ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜西口駅ビルについてはJRが建設中ですが、どんな商業ビルになるのか、すごく興味があります。アトレでは今や沢山あり過ぎなので、出来れば もっと斬新で お洒落な感じにならないかと。絶対、調査してもらえ...

    たかし君さん

    二俣川駅南口の商業施設が「ジョイナステラス」と発表されましたが既存施設である「相鉄ライフ」との差別化が不明確。スーパーの「そうてつローゼン」と大規模ショッピングセンター「相鉄ジョイナス」、そして中小規...

    よこはまいちばんさん

    以前記事になった横浜市境を自転車で探索するやつを読みました。なかなか自分自身で回る事もないので面白かったです。隣の市境や市内の区境もやってみて欲しいです。出来たらTV番組「ぶらり●中下車」的に面白いお...

    でっちさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
5位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
9位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
10位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
11位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
14位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
19位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
25位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
26位
工場見学もリニューアル! 崎陽軒の横浜工場内で新弁当製造ラインに潜入!
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
29位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
30位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜北線の開通前に横浜市が主催する市民参加型のイベント(マラソン、ウォーキング等)は企画されているのでしょうか/開通直前レポート、お願いします!(yjさん/sysさん)

はまれぽ調査結果

3月11日に開催された「トンネルウォーク」には、約1万5000人が参加。めったにできない体験や展示に、「参加してよかった!」との声が多数

ライター:関 和幸 (2017年03月17日)

いよいよ2017年3月18日に、首都高速道路横羽線と第3京浜を結ぶ「横浜環状北線(路線名:高速神奈川7号横浜北線、愛称:きたせん)」が開通する。

首都高速道路の生麦JCT(ジャンクション)と第3京浜の横浜港北JCTをつなぎ、その路線延長は約8.2km。うち5.9kmは、周辺環境に配慮して「トンネル区間」となっている。

 

路線の愛称は「きたせん」。羽田空港やアクアラインへのアクセスが容易になる

 
本路線への出入り口(IC=インターチェンジ)は、「新横浜出入り口」「岸谷生麦出入り口」「馬場出入り口(本出入口のみ開通は2019年度)」の3つ。

今回の開通により、横浜北JCTから羽田空港まで従来は約40分かかっていたところが、約30分に短縮されるという。また、周辺の生活道路の交通量が減り、住宅地での安全性が高まることも期待されている。
 


ちなみに、キニナル通行料金はこちら

 


5.9kmの「トンネルウォーク」!

さて、この新たな路線の開通記念イベントとして、「きたせん」を使って3月11日に「ウォーキング」が、3月12日には「マラソン」が行われた。本レポートでは、そのうち3月11日に行われたウオーキングイベント、「トンネルウォーク」について報告する。
 


トンネルウォークのコースマップ

 
「トンネルウォーク」は「きたせん」の約7割を占める「横浜北トンネル」の入口付近を利用し、新横浜側の「新横浜会場」と生麦側の「岸谷生麦会場」の2会場で行われた。
 


左が新横浜会場、右が生麦会場(クリックして拡大)

 
開催目的は新しく開通する「きたせん」に親しんでもらうとともに、さまざまな高速道路にまつわる技術を紹介することで交通安全意識を高めること。

事前応募した参加者、約1万5000人が「路線開通後は入れない高速道路のトンネル内部を自由に歩き回り、さまざまな施設や展示を楽しめる」という内容だ。なお「新横浜会場」と「岸谷生麦会場」の展示内容はほぼ同じであり、かつ「新横浜会場」のみの展示があったため、今回は「新横浜会場」に絞って取材を行った。
 


会場へ向かう途中の表示。期待が高まる

 
当日の午前9時30分、編集部・ヒロセと受け付けをすませた後、普段は歩くことのできない高速道路上の料金所を徒歩で通過し、新横浜側のトンネル入口へと向かう。午前10時のイベントスタートを前に、すでに大勢の人が集まっていた。

 

料金所を徒歩で通過する。なかなかできない経験だ


新横浜側のトンネル入口


午前10時、イベントスタート!

 


興味深い展示が目白押し。大変な行列ができるほど!

イベント開始後は、文字通りトンネル内を自由に歩き回ることができた。コースマップに掲載されていた展示は「高度道路ではたらくクルマ展示」「横浜北線紹介コーナー」「トンネル防災設備コーナー」「点検技術紹介コーナー」「すべり台式非常口体験」「スタンプラリー」など、全部で13種類。その中で特に興味深かったものを紹介したい。

 

トンネル内の非常口。なかなか使ったことがある人はいないのではないだろうか?


なかを見てみると・・・


こんな避難通路に続いている

 
このようにトンネル内の設備に直接触れることもでき、そのほか・・・

 

高速道路で働くクルマも目の前で見られる

 


マスコットキャラクターの競演! なぜか「あのキャラ」も・・・

働くクルマコーナーを通過したあたりで、マスコットキャラクターが出迎えてくれた。いずれも「きたせん」や「高速道路」にまつわるキャラクターなのだが、そのなかになぜか「崎陽軒」のキャラクター「ひょうちゃん」が。「ひょうちゃん」ファンの編集部ヒロセ、大喜びである。

 

「きたせん」が走る港北区のマスコットキャラ「ミズキー」


快適な高速道路通行に欠かせないETCのマスコットキャラ「ETC2.0くん」


なぜか駆けつけた崎陽軒の「ひょうちゃん」

 


高速道路にまつわる数々の展示

さらに進むと高速道路にまつわるさまざまな品物が展示されていた。一つひとつ見て行くと、時間が経つのを忘れてしまうほどだ。

 

高速道路の「横断幕」をリサイクルしたトートバッグ。とても丈夫らしい


非常用電話の内部。緊急連絡先にボタンひとつで繋がる


トンネル内に50メートル間隔で設置された泡消火器


地震時などに道路のヒビ・段差を応急処置する資材の紹介


大幅に軽量化(25kg→5kg)された「軽量土のう」。従来品よりも圧倒的に軽い!

トンネル内の放水設備。毎分280リットルの水を噴霧し、トンネル内火災の延焼を防ぐ

 
ちなみにこちらが「新横浜会場」限定のプロジェクションマッピング。「きたせん」開通により結ばれる港北・新横浜エリアと臨海エリアの「つながり」を音と映像で表現している。
 


「CONNECTION 〜Yokohama North Line〜」と名付けられた動画展示

 
 
まだまだ続く「トンネルウォーク」! キニナルつづきは、次のページ!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事