検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

新川崎駅の操車場。駅直結なのに一般人は入れず、ほぼ毎日、鉄道ファンの方々が金網越しに車両を見ています。何が面白いのか分からないので、鉄道ファンにとっての魅力も!(タロー先生さん)

はまれぽ調査結果!

金網越しに見ているのは停車中の機関車。付近には、鉄道ファンに人気の珍しい車両が撮影できるスポットや公園もあるので、子どもにも人気

  • LINE
  • はてな

2016年04月24日

ライター:紀あさ

投稿にあるJR新川崎駅には、横須賀線に成田エクスプレスや湘南新宿ラインが乗りいれるほか、併走する貨物線に多くの貨物列車が見られる。

最近、鉄道関係の取材が続いており、少し鉄子(=てつこ、鉄道好きの女子)っぽくなってきている筆者なのだが、投稿には「鉄道ファンにとっての魅力も」とあるので、どなたか鉄道ファンの方にご同行をお願いできないか・・・と考えた。

そこで思い当ったのがJR南武線205系統最後の運行で出会い、車両写真も多く提供してくださった東京都稲城市の会社員・今井英明(いまい・ひであき)さん。今井さんに相談したところ快諾いただき、新川崎で待ち合わせをすることに。いざ現地へ。
 


最終運行日に登戸駅で205系を待っていた今井さん(右)
 

待ち合わせ前日、今井さんから「どんな機関車が珍しいのか、写真を送って今のうちに予習しておきますか?」というメールが。

少し予習したい、と回答したところ、送られてきたのがこの3枚。まずは、珍しい機関車の見分け方から。
 


(1)JR化以降の比較的新しい機関車。青色で直線的なデザイン
 

(2)国鉄時代に作られ、JR化されて色が白+青ベースに変わった機関車
 

(3)国鉄時代の機関車でも、昔ながらの青+クリーム色の機関車はレア
 

今井さんによると、(2)と(3)は老朽化のため、とても数が減っているそう。貨物の機関車の違いなどこれまで認識したことはなかったが、易しく解説してもらい、興味がわいてきた。



新川崎駅ホームから見る新川崎信号場の新鶴見機関区

さて、投稿には「新川崎駅の操車場(そうしゃじょう)」とあるが、現在は「新鶴見信号場(しんごうじょう)」に機能が縮小されている。

ここが操車場だったのは1984(昭和59)年までの話で、その経緯は過去の記事に詳しい。新川崎駅が出来たのは信号場に変わる少し前の1980(昭和55)年10月。

まずJR新川崎のホームから見えるのは「JR貨物新鶴見機関区」の文字。この機関区は「新鶴見信号場」の一部で、日本貨物鉄道(JR貨物)の車両基地・乗務員基地である。
 


JR新川崎駅のホームからよく見えるJR貨物新鶴見機関区
 

なお、操車場と信号場はどちらも鉄道における停車場の一種。

「鉄道営業法」によると、操車場は「専ら車両の入換え又は列車の組成を行うために使用される場所」であるのに対し、信号場は「専ら列車の行き違い又は待ち合わせを行うために使用される場所」をいう。
 


駅のホームから機関区を撮影している人が何人か居た
 

同じ方向にカメラを向けシャッターを切る
 

機関車はクリーム色で、車両番号は「EF641019」。今井さんに確認すると、レア車両だという。いきなり珍しい車両に出会えて興奮。

しかし一歩も二歩も先行く鉄道ファンの今井さんに見せてもらった写真はこちら。
 


「別の日に長野で撮ったEF641019です」
(撮影:今井英明さん。以下※は今井さん撮影)
 

先輩・・・!!

後続車両を見て(緑のモスラだ・・・)とか思ってしまったのは「鉄分(=てつぶん、鉄道に関する情熱の度合い)」がまだ足りない。注目すべきは一両目。たしかに今見たのと同じ番号の機関車だ。


金網越しの機関車・・・キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

JR関内駅の近くある元国鉄マンが経営する鉄チャン居酒屋

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

世界最大のジオラマがある原鉄道模型博物館とは?

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

時代とともに姿を消していった横浜の貨物鉄道。東高島駅の歴史

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

相模原市役所の駐車場から乗用車が転落し、2人が負傷! 当面は駐車場の一部が使用不可に!

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

新着記事

横浜市内ではしか患者が発生! 移動経路や麻しん予防のためにできることは?

    • 面白かった49
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2019年02月19日

横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2019春」が開催! 市内の参加店舗は?

    • 面白かった67
    • 面白くなかった3
    • コメント2
  • 2019年02月20日
建築系・物流(ドライバー)系の企業さまを大募集!
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

あなたと地域の橋渡しをしてくれる、地域愛あふれる「街の法律家」におまかせ! 「田近淳司法書士事務所」

  • PR

腰痛で悩んでいる人は必読! 腰の痛みを改善するには生活習慣や体質も変えなきゃいけないって知ってた?

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 道路標識の案内標識(いわゆる「青看板」)といえば、上空5~6mの高さに設置するのがセオリーですが、環...

  • いまさら?と言われるかもしれませんが、「マリーンルージュ」の名前の由来知りたいです!先日マリーンルー...

  • 鶴見駅東口からさとうのふるさと行きのバスが出ています。ネットでホームページを見てもかなり古く、なんと...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング