ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    神奈川県立歴史博物館で戦中アメリカの空爆で多数の死者がでてそれ以降その建物の地下室では霊の声が聞こえると本で読みました。編集部の方に一昼夜地下室に滞在してもらいレポートをお願いします。

    shisamanoさん

    横浜市旭区上白根町にある四つ葉って所のカフェみたいな所があるのですが、フリースペース貸すとか、オシャレな缶とか何かが飾ってあったりと何のお店なんでしょか?調べて下さい!お願いします。

    ヨコハマ太郎さん

    川崎市幸区ラゾーナの提携駐車場に出汁の自動販売機が有ります。何でこんなところに??そしてその味は???

    しっちょんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
元横浜DeNAベイスターズ選手のセカンドキャリアとは?-内藤雄太さん-
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
4位
【編集部厳選】知ってるようで知らない、横浜の老舗のアレコレ!
5位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
6位
【はまれぽ名作選】なぜ横浜「県」じゃない?神奈川を県名にした理由とは!?
7位
地域の繋がりがまだここに! 横浜の「子どもも大人も集う駄菓子屋」に突撃!
8位
日ノ出町駅裏側の崖上の住宅街にある面白スポットを調査!
9位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
10位
「3位から日本一」へ! 2017年横浜DeNAベイスターズ、シーズン最終戦をレポート!
11位
【はまれぽ名作選】かつて相鉄線の上星川と西谷の間に「幻の駅」があったって本当!?
12位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
13位
【編集部厳選】このデッカイやつ、何もの?
14位
屋根のない2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」から見た景色は?
15位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
16位
【編集部厳選】目印にならない? 変わったバス停の名前!
17位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
18位
【編集部厳選】横浜の百貨店「栄枯盛衰」物語!
19位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
20位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
21位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
22位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
23位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(10月5日~10月11日)
24位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
27位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(9月21日~9月27日)
28位
【I☆DB】ハマスタで日本シリーズを! クライマックスシリーズPVの様子をレポート!
29位
【はまれぽ名作選】中区にある日本最古の理容店・柴垣理容院について教えて!
30位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

中古タイヤ市場 相模原店に突如、レトロ自販機が設置されました!現時点で「神奈川で唯一のレトロ自販機設置店」だと思いますが、なぜタイヤ屋さんがレトロ自販機を設置したの?(スさん)

はまれぽ調査結果

2016年12月に設置。レトロ自販機を愛するオーナーのコレクションが並ぶ。2017年3月中旬にさらに拡大予定

ライター:カメイアコ (2017年02月16日)

レコードに古着、着物など、若者を中心に古き良きものが見直される昨今。その世代の人たちには「懐かしい」と郷愁を呼び起こし、若者たちは「新しい」と熱狂する

そんなレトロブームは、なんと自販機にまで及び、動画投稿サイト「YouTube」の影響もあり、レトロ自販機巡礼が密かなムーブメントとなっている。そんなレトロ自販機が、2016(平成28)年12月に突如、神奈川県のある場所に設置されたというのだ。



レトロ自販機を求めて

レトロ自販機のある場所は、なんと中古タイヤを専門に扱う「中古タイヤ市場 相模原店」というお店だという。タイヤとレトロ自販機、果たしてどのような結びつきがあるのか。
 


店頭にはタイヤ交換などに必要な工具が並ぶ


どの駅からも結構離れた立地(GoogleMapより)

 
「中古タイヤ市場」は中古タイヤ、ホイールの販売、ホイールの修理、買取りを行う企業だ。同店のほかに愛川店、相模原にリペア工場、厚木には集荷センターを展開している。お話を伺ったのは、広報の新倉誠一(にいくら・せいいち)さんだ。

 

外車にも強く、リーズナブルなのがウリ


塗装はオーナーのセンスで行う


ミニマルアートみたい!

