検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

関内にあるパン屋さん、レェ・グラヌーズが7月9日で閉店のようです。いつもわくわくしながら選んでいたのに残念です。閉店の理由とお店人気パントップ3を調べてください(すみれさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

原材料の高騰などで、店の良さを失うくらいならと閉店の道を選んだ。人気ナンバーワン商品はセサミのメープルバタートーストだった。

  • LINE
  • はてな

2016年06月24日

ライター:松田 麗

「いつもお客さんでいっぱい」という投稿のあったレェ・グラヌーズが閉店するという。キニナル閉店理由や、店主のパンへの想いを調査すべくさっそくお店へ向かった。
 


JR根岸線関内駅から徒歩5分ほど


お店の前には閉店を知らせる紙が

 
しばらく様子を伺っていると、通りすがる人の中には、お知らせの内容を食い入るように見つめる人の姿があった。

その少し寂しそうなうしろ姿から、馬車道周辺で多くの人に愛され続けてきたお店だった、ということが伝わってきた。

どのような歴史がある店なんだろう。いざ、店主へインタビュー。



20年間愛され続けたレェ・グラヌーズ
 


店主の稲川政信(いながわ・まさのぶ)さん


1995(平成7)年10月にオープンしたレェ・グラヌーズ。同店はオープン以来、20年以上変わらずこの地に店を構えている。

 


パンの香りに包まれた店内


まずは、オープンから今にいたるまでのお話を伺った。

レェ・グラヌーズが開業にあたって、この地を選んだ理由は「条件がよかったから。横浜の中心地だった」から。「即決だったよね」という稲川さんは「東京で仕事をしてた時から、横浜に憧れがあったんだよね」と続ける。

「レェ・グラヌーズ」という店名はパンの本場、フランスへの憧れから付けたそう。
 


フランス画家ミレーの作品『落穂拾い』が店名の由来


稲川さんは、同店開業に至るまでの経歴が異色だ。パン屋さんを開業する、というとてっきり「職人のもとで修業を・・・」という話が出てくると思っていたが、なんと大手チェーンの飲食店の経営を経験。そこで「どういったものがお客さんに愛されるのか」ということを学んだそう。

そんななか「お客さんが食べたいときに食べられるものを販売したい」とテークアウト中心のお店を出そうと決意。縁あって「レェ・グラヌーズ」をオープンすることになったという。

以降「手軽な価格で、できるだけバラエティー豊かな商品ラインアップでお客さんを楽しませたい」と店を営んできた。所せましとならぶパンは、とにかく安い。
 


店頭に並んですぐ品薄になる理由のひとつはこの価格


食パンだけでも数種類もある


こうして横浜で20年間営んできたにもかかわらず、何故閉店してしまうのか、キニナル理由を伺った。
 


熱く語ってくださった

 
「正直に言いますね。原材料の値上げや人件費などで採算が取れなくなったんです」と稲川さん。

できるだけ低価格でお客さんにレェ・グラヌーズのパンを届けたいという想いでやってきたが、原価との兼ね合いで2015(平成27)年5月に値上げを決断。しかし、それが逆効果となり、お客さんの数が減ってしまった。

また値上げするという選択もあったが、それではレェ・グラヌーズらしさが無くなると考え、移転などさまざまな選択肢があるなかで2016年7月9日閉店という決断をした。

どこかでまたレェ・グラヌーズのパンは食べられないか、と伺うと「うーん・・・それはないかな・・・」という答えが。とても残念だが、最後の日まで存分にレェ・グラヌーズのパンを味わおう。

では、あらためて同店のパンについて話を伺いたい。
 
 

人気パンBEST3の発表も! キニナル続きは次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

【編集部厳選】昔ながらのパン屋さん特集

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

パン発祥の地・元町近辺にある個性的なパン屋さんはどこ?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

ランチの穴場スポット!関内駅前第一ビルの“関内グルメプラザ”

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

戸部にある国道1号の歩道をふさぐお店とは?

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

新着記事

新横浜ラーメン博物館・平成最後の新店「八ちゃんラーメン」とは?

    • 面白かった88
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2019年06月17日

祝・開館25年!「新横浜ラーメン博物館」の今

    • 面白かった43
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年06月19日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 偶然、本家(?)大阪清風高校があることを知りました。宗派も同じ仏教系なのに横浜清風高校との繋がりはい...

  • 横須賀市の猿島↔︎平成町のリヴィン間でドローンによる配達サービスが開始されました。実際に利用して、所...

  • 人気ラーメン店は横浜に数多くあれど、私の忘れられない名店は西区伊勢町にあった、ラーメンショップ「へん...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング