検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 湘南育ちの兄弟デュオ「ブレッド&バター」ってどんな人たち?
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

激安激ウマだけど入りづらい立ち飲み屋、南区「楽」に突撃!

ココがキニナル!

真金町にある「楽」って立ち飲み屋さんが気になります。友人が行ったら激安で美味しいとのこと。でもとても入りづらいだしいです。ちょっとレポートお願いします。(コウだよさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

真金町の立ち飲み屋「楽」は、2014(平成26)年にオープン。メニューは200円からと激安でおいしい料理とお酒がいただける。

  • LINE
  • はてな

ライター:山崎 島

皆さんがお住いの街に、「その道を通る8割・・・いや9割の人が絶対気になってるけど入る人は1割にも満たなさそう」な店って、あるでしょうか? 山崎の住んでる街にも1軒あって、いつも横目でチラ見するんですけど、なかなか入れない。

横浜市南区真金町(まがねちょう)にも多くの方がキニナル立ち飲み屋「楽(らく)」というお店がありまして、電話番号は調べても分からず、外からも店内の様子分からず。
現地へ直接取材交渉に行くと、ご店主の写真や名前、過去について出さなければ、という条件付きでOKをもらえた! ディープな香り超漂う!!



キニナりだしたら止まらない



ということで、会うのは3回目の編集部・小島とやってきた真金町。
 


場所はここ。横浜市営地下鉄阪東橋駅から徒歩で8分ほど


美容室マイヘアーとスナックこみちの間が立ち飲み屋「楽」

 
ライター・山崎は取材交渉時、お店の場所が分からず同じところをぐるぐる回った。よくよく見ないと気が付かない、こぢんまりした店構えだが、一度キニナりだすとその存在感は大、そんなお店。
 


確かに入るのには勇気いりそう

 
えいやっと引き戸を開けて店内へ入る。

 

えいや!

 
あれ、立ち飲み屋じゃない!! 店内は瓶のケースで作られたテーブルや、きっと以前は別の場所で活躍してたであろう椅子が並べられていた。一見殺風景だが、入ってみると想像以上に清潔で、ガスストーブの懐かしい匂いがし、居心地が良い。

奥のカウンターから、しゅっとした立ち姿の中年男性が顔を出した。その方こそ、立ち飲み屋「楽」のご店主。なんていうか、何かを極めた人の目力だった。が、とってもご親切で、お話すればするほど温かさが伝わってくるひとでした。

さっそくお店について聞いてみた。



楽が立ち飲み屋じゃなくなるまで



立ち飲み屋「楽」がオープンしたのは2014(平成26)年4月。元々飲食業界にお勤めだったご店主が、独立してこのお店を開店した。何故この場所かというと、ご店主が以前からこの場所に土地勘があり、格安で店舗を借りられたから。「いろいろ事情がありまして、すぐにでも独立し店を出したかったので」とご店主。この場所は築40年以上で、以前はスナックだったという。ちなみに、ご店主は横浜在住歴約30年。

 

ふむふむ

 
このお店はキニナルけども入りづらい人が結構たくさんいる、と本題をぶつけてみた。するとご店主「それはそうだと思います」と一言。「この街だったら、こういう店にするのが良いだろう、と一番初めに思ったので。真金町でこじゃれたお店を出しても、なかなか定着しないですよ」と続けた。

真金町は、平日昼間に東南アジア系の美青年が上半身裸で歩いていたり、夕方早い時間からおっちゃんが発泡酒片手に道端で酒盛りをしていたりと、刺激的な土地柄。その土地柄を知ったうえで、ご店主は入りづらい立ち飲み屋「楽」を作り上げたそう。

 

お店のキャッシュオンスタイルも、トラブルを避けるためなのだとか

 
「店を始めた当初はいろいろな人が来てました。近くにはまだ簡易宿泊所が残っていますし、生活保護を受けている人とかも。最近では常連さんも増え、お店に来る人の層が安定したというか、うちの常連さんはみなさん良い人たちなので、店の雰囲気は落ち着いたと思います。みんな個性の強い人たちばかりですが」とのこと。最近では某大手○○ログの影響もあり、一見さんも随分増えた。

「入りにくいお店ですが、初めての方も歓迎です。女性のお客さんも気軽に、というか、女性の方が安全かも」という意味深なことを言うご店主さん。後ほど私めが常連さんとお話しして、どんな感じかを調べてきます!!

 

だいじょぶよ!

 
で!! 立ち飲み屋さんなのに椅子があることに関して突っ込んでみると「椅子は全てお客さんたちが持ってきてくれたんです。初めは本当に何にもない店だったんですけど、椅子も灰皿もメニューを書いてるボードもお客さんからいただいて」とのこと。

 

このイカス灰皿もプレゼントなんですね

 
「本当に、お客さんたちがご自分たちの居やすいようにしていったお店なんですよ。自分の持ってきた椅子で、酔っぱらってほかのお客さんの×××を×××ったり。ドアが飛んだりね」としみじみご店主さん語るけどうぉおおおい!! ちょっとそれ記事にできませんよー!!

この店を舞台に一冊漫画がかけそうなエピソードを持つ立ち飲み屋「楽」。書きたいことたくさんですが、いろいろ事情があってここでは披露できませんので、キニナる方は是非行ってみてくださいね。

では、同店の激安美味なお料理をいただきながら、常連さんとお話をしますぞ。