市民の森近く、小さな川にかかる打ち捨てられた謎の二重の橋の正体は?

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

青葉区の県道13号線、早渕川沿いに封鎖されて渡れない謎の橋がある理由は?

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

新着記事

横浜市内ではしか患者が発生! 移動経路や麻しん予防のためにできることは?

    • 面白かった49
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月19日

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2019春」が開催! 市内の参加店舗は?

    • 面白かった68
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年02月20日
建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

信頼できる薬剤、確かな知識に基づくフォローでセルフホワイトニングできる「ホワイトニングスター」

  • PR

アンティークウォッチの世界、のぞいてみませんか? マニアだけでなく初心者にオススメする、その魅力とは

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

横浜発の捺染(なっせん)から生まれた、自分を励ます素敵なアイテム。大切な人へのギフトとしてもぜひ!

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 道路標識の案内標識(いわゆる「青看板」)といえば、上空5~6mの高さに設置するのがセオリーですが、環...

  • いまさら?と言われるかもしれませんが、「マリーンルージュ」の名前の由来知りたいです!先日マリーンルー...

  • 鶴見駅東口からさとうのふるさと行きのバスが出ています。ネットでホームページを見てもかなり古く、なんと...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング