ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    クリスマスの時には工場特売特価市を開催しているファミール製菓。横須賀に移転したのですが、移転後も工場特売特価市は開催されるのでしょうか?取材をお願いします。

    YAM-3さん

    JR東日本の東海道線と横須賀線なんですが、戸塚〜横浜間はほぼ線路が並走しているのに、何故か横須賀線の方が速いです。同時に戸塚駅を出発すると、横須賀線の方が加速して東海道線を置き去りにしますが、横須賀線...

    ヨスケさん

    来年の守護仏は阿弥陀如来。そこで調べてみると武蔵稲毛六阿弥陀の半分が欠番でした。https://www.amazon.co.jp/dp/B0776Y7QB5いつから欠番なのか、また埋める予定はないのか...

    みなとみらいさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

三崎港近くの海沿いにあるマグロの干物屋。試食が無料で食べ放題、ドリンクも持ち込み自由という話ですが。その太っ腹な理由と、どのくらい長く試食した人がいるのか、キニナル!(スさん)

はまれぽ調査結果

鈴木商店ひものや友兵衛で試食ができるのはお天気の良い土日だけ。「三崎を楽しんでほしい」という思いから、ドリンク持ち込みOKにしている

ライター:やまだ ひさえ (2016年04月01日)

69年変わらぬ味を求めて

マグロの街として知られている三浦市三崎だが、港が整備されるまでは沿岸漁業中心の漁師町だった。
 


港には今も漁船が停泊している
 

魚をおいしく食べる方法を熟知している漁師たちが昔から家で作っていた漁師料理の一つが、干物だ。

干物も今やスーパーで買う時代だが、専門店があるのも三崎という土地柄。久しぶりに本格的な干物が味わえるかもと、わくわくしながら出かけた。
 


三崎でも中心地から外れている
 

目指すお店、「鈴木商店ひものや友兵衛(ともべい)」は、三崎公園や産直センター「うらり」などがある三崎の中心地から歩いて7分ほどの場所にある小さなお店だ。
 


鈴木商店ひものや友兵衛
 


城ヶ島大橋に面している
 


カモメの風見鶏と天日干しの干物が目印
 

店先にずらりと干されたおいしそうな干物を作っているのが、店主の上川友久(かみかわ・ともひさ)さんだ。
 


干物作りの達人、上川さん(中)
 

干物店としての歴史は古く、現在は上川さん一人で店を切り盛りしている。

戦後まもない1947(昭和22)年、上川さんの奥さんの祖母と母が港に面した三崎公園で、リヤカーに干物を積んで販売したのが、鈴木商店の始まり。
 


最初に店を始めた三崎公園
 

その後、市内の諸磯(もろいそ)に店舗を構え、現在の場所に移ったのが2004(平成16)年のこと。そして4年前に上川さんが跡を継ぎ、それまでの鈴木商店から鈴木商店ひものや友兵衛と店名を変え、続けている。

2016年現在で69年の歴史を刻む鈴木商店ひものや友兵衛だが、味も作り方も、天日干しというスタイルも、初代から受け継いだ製法で作り続けている。
 


創業以来、変わらない味を保っている
 

その変わらない味、本物を求めてくる常連客も多い。
 


リヤカー時代からの地元の常連さん
 

親戚へのお土産はいつも鈴木商店の干物という地元の常連客。冷凍しても味が落ちないのでいつも喜ばれるという。
 


50年来、東京から通っている常連さん
 

ドライブ気分で干物を買いに来て「きょうは少な目です」と見せてくれた。
 


いつもはこの3倍近く買うという
 

店先で情報交換。これも鈴木商店の特色
 

本物の味だからこそ、地元や市外、県外からの常連客が多いのが鈴木商店ひものや友兵衛の干物だ。


こだわりの製法とは?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事