ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    https://www.youtube.com/watch?v=wc4QEcHKgCUこちらの動画で見たのですが、首都圏の中で神奈川県警の「遺体の取り扱い方」がかなり違法性が高く、死亡診断書等遺族への...

    とくもりさん

    三浦のほうで、駆除対処になってた迷惑ウニに廃棄野菜あたえたら食べられるようになったらしいです。実際、味はどうなんでしょうか?商品化したらウニを安く食べられるようになるんでしょうか?気になります

    ykmrcさん

    横浜を代表するヒップホップアーティストのサイプレス上野さんがプロデュースしているというミュージックバー「what's good」が戸塚駅近くにあるようです。店は2階にあるようで、外からはどんな感じなの...

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月23日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
5位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
6位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!
10位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
11位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
12位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
13位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
22位
鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
27位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
28位
【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

神奈川駅前の、かなり年季の入った看板が印象的な「さくら旅館」は営業しているのでしょうか?どんな人がどのくらいの頻度で利用しているのか気になります。(Vistatpさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1951年に開業した「さくら旅館」は修学旅行や合宿、働く人の長期滞在などでの利用が多い。2代目社長のおしどり夫婦が切り盛りしている。

ライター:山崎 島 (2016年08月07日)

温泉街や観光地にある旅館もいいけれど、何気ない街の中にポツンとある旅館もロマンがあって尚いい。

夜中にふと目を覚ますと、そこは蒸し暑い「旅館」の一室で、隣で眠っていたはずのその人はきちんと浴衣をただし、薄暗がりの中で、しん、と書き物をしているのでした。(山崎の脳内より引用)

とか!! 奥さんと死別して陰のある初老の文化人とそんな旅館でしっとり×××したーい!! 欲望に胸をはちきらせながら、神奈川駅の「さくら旅館」へと行ってまいった。



はっ

今回の取材先「さくら旅館」は京急線神奈川駅を出て徒歩30秒の上、ホームから看板も見えているし地図は割愛するほどの近さ。改札を出たらぴゅっと左に曲がるのみ!
 


万が一迷った方がいたら編集部にご連絡ください


この日は暑くてここに来るまでに汗で体はべとべと、髪はぼさぼさで早くもロマンの匂いが希薄になった。さくら旅館の入り口は看板の手前の道を入ったところにある。
 


こちらです


おお、かっこいい


素朴だが雰囲気のある佇まい。第一京浜からたった1本奥の通りにこんなところがあるとは。早くも旅行に来た気分。

引き戸を開けると・・・
 


ろ、ろまん・・・


猛禽類


渋い・・・そこはもう旅行に来た気分、だけでは足りない、時間を飛び越えてしまったように感じさせられるほどの、古き良き日本の空間があった。隣に立っているのが編集部・山岸じゃなかったら、と悔やまれたが、おそらくきゃつも同じようなことを考えているに違いあるまい。

玄関で声をかけると、奥から初老のご婦人がすすすと出てきて、部屋に案内してくれた。
私たちが本日宿泊するのは2階の通りに面したところのお部屋。

 

おふとん・・・


私はこういうのを「素敵セット」と呼んでいる


8畳の広々としたお部屋は風通しが良く、清潔で明るかった。シンプルだが親切な家具が置かれており、これは快適に過ごせそう。


どれも年代物、宝だあ



さくら旅館の歴史を紐解く

横浜の中心にいながらにして昭和に旅行できる、「さくら旅館」のあれこれについてお話を伺ったのは、おしどり夫婦兼社長のお二人。
 


村山良一(むらやま・りょういち)さん(右)と房枝(ふさえ)さん


そらあもう仲良しのご夫婦でした。いいなあ。ではまず、旅館の歴史から。

さくら旅館が開業したのは今からおよそ65年前の1951(昭和26)年。村山さんの前の奥さまのお義母さまが始められたそう。新潟県ご出身の良一さんは約35年前に旅館を継ぎ、2代目社長となった。

「ここら辺は昔、神奈川宿として発展しており、この近辺だけでも30軒ぐらいの旅館がありました」と良一さん。昔からの宿場町として、かなりにぎわっていたことが伺える。しかし現在はほとんどが宿をたたみ、現在は神奈川区には3件ほどしか旅館は残っていないという。

良一さんは地域の旅館組合の会長を務めたこともあり、「神奈川の旅館の数は大体把握していますが、神奈川区は少ないですね」と言っていた。
 


歌川広重の作品(フリー画像より)


どんどん旅館が少なくなっている今日だが、さくら旅館は1年を通して客足が絶えない。開業当初から仕事の関係で同旅館を利用する人が多く、加えて修学旅行やスポーツ合宿の子どもたちも毎年受け入れている。

「前の年に来ていた子どもが、翌年大きくなってまた来てくれる。子どもさんの成長が見られたりして、たのしいですよ」と優しい笑顔の房枝さん。同旅館を思い出深い場所として記憶するお子さんも多そうだ。「でもたまに誰だか思い出せない時もあるんですよね」って、おーい!!
 


飾り屋根のある館内


さくら旅館は全部で11室あり、1室で最大35人まで受け入れができる。宿泊費は1泊素泊まりで4000円。食事付きのプランは20人以上の団体客のみの対応可。のんびりできるようひと部屋ひと部屋広い造りにした、という同旅館はチェックインアウトの時間を厳密に設定しておらず、利用客がしっかりくつろげることができる環境だ。
 


歩いてもみしみし言わない、丈夫なつくりの建物


また、さくら旅館の名前の由来は「日本を代表する花である桜を名前に入れたかったと聞いている」とのことで、名前と、それからなんと建物自体も65年前のままだそう。

「こういう古さを感じられるところは珍しいようで、雑誌などの撮影で使われることがあります。だからみんな館内のものは丁寧に扱ってね、とお願いするんです」と房枝さん。この貴重な存在ができるだけ長いこと残されますように。

村山さんご夫婦、ありがとうございました。でもまだお世話になります。
 

まだまだ帰りません。・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

この夏は大磯ロングビーチへ! 大磯ロングビーチ×はまれぽ

夏はおうちでカクテル! お茶・紅茶が大変身!

50代続く江の島の老舗旅館「岩本楼」に突撃!

京急黄金町駅付近の住宅街、「ちょっと入りづらい」宿泊施設?