ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    またまた反町ネタ(?)ですが、以前反町交番から国道1号線につながる道の途中・・・有名な中華そば「八龍」さんの並びのビルの2Fに「侍」というステーキ屋さんがありました! ランチタイムにはかなりお得な価格...

    かもめぼんぼんさん

    羽衣町にワンタンスープ専門店「くぬぎ屋」があります。券売機を見たら雲呑麺は無く雲呑スープだけがある事がわかりました。何故スープだけなのかがキニナリます。

    bjさん

    三ツ境のOKストア裏手にある「イレブン」というお店は、カラオケだけでなく骨盤矯正を売りにしている模様で前を通るたびにキニナります。更に結婚式を無料で挙げられる!らしいのですが、果たして実績があるのか、...

    町田県民さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

今年の横浜DeNAベイスターズは何位? CS出場可能?

まだあきらめない! ここから優勝でしょ!
2位に入って、目指せ! 本拠地CS開催!
今年も3位で、CS出場!
4~5位に転落するかも!?
まさか・・・最下位?
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
5位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
11位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
12位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
13位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
16位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
17位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
18位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
19位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
20位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
25位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
28位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
29位
空襲体験者が語る、湘南地域を襲った空襲被害とは?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

伊勢佐木町のミニシアター、JACK&BETTYが25周年だそうです。横浜の映画館やミニシアター、また映画の歴史なんかレポートしてください。(Kane-gonさん、マサスーンさん)

はまれぽ調査結果

2016年12月に開館25周年を迎えた「シネマ・ジャック&ベティ」記事の後編では、ジャック&ベティの今とこれからについて紹介

ライター:紀あさ (2017年01月13日)

2016(平成28)年12月に開館25周年を迎えた「シネマ・ジャック&ベティ(以下ジャック&ベティ)」。10年前に20代の若者3人で運営を引き継いだが、初めての映画館運営は手さぐりで苦労の連続。1日に6回上映して観客ゼロという日もあった。
 


それから10年間、入場者数は毎年増加

 
そして今では横浜を代表するミニシアターに成長した。前編に続き、後編では、ジャック&ベティが今の地位を確立できた秘密と、劇場のこれからを紹介する。



ファンを引き寄せる取り組み

まず第一に、上映プログラムが魅力的だ。

支配人の梶原俊幸(かじわら・としゆき)さんらがジャック&ベティを引き継いだ2007(平
成19)年当初はシンプルだった上映プログラムだが、年々工夫を重ね、現在はジャック館ベティ館ともに1日に数本の作品を上映している。
 


1日の作品数の変化

 
2016(平成28)年の年間上映作品数は約330本。2作品連続で見る人も多いそうで、ジャック館で見たあと、次の映画をベティ館で見たり、あるいはその逆もできるように配慮されている。

映画関係者からの信頼も厚く、監督兼女優の杉野希妃(すぎの・きき)さんは「映画が出来ると最初に梶原さんに上映の相談をする」というほど。
 


ロビーの顔出し看板で遊ぶ杉野さん

 
上映プログラムは、映画館やウェブサイトでも確認可能だが、「メンバーズクラブ」の会員になると4週に一度、印刷されて自宅に届く。

年会費は2000円で、会員と同伴者一名の映画鑑賞料金が毎回300円引きになるほか、誕生月に無料映画招待券が届くなど、お得な特典がいっぱいある。
 


会員カードと送付物

 
無音声の映像と生伴奏を合わせたサイレント映画の世界をジャック&ベティで再現している人がいる。ピアニストの柳下美恵(やなした・みえ)さんだ。

同館は数少ない ピアノの常設館のひとつで、彼女によると、これは「運命のピアノ」だそう。
 


ベティ館でサイレント映画『ジャックと豆の木』の伴奏をする柳下さん

 
調律師の友人から「いいピアノが倉庫にあるが、前所有者が家のサイズに合わせるために角を削ってしまった。品質の良いピアノだけれど販売できない」と紹介されたボールドウィン社のピアノが、色もジャック&ベティにぴったりで、4年前に寄贈された。

現在、春と秋の年に2回、柳下さんの伴奏でサイレント映画を上映しており、柳下さんは「ジャック&ベティはわたしにとって心のふるさと。ここにくるとほっとする。あったかい感じがする」と微笑んだ。
 


銀幕前の常設ピアノ

 


音声ガイド付上映や映画祭も

ジャック&ベティでは毎月第1日曜日に、「ヨコハマらいぶシネマ」というボランティアチームとともに独自の音声ガイド付き上映をしている。

同チーム代表 の鳥居英和(とりい・ひでかず)さんは、元盲学校の教員。「梶原さんに相談されて8~9年前から取り組みました。面白いことを考えて実際にやっちゃうジャック&ベティは最高」と語る鳥居さん。
 


「来月2月は、ロマンポルノに音声ガイドがつきますよ」

 
目が見えても、聞いてみたい!

また映画祭も特徴のひとつだ。よこはま若葉町多文化映画祭、横浜中華街映画祭、横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル、ヨコハマ映画祭など、各種映画祭の主催あるいは上映会場となっている。これほどの数の映画祭と関わる映画館は珍しい のではないだろうか。それはひいては、横浜の人々がそれだけ映画に関わっている証といえるかもしれない。

梶原さんが支配人になり2年目に開催した「第1回黄金町映画祭」は、現在は名称を変え規模も大きくなった「横浜みなと映画祭」に繋がっている。
 


横浜みなと映画祭スタッフの、すずしかさん「ジャック&ベティは第二の故郷です」

 
 
街に飛び出す映画館 まだまだある、ジャック&ベティの魅力は次のページへ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事