検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

南区吉野町「お好み焼き二郎さん」の店には「テレビでおなじみ坂上二郎さんそっくりショー大塚二郎さん」の看板。どれだけ似ているのかショーが現在も行われているのか、ほんのちょっとキニナル(ゆがみ小僧さん)

はまれぽ調査結果!

坂上二郎のそっくりさん・坂下二郎さんはプロのモノマネ芸人で本人に間違われるレベル。店の看板にあるそっくりショーは実は一度も行われていない

  • LINE
  • はてな

2016年07月01日

ライター:細野 誠治

謎に包まれた吉野町の二郎さんは、秘密の隠れ家っぽいところ

坂上二郎——(1934~2011)。
言わずと知れた、昭和の喜劇人。歌手であり俳優であり、そして盟友・萩本欽一氏と組んだ“コント55号”は、演芸ブームに乗り大変な人気を博した。
(「飛びます、飛びます!」のかけ声の・・・といったら分かります?)

そんな坂上二郎氏の“そっくりさん”がいるらしい・・・。吉野町の、お好み焼き店で会えるらしい(店の名前が二郎さん!)。
 


キニナルに添付された写真。文面の通りだ


「どれだけ似てるのか?」「今でもショーをしてるのか?」そして文末には「ほんのちょっとだけキニナル」・・・って失礼だろっ! 

キニナルだろ、いろいろ。「二郎さんに似ていて、やっぱり二郎さんが好きなのか?」とか「店の名前も二郎だけど、店主の名前も二郎なの?」とか「そっくりショー見ながら自分でお好み焼き作るの? 忙しくね?」とか、ショーの時間とかレパートリーとか、1ステージで何回「飛びます、飛びます!」って言うの? とか疑問テンコ盛りだろうがぁああああぁあっぁあっ!

というわけで、さっそく現場に向かいまーす。
  


最寄りは横浜市営地下鉄ブルーライン「吉野町」駅


地下鉄2番出口から目の前の16号線を、伊勢佐木町方面に向かって3分くらい。吉野町1丁目交差点を左折すぐ(イセザキ・モールの突き当たりから、ぶらぶら歩いても難なく到着する)。
 


緑の日除けが目印。「お好み焼き 二郎さん」


キニナル投稿にあった看板も、よーく目立ちます


「そっくりショー」の文字に「大塚二郎さん」の名前が


よしよし、さっそくキニナルの数々を解いていこうじゃないか。暖簾を潜ると、息子さんがお出迎え。
 


息子の大塚和史(おおつか・かずひと)さん。あれ、なんとなく似てる?


入ってすぐ、鉄板付きのテーブルが5卓。30名まで利用できる


さらに奥へ歩を進めると、なんと店内に池と橋が出現!
 


店の奥にこんな光景が


池には鯉が泳いでます!


池や橋があるのは、以前この建物が割烹料理屋だったころの名残だそうで、当時に使われていたものを、そのまま利用しているため。

で、この橋を渡った先には個室がある。鉄板の卓が3つ、ゆったりめで落ち着く。元が割烹料理屋だけあって雰囲気はバッチリ。

調度品や年季の入った建物、天井が高くて空気の篭らない設計と、なんとなく田舎のおばあちゃんの家のイメージと重なる(すげぇ好き)。
 


個室は15名まで利用可能


そろそろ問題の二郎さんにご登場を願おう。ドキドキしてきた・・・。



二郎さんにそっくりな二郎さんは、プロフェッショナルだった

座敷に移動して、さっそく話を聞いてみよう。
 


店内の壁にはたくさんの写真。自身のものや芸能人とともに写ったものも


奥さまの和美さんと二郎さん登場。うわぁ似てるな!


二郎さんは1934(昭和9)年生まれの82歳。いや、似てるわ・・・


まずは名前から。こちらの二郎さんの、そっくりさん、本名を大塚勲(おおつか・いさお)さんという。
プロの芸人さんで、芸名が本家の“坂上”に対して“坂下二郎”だそう(今さら“勲さん”と呼ぶのもナンだし“二郎さん”でいいよね?)。

始まりは今から、およそ半世紀前。
保険調査員として働いていた二郎さん。お茶の間のテレビに登場した、コント55号によって人生が変わる。

「そっくりだ!」ということで、さまざまな方面から反響を呼ぶ。会社や自宅に電話がかかってきたり、遂にはテレビや雑誌に登場したりするように。
 


こちら「そっくりな方」の二郎さん。本当によく似ている

 
二郎さん(モノマネ)は若いころ歌手を志していたそうで、このブレイクをきっかけに、プロのモノマネ(そっくりさん)芸人として活動をすることに。

本家の二郎さんご本人にも、認めていただいていたそうだ。

「実際に会ったのは10回くらい。東京の、とある店先の階段で初めてバッタリ出くわして。二郎さん(本物)が降りてくるところで、私が上りでね・・・二郎さんが(私を)指差して、“俺の、そっくりがいるぞ!”って言ってくれた」
 


2人の二郎さん。本家が右側、左が二郎さん(そっくりの方)。分かりづらい!


自身が二郎さんの大ファンで、顔がそっくり(年齢も同じ!)。「似ている」ことが売りになって仕事につながる。
これこそ、究極のファンではなかろうか。

では、店にはどういう経緯が?
店のオープンは1984(昭和59)年。「“何か店をやろう”と思って」と二郎さん。

なぜ、お好み焼き店だったのか? 当時、小学生だった息子の和史さんの「お好み焼き屋がいい!」の一言で決まったそうだ。
 


この「子ども采配」が当たる・・・


近隣、伊勢佐木町など繁華街で仕事をする方や、アフターを楽しむ酔客たちが押し寄せたそうだ。

「開店初日からお客さんが、たくさん来た。そっくりショーをしようと思ったけど、忙しすぎてできなかったんだよ」と二郎さん。
——そんなに!?

「もちろん、お客さんに『やってくれ』と頼まれれば、やるけど」
 

吉野町「お好み焼き二郎さん」とびます


今でもリクエストがあれば全力で真似してもらえます!

今年で32周年を迎える「お好み焼き 二郎さん」。オープン初日から掲げられた看板だが、なんと一度もショーを開催できず、今日まで来てしまったそうだ。

 

看板の「大塚二郎さん」は厳密にいうと間違い。そしてショーは未開催


こうして二郎さんは保険調査員、モノマネ芸人、お好み焼き店オーナーという三足のワラジを履くことになったそうだ。

  

そっくり過ぎて某新聞社が「本人」と間違えて写真を掲載! すごい話だ

 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

「自分らしいウエディング」が実現! レンタルドレスサロン「By Magic」で主役もゲストも笑顔に!

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

頭金10万円で中古マンションが買える!? 常識を打ち破る独自のシステムとは?

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング