ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧山頂公園は、ひそかに心霊スポットとしても知られていますよね。実際、霊感のある人がたまたま夕方~夜に歩いて「二度と行きたくない」と言ったという話を聞いたことがありますし、毎年のように「また自殺者が出...

    濱俊彦さん

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
3位
キュートな花柄が似合うセクシー系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編】
4位
「ピカチュウ大量発生チュウ!」のイベント名に偽りなし! ポケモン開発者と歩くイベントレポート2017!
5位
『ポケモン』開発者、横浜・東戸塚出身の増田順一さんにクリエーターの原体験をインタビュー!
6位
透明感ある美白美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編】
7位
意外な穴場を発見? 県外の人に横浜を案内するならどこ?
8位
芸者が働く「花街」が井土ヶ谷の住宅地にあったって本当!?
9位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
10位
こんがり焼けた肌が健康的な水着美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第2弾】
11位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
12位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
13位
【はまれぽ名作選】ゆずの「夏色」に出てくる「長い長い下り坂」って本当に長いの?
14位
まさかの展開!? 横浜DeNAベイスターズ夏の一大イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」をレポート!
15位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
16位
今年の夏、横浜赤レンガ倉庫がサバンナに変わる! きょうから始まる「RED BRICK Paradise」をレポート!
17位
【編集部厳選】穴場? 隠れ家? お盆で人がいない今がねらい目なグルメスポット!
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
色鮮やかな水着を着こなすセクシー系女子が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編 第2弾】
20位
高さ13メートル! 横浜・八景島シーパラダイスに誕生した日本最大級の立体迷路を体験!
21位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
22位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
23位
横浜のソウルフード・崎陽軒のシウマイで、目指せギネス世界記録(TM)! 「シウマイリレー」にチャレンジ!
24位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫で炎と水の噴水ショー!
25位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
26位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
27位
【はまれぽ名作選】京急日ノ出町駅の近くに滑走路があったって本当!?
28位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
【編集部厳選】あのぉ、ここ、お店ですよね?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

7月16~18日に横浜赤レンガ倉庫で開催されている「横浜家系ラーメン祭り2016」の様子の詳細をお届けします!

ライター:はまれぽ編集部 (2016年07月18日)

日本初・家系の祭典! 最終日の様子を随時レポート!
 

横浜発祥の、しょうゆ豚骨をベースにした「家系(いえけい)ラーメン」の人気店の味が一度に楽しめる日本初のイベント「横浜家系ラーメン祭2016」が2016(平成28)年7月16日(土)から、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫で始まった。18日(月・祝)まで行われ、入場は無料(別途飲食代)。
   


名店の味が赤レンガ倉庫に集結!

 

「横浜家系ラーメン祭2016」の参加店舗は厚木家、奥津家、心家(こころや)、すずき家、せんだい、千家(せんや)、光家(ひかりや)、らっち家の8店舗。

本日は引き続き、最終日7月18日(月・祝)の様子を随時レポート!

3連休のなかで一番の快晴となった最終日。まずは正午12時ごろのお店の様子とラーメンをご紹介。会場一番手前「すずき家」から続けて「らっち家」、「せんだい」へ。

 

 記者カメラに気付いて貰った
  

 「きょうはクリーミー系3店すべて回ります!」と40代男性
   

 若さ溢れる「らっち家」
   

 「すでに2杯目なんですけど・・・次は・・・」と考え中の20代男性2人組 
    

 しょうゆの良い香りがただよう「せんだい」
  

 「初・せんだいっす!」と、テンション高めな20代男性

  
お次はお食事エリアの真横のゾーン、「光家」、「千家」、「厚木家」。

 

 調理シーンを正面から間近で見られるのも祭の魅力のひとつ 
  

 「光家通っているんですが、応援しにきました!」と光家LOVEさんファミリー
  

「千家」、“ガツンと喰らえがすきっ腹に響きます・・・
   

 「何杯も食べたいから、気分転換もできるネギラーメンがあって嬉しいね」と50代のご夫婦
  

 最長の列ながら、ステージ上からの挨拶にも応えてくれていた「厚木家」
  

 家系ラーメンによく行く20代男性は「ここは並んだ甲斐が絶対ある!」とのこと
   

 連日長蛇の列、「奥津家」
  

 ノリノリで麺リフト! 「食べたい? ダメー!」とお客さんに空腹をくすぐられる
  

 入口から見て、店舗ゾーン一番奥にある「心家」 
   

 藤沢とセンター北から来た20代男性2人組が最初の一杯に選んだラーメン 

 
藤沢から来た男性が「心家」を選んだ理由は、「最初はさっぱりしたラーメンでスタートしたくて」とのこと。「マニアなので、きょうは全店回りますよ」と家系ラーメンに懸ける意気込みをいただいた。
  
午後1時の時点で10組に聞いたところ、家系ラーメン祭2016の全店制覇を狙う方がなんと3組も。「たまたま通りがかって3杯目」「ステージ見ながらゆっくり食べます」なんて方も。ぜひ、それぞれの楽しみ方を見つけてほしい。
 


 
最終日のステージは?
 

  
気温と共に連日盛り上がるステージ。そのステージを巧みに盛り上げてくれるのはFMヨコハマでお馴染み「植松哲平」さん。

    

編集部の取材ウラ話コーナー 「はまれぽ.radio」でもお世話になりました!

   
ステージオープニングは3日間それぞれ「DMM.yel」企画による“家系ラードル親善大使”に選ばれたアーティストが登場。最終日の18日は「原宿物語」。

   

 ダンス×演劇をテーマにしたアイドルグループ。通称「モノガ」! 

   
「モノガ」の熱いパフォーマンスでアツアツに熱した会場を、香港にも活動を広げる実力派「MILLEA」の優しい歌声が包みこむ。

    

 爽やかな青空にピッタリ

   

 歌姫が続き、映画「ビリギャル」の主題歌も担当するシンガーソングライター、「Saku」が登場!

   

 筑豊から全国へ! 4月に拠点を東京に移したばかりの「Smile TEAM East」
 


ただ「可愛い」だけがアイドルじゃない! スカでガンガン沸いて踊る「Hauptharmonie(ハウプトハルモニー)」

  
 

ステージは夕方から更に盛り上がりと混雑が予想されるので、キニナル方はお早めにお越しください!


 
ほかのお店は何があるの? &ステージ情報追加!
 
会場は家系ラーメンだけではなく、はまれぽユーザーには馴染み深い、「有明ハーバー」と「岩井の胡麻油」も出店している。

 

 「有明ハーバー」の新製品「ポケモンハーバー(5個入り・1080円)」
 

 「岩井の胡麻油」からは「岩井の胡麻油(410円)」と「岩井の胡麻ラー油(270円)」


“横浜”家系ラーメン祭らしい、横浜の名品が勢揃い。
 
一方、ステージは汗ばんだ肌を潮風が冷ましてくれる、午後4時ごろ。疲れた体を、浮遊感のある特徴的な声が夢心地に誘う。

 

 みずみずしさ溢れる「南波志保(なんば・しほ)

 
身体は少し疲れを感じつつ、陽が沈んでしまうのを惜しむこの最高のタイミング。

 

 体にも心にも南波さんの声が染み渡る

 
祭の最終日、なんだか少しノスタルジックになってきたこの時間。でも、最後までしっかり楽しんでもらいたい!

 

 そこで登場、「アップアップガールズ(仮)」、通称「アプガ」の皆さん!

  
アグレッシブなダンスで会場のボルテージも最高潮に!

   

 「アプガ」ピンク担当の古川小夏(ふるかわ・こなつ)さんと


 紫担当の佐藤綾乃(さとう・あやの)さんは神奈川県出身!


ファンの皆さんのアツさも最高潮! このアツい波に乗ってグラビアクイーン&ディーバ(歌姫)の「篠崎愛(しのざき・あい)」さんが最終日のステージラストを飾る。

 

 親しみやすい笑顔から
 

 歌い出せば一転、小悪魔的な魅力を放つディーバに

 
以上を持って、「家系ラーメン祭2016」のステージパフォーマンスが終了となりました。1日中、まったく目が離せないパフォーマンスに3日間通い詰めるお客さんもいたりと、充実の3日間となりました!
 

 
午後6時。最後は各店主からの挨拶
 
家系ラーメンファンならば、今回出店したお店の店主が一堂に会するシーン、キニナるのでは。ステージパフォーマンスが終わり、お客さんも落ち着いた午後6時、各店主からの挨拶が始まる。

 

 ステージ上に名店の店主がズラリ。圧巻のワンシーン
 

 最後は肩を組んで記念写真!


各店主からは「楽しかった!」「もうやりたくない(笑)」との声があった。最終日の様子は後日別記事にてご紹介予定です。

暑い夏を、共にアツく駆け抜けてくれたお客さんと各店の皆さんに、心より感謝申し上げます。「はまれぽ」はこれからも家系ラーメンを愛し、応援し続けます!



  
2日目の様子はこちら! キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜家系ラーメン祭り2016