ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

    いずみ野にある横浜最強と名高い定食屋さんの「丸や」の取材をお願いできますでしょうか。なぜ海から(駅からも)遠い場所で営業しているのか。どうしてこんなに美味しい料理がこんなに安いのかが気になります。

    コビン・ケスナーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

グランモール公園は工事でどう変わる?/スプレー書きの国名の意味は?/横浜美術館前の噴水の復旧は?(ta-TAさん/KUMIさん/じんパパさん/sariさん/アンクル商會さん)

はまれぽ調査結果

ベンチなどが作られ、滞在性のある憩いの場となる。スプレーで書かれていた国名はベンチのレンガの積み方。噴水は2016年秋には稼働を再開した。

ライター:福原 麻実 (2017年01月05日)

横浜美術館やマークイズの目の前に広がるグランモール公園が現在リニューアル工事中とのこと。

グランモール公園とは、みなとみらい二~四丁目にある総面積約2万3000平方メートル、下図のように、すずかけ通りとさくら通りの約700メートルを結ぶ非常に長い公園である。
 


図の緑色の部分すべてがグランモール公園

 
2016(平成28)年の夏から横浜美術館前の噴水も「故障している」とのキニナル投稿があるが、現在はどうなっているのだろうか? また、公園のリニューアル後はいったいどんな姿になるのだろう? 早速調査へ!



現地調査へ

まず、以下の2枚の写真は、2016年7月に撮影した噴水の姿である。

 

「噴水運転停止中」という張り紙がプランターに貼られていた


広大でフラットな噴水部分は、ここも通路のよう。水は出ていなかった

 
そしてこちらが、2016年12月上旬の様子である。
 


噴水は修復が終わって、稼働しているようだ

 
公園の両端では工事が行われていた。青いフェンスが連なる、その向こう側では・・・
 


工事が広範囲で行われ


レンガが積まれていた

 
そして投稿にもあったように、スプレーで国名が書かれた何かがあった。
 


これは「ドイツ」で


こちらは「イギリス」と書かれている

 
ほかにも「オランダ」らしきものもあった。これらの国名の意味は? 何種あるのか? そしてそもそも、これは何なのか?

リニューアル工事について詳しく知るために横浜市環境創造局を尋ねた。
 
 
どうして国名がブロックに書かれているの?・・・続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事