ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    また横浜市営バスで乗客車内取り残し事故が発生。対策として車両最後部に「車内点検〇〇」とかプレートをぶら下げてますよね。周囲からも乗客からも丸見えでハッキリ言ってみっともないけど。たぶん入庫時にプレート...

    よこはまいちばんさん

    今、 免許更新に 二俣川に来ているのですが、相変わらず 物凄い混雑で何をするにも 長蛇の列を並ばなければなりません。神奈川ではここにしか免許センターがないので、当然かもしれませんが、もう少し何とかな...

    たかし君さん

    神奈川区新子安にある子安小学校の移転が決まっていますが、跡地は何になるのでしょうか?商業施設だとありがたいです。

    更紗52さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

30年くらい前に港北ニュータウンにあった巨大迷路。あれはいったい何だったのか? 跡地は現在はどうなっているのかキニナル!(ハラオさん/カレー南蛮さん/hisideさん)

はまれぽ調査結果

1987(昭和62)年10月から1991(平成3)年3月まで、港北ニュータウンPRの一環として期間限定で設置された。跡地は昭和大学横浜市北部病院になっている。

ライター:平田 志帆 (2016年12月13日)

横浜の巨大迷路――。
川崎市宮前区育ちの筆者も、子どものころに行った覚えがある。個人的にもキニナったので調査を開始したものの、ほどなく迷宮、もとい「迷路入り」してしまった。
迷路の中をさまよい、インターネットのわずかなヒントを頼りにダメモトで挑んだ取材は、世代も海も超える大がかりなものに。
 


巨大迷路はどこにあった?(フリー画像より)

 
さらに会う人全員に「横浜の巨大迷路について知ってる?」と聞きまくって不審がられること約10ヶ月。
ようやく巨大迷路の設置に関わった人物にたどり着き、話を聞くことができた。まずは、横浜に迷路がつくられた経緯から紹介しよう。



港北ニュータウン開発の最前線にいた人物にお話を伺う

取材に協力していただいたのは、当時、住宅都市整備公団(現UR都市機構)職員として港北ニュータウンの開発に関わった都市プランナーの松井雅彦(まつい・まさひこ)さんと株式会社横浜都市みらいのSさん。

 

開発のバックグラウンドから丁寧に説明してくれた松井さん


Sさんは突然の取材依頼にもかかわらず快く受けてくれた

 
お二人によると、巨大迷路は、地域イベント「第3回港北ニュータウンまつり」に合わせて1987(昭和62)年10月にオープンしたもの。正式名称は「ランズボローメイズ横浜」。発祥地はニュージーランドだ。ニュージーランドから来たという経緯については後に詳しく説明する。

 

当時の松井さん。後ろに見えるのがランズボローメイズ横浜

 
港北ニュータウンの開発計画は、日本有数の都市開発、そして横浜市の六大事業のひとつとして1965(昭和40)年に発表された。高度経済成長期に入り、横浜市の郊外部で乱開発が進み始めたことがきっかけである。乱開発を未然に防いで計画的に人口を誘導し、都市と農業が調和した新しい街をつくることを目的としていた。

1983(昭和58)年の街びらき以降、宅地の販売や企業の誘致が必要となった。その一環として開催されていたのが「港北ニュータウンまつり」だったのである。 

  

京都府の「ランズボローメイズ」。写真の提供者はのちほどご紹介!

 
巨大迷路の主な目的は「港北ニュータウンに人が来るきっかけをつくること」。
この場所は将来的に港北ニュータウンの中心地をつくる区域の一部として位置づけられており、また昭和大学横浜市北部病院を建設することが決まっていたので、「ランズボローメイズ横浜」の設置はもともと1987(昭和62)年10月から1991(平成3)年3月までと期間が決まっていた。

 

1987(昭和62)年10月の航空写真(株式会社横浜都市みらい提供)


現在の様子。一番奥に見えるのが昭和大学横浜市北部病院

 
当時横浜市営地下鉄ブルーラインは未開通だったため、公共機関でのアクセスは、東急田園都市線・江田駅など からのバス便のみだった。からのバスのみだった。

  

「港北ニュータウンメイズ前」というバス停があった(株式会社横浜都市みらい提供)

 
巨大迷路の設置にGOサインを出したのは松井さん。きっかけは、偶然の出会いからだったという。

「港北ニュータウンの開発で造園を担当していたTさんが、私に提案してくれたんです。たまたま京都で同じ宿に泊まっていたNさんという男性が、関西地方でランズボローメイズを展開していた方だったようで」

松井さんが最終的に設置を決断した理由は「迷路は木材のフェンス等を使っているため、暫定利用施設として緑を大切にする港北ニュータウンのイメージにぴったりだったから」だという。

 

茨城県のランズボローメイズの様子。こちらも提供者はのちほどご紹介!

 
オープンセレモニーは、ランズボローメイズの故郷・ニュージーランドの大使が駆けつけるほど盛大に行われた。

 

茨城県内のランズボローメイズのオープニングセレモニー。この人物の正体ものちほど!

 
来場者数や面積などの記録は、すでに書類が破棄されているため残念ながら分からない。ただ、1週間ごとにコースを変化させていたためリピーターが多かったのは確かだそうだ。
 
 
貴重な写真の入手と、巨大迷路考案者とのコンタクトに成功!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事