ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    関内のマリナード地下街からJR関内駅北口に向かう途中に、ホームレスのたくさんいる場所ありますよね。あそこはどうにかならないんですか?異常なほどのクサさで、呼吸を止めて通らないといけなくなります。寿町に...

    今宵月男さん

    11月にオープンする蒙古タンメン中本。各店舗ごとに辛さが違いますが、神奈川県の中本ではどの位の辛さに位置するのでしょうか?オープン時に確認してください!

    福三さん

    横浜市内でも青葉区にはイノシシが、緑区にはニホンザルが目撃されたという噂を耳にしました。イノシシは青葉区奈良町、ニホンザルは緑区の四季の森公園です。今も生息しているのか、噂の真相が知りたいです。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
4位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
5位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
6位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
9位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
10位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
15位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
16位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
17位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
18位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
19位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
20位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
21位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
25位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
26位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
29位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月21日~9月27日)
30位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月12日~10月18日)
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

白楽のサリサリのあの独特の看板が全くなくなり、廃墟になってます。あの味のあるマスターの身に何かあったのでしょうか?

はまれぽ調査結果

2016年9月1日、もとの店舗より100メートルほど先のフルーツ店の跡地に移転した。マスターは前より元気だった。元モナコ王女も。

ライター:大津 七尾 (2016年10月17日)

学生が集う白楽。六角橋商店街が昭和の匂いを漂わせ、平成と昭和を行き来できる街。気軽にタイムスリップできるなんてデロリアンいらず。
そんな一風変わった街には、それはそれは、変わったカレー店があるのです。



ここは本当にカレー店??

横浜には幾多のカレー店が存在し、インド系やネパール系が数多く軒を並べている。どの店も異国情緒あふれる店構えと接客をしてくれるが、2007(平成19)年開業の「サリサリカリー」だけは群を抜いて個性があふれている。
 


以前のサリサリカリー

 
あれ、久方ぶりに足を運んでみるとナント、もぬけの殻ではないか。

「一部の人にしか理解できない」という看板すらない。ぱっと見本当に一部の人にしか理解できなくなっているではないか。
 


確かに以前ここにあったのだが

 
もしかして本当にマスターの身に何かがあったのだろうか。少し不安になる・・・。

さて、どこにあるのか。
ふらり信号を渡ってみる。くんくん、カレーの匂いがする。あれ、あれれ・・・
 


好奇心から始まることもある。うん? これは・・・


あった!!! これは間違いなくサリサリです!!

 
しかも、前のお店から100メートル歩くほどの距離に佇んでいました。前の店より駅が近く、分かりやすいところに。
 


こんなに近くに移転していた

 


ここは日本なのか!?

もう、ここでカレーを食わずともビジュアルだけでお腹いっぱいかもしれないが、カレーを食べなければ始まらない。筆者は、サリサリカレーには何回か個人的に行っている。友達に会うたびにオススメしてるくらい好きです。

いざ、入店。
 


前の店より少し広くなっている

 
昼時ということもあって、席はほとんど埋まっている。やはり、常連客はすでに移転の事実を知っていた。
 


突然出されたサラダ。ちなみにまだ注文をしていない

 
突然のサラダには訳がある。
 


なんとメニューは1品のみ。「考えるな食べろ」と考えさせられる

 
お待ちしていました、メインのカレーが到着。
 


カレーの概念を覆す見た目

 
これがパキスタンカレーです。鶏肉をホロホロになるまで煮て、水を使わず野菜の水分と糖分だけで作られた究極の料理。12~13種類のスパイスで香りをつけ、塩だけで味付け。見ているだけでお腹がすきます。
 


では、いただきます




「美味しい」、この一言しか出てこない

 
完全に言葉が置いていかれている。黙々と食べました。同行していた編集部・山岸のカレーを食べようかと考えたくらい、何度来ても変わらぬ美味しさ。

サラダは、見た目が鮮やかで、塩コショウ中心のドレッシングがかかっている。ぶつ切りの野菜とキクラゲの食感もいい。ザ・シンプルサラダ。
 


一息つくと、元モナコ王女がお口直しにチャイを

 
チャイタイムをくつろいでいると隣には、マスターが。開口一番ことの真相を聞いてみた。
 
 
急に移転した理由は一体?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事