 
品ぞろえの豊富さは圧巻の一言。作業受付は午後6時までで、週末は特に盛況で、待ち時間もそれなりにあると言う。そこで、オーナーが思いついたのが、自販機の設置だったという。

「最初は従業員とお客さんのために設置したのがきっかけでしたが、今では方々から自販機マニアの方が足を運んだり、中高生が珍しいと遊びに来たり、連日にぎわっています」と新倉さん。

 

目玉である「うどん・そば」のほかにも自販機がいろいろ

 
40~60年前の自販機が並ぶ予定だが、古いものなので当然ながらメーカーも対応できる範囲を超えている。オーナーが一から部品をばらして、使えるように修理を行うそうだ。もはや、趣味を越えているというわけ。
かなり貴重なもののはずだし、当初はオーナーの大切なコレクションだった。一般の人が自由に使えるようにしたのはなぜなのか。

「これを見て懐かしいと思う人もいれば、使い方が分からない若者もいる。替わりのきかない貴重なものだからこそ、いろんな方に使ってみてほしいし、良さを知ってもらいたいという考えです」と新倉さん。

 

これまたレトロなカップ麺の販売機。その“ボタン”が・・・


何者かに壊されてしまった!(オーナーが修理済み。傷が残る)

 
「故意に強い力で叩く」ことがなければ、絶対に有り得ない破損の仕方だったと新倉さんは言う。
このサイズのボタンを付け替えようにも、すでに自販機の販売を終了し、部品も残っていないので、新しいものに付け替えることも叶わない。本当に、本当に貴重なものだし、オーナーや新倉さんらの粋な計らいでレトロ自販機が現在も活躍できているのだから、愛を持って我々も扱いたい。

 

古いモノって、存在そのものが愛らしいじゃない

 
誰にでも、小さいころ大切にしていたぬいぐるみや車のおもちゃ、それを見ただけで、「あぁ、こんな時代もあったなぁ」と一瞬にして、当時にタイムスリップさせてくれるモノがあるのではないだろうか。
この自販機も同様で、いろんな人の役に立ち、愛情を注がれてきた唯一無二の存在なのだ。

 

うどん・そばの自販機は念願叶って手に入れた大切なもの


こちらがうどん・そば自販機の内部


手洗い可能な流しも設置し、食品関係営業許可も取得済み

 
うどん・そばの自販機は、つゆの量や味の調整が難しく、食品を扱うということから、食品衛生局へも許可を取っている。設置するまでに幾多の困難があったが、やはり「貴重な自販機をいろんな人に使ってもらいたい」という思いから、すべての条件をクリアして、2016年12月にようやく設置までこぎつけた。

 

割り箸と薬味も備え付けられている

 
毎朝うどんを食べにくるという男性に遭遇した。いつものように小銭をいれ、うどんのボタンを押し、受け口から出てきたうどんを取り出した。慣れた様子で割り箸や七味を自販機から取り出して、勢い良くずずっとすする。白い湯気が男性の鼻をかすめる。

 

その光景に我慢できず、我々もいただきました


カメイはそばを選択。うおー高まるー


うどん・そば共に1杯300円


七味と一味のストックがハンパない

 
「お客さんたちが持ってきて、置いていってくれるんですよねぇ。一味が良いって人もいるでしょ」とお客さんたちが、各々にカスタムするらしい。それほどに愛されるうどん・そばのお味はいかに。

 

沁みる~

 
下に溜まったつゆを混ぜて、一口。五臓六腑に染み渡るうまさだ。ちょっと濃いめの汁が寒空の下ではありがたい。麺もつるりと喉越し良く、かき揚げは目視で分かるくらい大きなエビが入っている。あったらあったでやっぱり嬉しい、紅白かまぼこの存在もにくらしい。

 

ポップコーンの自販機も楽しい仕掛けがいっぱい

 
ポップコーン(150円)は、購入すると自販機内で調理が始まる。その時間120秒。しかし、この待ち時間さえも愛おしい。自販機から音声ガイドがあり、これまたちょっと古めかしいポップな音楽が流れるのだ。ルーレットゲームを終えて、ポップコーン完成。

 

表情が完全に子どもに戻っている

 
ほかにも瓶コーラや、駄菓子、カップラーメンの自販機などが設置されており、バラエティーも豊かだ。中に入っているものをよく見ると

 

「あたり前田のクラッカー」だ!!

 
今や類似品の多い昔ながらの駄菓子も、すべてオリジナルを販売している。オーナーがさまざまな仕入れ先を回ってでも、なんとか仕入れたいという思いがメーカーを動かし、胸アツなラインアップになっている。

駄菓子は、同社が経営している「サンライズマート」というコンビニから商品をピックアップしている。そのコンビニにも、駄菓子や自販機があるというので、世代的にどんぴしゃの編集部・オビナタとすっかりレトロ自販機のとりこになったカメイは、電車に飛び乗った。
 
 
駄菓子がいっぱいのお店へ! ・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事