ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「日本ポールウォーキング協会」の事務局が馬車道駅近くにありました。本部は鎌倉市にあるようです。はまれぽエリア内なので、活動内容について実際に参加してのレポートをお願いいたします。

    羽後人さん

    横浜駅西口繁華街エリアの狭い路地にある、「いけばな 小原流教授」という看板を出している古いおうちが気になる!横浜駅西口を出て、橋を渡ってすぐのビックカメラ横浜西口店の角を左折して、FEELCYCLEと...

    hiziriyaさん

    戸部駅前の居酒屋NAGATOが気になります。戦艦の写真があったりで、中が気になるのですが、二階にあって外から覗けないので、是非調査お願いします!

    あずいちさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

JR桜木町駅に新しく改札ができるそう。どこにどんな目的でできるの? 実際どのくらい便利になる?(はまれぽ編集部)

はまれぽ調査結果

2020年を目標にJR桜木町駅の南側に新改札を設置。新市庁舎の開発が進む北仲通地区や馬車道・野毛への回遊性向上と駅の混雑緩和が目的

ライター:幸谷 亮 (2017年02月10日)

2017(平成29)年の年明け早々、JR桜木町駅の南側に新しく改札口が設置されるという情報をキャッチ。新聞の記事によると新改札の設置には北仲通地区の開発が関係しているそうだ。

改札口はどこに設置されるのか? どのように便利になるのだろうか?
詳細を調査していくことに。

まずは現状を確認するために現地へ足を運んでみることにした。
 


JR桜木町駅


現在、JR桜木町駅には野毛や馬車道、北仲通方面に抜ける「南改札」と、みなとみらいや紅葉坂方面に抜ける「北改札」の2つ改札がある。そして、新たに3つ目の改札が追加されるというのが今回のトピックである。
 


JR桜木町駅の構内MAP
 

2014(平成26)年に開設された北改札
 

すでに南改札があるが、設置場所はどの辺りを予定しているのだろうか?




まずは新改札について市の担当者に聞いてみた

実際、どの場所に新改札設置を検討しているのか、そして何が目的なのか。
市役所に問い合わせたところ、横浜市都市整備局が管轄しているということで、行ってみることに。
 


JR関内駅の目の前にある横浜市庁舎


さっそく、同局都市交通部都市交通課・鉄道事業推進担当の千葉健志(ちば・たけし)課長、同課の梅田浩(うめだ・ひろし)係長に質問をぶつけてみる。
 


「課の方針」により顔出しはNG


まずは、JR桜木町駅のどの辺りに新改札の設置を検討しているのか確認したところ、「すでにある「南改札」よりも南側、地下道入口などがある広場近くを予定しています」と千葉担当課長。
 


Googleの航空写真で場所を確認
 

設置予定場所は横浜桜木郵便局とバーミヤンの間あたり
 

ここが新改札の設置が検討されている場所
 

向かって左隣にあるバーミヤン(2017年1月末で閉店)
 

向かって右隣にある横浜桜木郵便局


新たに駅の南側に改札を設置する目的としては、「民間開発ビルや新市庁舎の建設が進む北仲通地区の再開発」が大きく関係しているとのこと。2015(平成27)年度にJ Rが行った調査によると、JR桜木町駅の1日あたりの乗降客数は13万7000人。北仲通地区の整備が完了する2020年以降は、1日あたり約4万人の増加を見込んでいる。
 


新市庁舎は2017年8月に着工予定


そこで、北仲通地区や馬車道地区、野毛地区への回遊性を向上させたいという横浜市の思いと、駅の混雑緩和によるサービス向上を図りたいというJR東日本の思いが重なり、方向性が定まったようだ。
 


位置関係はこのようになっている(Google mapより)


また、開発が進む北仲通地区と桜木町駅を結ぶデッキの整備も進行中とのこと。これにより、さらに利便性が向上して、回遊性が高まることが期待される。
 


現状、桜木町駅周辺に設置されているデッキ


新改札設置の計画は2014(平成26)年度に持ち上がったが、方針が定まったのは2016(平成28)年の秋ごろ。

市によると整備にかかる費用は概算で約25億円を予定。現状では、横浜市とJR東日本で「応分の負担」としており、新改札の設置場所などを含め、最終決定は「2017年度中」としている。

なお、新改札の完成目標は「北仲通地区の再開発や新市庁舎の完成のタイミングに合わせて、2020年に設定しています」とのこと。

また、もう一方の事業主体である東日本旅客鉄道株式会社の横浜支社にも南側に改札設置の目的を聞いた。
 


横浜駅から歩くこと10分
 

総務部企画室・副課長 開発推進プロジェクトリーダー村岡卓(むらおか・たく)さん


村岡さんによると、JR側の南改札設置の意図としては、市の言う通り混雑緩和によるサービス向上が主な目的。

なお、北口改札が先に設置された理由については「北改札設置の計画がスタートしたのは2009(平成21)年ごろ。その時点では、新市庁舎の建設地が決定していなかったので、南側に改札を設置するという話には至りませんでした」と村岡さん。

そして、今後の予定についても聞いてみたが、JR桜木町駅に4つ目の改札ができる計画は今のところないそうだ。
 
 
どれだけ便利になる!? 実際に歩いて徹底調査!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事