ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

磯子区杉田に江戸時代観光地として有名だった「杉田梅林」があった?『杉田』という横浜発祥とされる品種の梅が?今でも『杉田』という梅が植えられている?(白マントさん・はんちゃんさん・三日坊主さん)

はまれぽ調査結果

16世紀の後半に、小田原城主北条氏の家臣・間宮信繁が、村民の副業として梅樹を植えさせた。妙法寺には今も原木が残る。

ライター:紀あさ (2017年02月18日)


「梅一輪一輪ほどの暖かさ」

松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪(はっとり・らんせつ)の句をふと口ずさみたくなる、春の始まり。江戸時代には「杉田の梅林」として知られたという磯子区杉田を訪れてみよう。

詳細を聞こうと調べていくと、杉田には梅に関する団体が実にたくさんあることが分かった。「杉田梅愛好会」、「杉田梅保存会」、「杉田梅復活推進委員会」、「杉田・梅塾」、「梅っ子応援隊」、「うめりんこクラブ」などなど・・・。
 


いかに杉田で梅が愛され続けていたのか

 
「杉田梅復活推進委員会」の一員であり、梅の木の特長や育て方などを学ぶ私塾「杉田・梅塾」の代表を務めており、「杉田梅愛好会」の立ち上げ時のメンバー でもあった、料理研究家の市原由貴子(いちはら・ゆきこ)さんを訪ねてみることにしよう。



杉田の梅の歴史

杉田・梅塾が拠点とするのは「杉田梅の木坂ハウス」。
 


磯子区杉田9丁目にある

 
ハウスを取り囲むこの枕木の塀に見覚えがある読者はおられるだろうか。なんと、この場所はかつて東京モノレールの走行実験が行われていた場所なのだ。
 


敷地の中に入ればすぐ梅の木がお目見え


梅、梅


自然光溢れるログハウスで


出迎えてくださった市原さん

 
杉田梅は、天正年間(1573~1592年)に、小田原北条氏の家臣・間宮信繁(まみや・のぶしげ)が杉田一帯の領主だったころに、村民の副業として梅実をとるために、梅樹を植えさせたことに始まったと言われている。

やがて周辺の村々にも広がり、元禄のころ(1688~1704年)には、3万6000本もの梅が村里を満たした。当時は「東京湾に入ってくる船が、観音崎沖までくると杉田の梅の香がした」とも言われていたそう。
 


観音崎から杉田までは直線で約20km (Google Mapに筆者書き込み)

 
その後、明治時代の中ごろから杉田梅林は衰えを見せ始める。暴風、塩害、樹木の老衰、そして戦争。戦後になって梅林復興を試みられたこともあったが、宅地造成が優先された時代の流れの中で、杉田梅林はその姿を消し、杉田梅は「幻の梅」となっていった。しかし、杉田以外に杉田梅の残された土地があった。それが小田原の曽我梅林(そがばいりん)だ。

「1880(明治13)年に、小田原の旧家・穂坂家の穂坂銀太郎(ほさか・ぎんたろう)が杉田の梅の苗木を小田原の曽我に植樹したところ、曽我の梅林のほとんどが杉田梅で埋まるほど育ったそうです」と、市原さん。

「杉田は海に近すぎる土地で、田畑には適さなかったけれど、梅ならばよく育ちました。小田原もまた似たような土地です。厳密なことをいうと、『杉田梅』という呼び名は杉田を出てはじめて、小田原の人に呼ばれるようになった名称です」
 


穂坂銀太郎のひ孫が語った話がおさめられた『祝福の梅話』より

 
日本人が日本のお米をわざわざ日本米と呼んだりしないのと同様に、杉田の人は地元の梅に「杉田梅」と は名付けていなかったそうだ。

かつて杉田梅林には、「浪花」、「薄紅梅」、「種割」、「青梅」、「豊後」、「五良左衛門」など数種類の品種が存在したが、穂坂さんにより小田原に受け継がれたのは、そのうちの「五良左衛門(ごろうざえもん)」。

そのため現在「杉田梅」と呼ばれているのは、あくまでも「五良左衛門」のこと。そのため、「『杉田梅』ではなく、『杉田“の”梅』と呼んだ方が正確なのでは」という人もいるのだそうだ。
 


小田原・曽我梅林での写真

 
現在、小田原の農家は農協の推奨種の梅などが主流で、「杉田の梅」の割合は減った。しかし、今なお、小田原に住む穂坂家の子孫が「杉田梅」を守り抜いているそうだ。

梅の実は異種の梅と受粉する可能性もあるため、梅の純正種を残すためには種子からではなく接ぎ木で育てる。市原さんの所属する杉田梅復活推進委員会は、毎年小田原の曽我梅林から杉田梅の長枝を仕入れ、台木に接いで育てている。
 


接ぎ木2年目の梅、まだ背丈よりちっちゃい

 
多い年には100本ほどの接ぎ木用の長枝が小田原から杉田に来るのだそうだ。

小田原北条氏の家臣が杉田に植えた梅が、小田原で育まれ、また杉田へ。世代を越えた往来で、いつか杉田が再び「杉田梅」の街になる日がくるかもしれない。
 
 
始まりの1本、杉田梅の原木に出会いに・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ワンランク上のおもてなしをあなたに! イチオシプレミアム

85年以上も続く大倉山梅林の歴史とは?

横浜の梅がきれいなスポットと、今年の開花状況は?