ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅近くに電子タバコの看板を見つけました。ビルの中にあるので入る勇気がありません。お店の雰囲気とか電子タバコってどんなものなのか凄くキニナル!

    ミケキャットさん

    以前の報告で取り上げられた戸塚区の「俣野別邸」が完成し、4月から公開されています。ほぼ新築なので正直違和感もありますが、その風情は鎌倉の旧前田邸、古河邸に勝るとも劣らないレベルです。住友家の別荘時代か...

    栄区かまくらさん

    港北区のゆるキャラ「ミズキー」。ミズキーの着ぐるみが空いている時は、申請して通れば地域のイベントで貸し出してくれるそうです。ミズキー着ぐるみがどれくらいの頻度でどんなイベントや祭りに借りられてるのか、...

    烏龍茶さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
3位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
8位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
9位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
10位
横浜市職員の給料は高いのか!?
11位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
12位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
13位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
14位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
15位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
16位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
17位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
18位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
19位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
20位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
21位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
22位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
23位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
24位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
25位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
26位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
27位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
28位
三崎のシャッター商店街に開店した元Jリーガーの接骨院って、いろんな意味で大丈夫?
29位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
30位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

本牧通りの三之谷~二之谷バス停にかけて桜の木が伐採されました。景観を損なうほど、大量の桜の木を同時期に切り倒す必要があったのでしょうか。残酷な伐採に住民の声は反映されたのでしょうか(masasさん)

はまれぽ調査結果

老朽化により倒木の危険性がある桜の木を植え替え更新中。意見交換会を実施するなど、地域住民が合意した計画で、6年かけて終わらせる予定。

ライター:幸谷 亮 (2017年03月20日)

山手警察署前から間門(まかど)交番前をつなぐ本牧通りの歩道には、およそ2kmにわたってソメイヨシノが並び、例年3月下旬から4月上旬にかけて華やかな桜並木が堪能できる。地元の方はもちろん、ドライブがてらに車窓から桜を楽しむ見物客などもおり、花見スポットとしても有名な通りだ。

 

近くには観光地としても有名な三渓園がある(Google mapより)


本牧通りに春の訪れを告げる桜(画像提供:横浜市中土木事務所)

 
しかし、である。そんな本牧通りの桜並木に異変が起きているらしい。キニナルに寄せられた投稿によると、どうやら「三の谷~二の谷バス停にかけて桜の木が大量に切り倒されている」とのこと。
 


三の谷~二の谷バス停の地図(Google mapより)

 
それが事実であれば、そろそろはじまる花見にも影響しかねない。
そこで、なぜ大量の桜の木を同時期に切り倒したのか、そして、それはどこでどのように決められ、住民の声は反映されたのか。これらのキニナルを解決するため、本牧通りの桜並木を管轄する中土木事務所へ向かった。
 


関内駅から徒歩7〜8分で到着

 
2011年の台風15号がきっかけとなった
 
さっそく、道路係長の曽我公一(そが・こういち)さんに質問をぶつけてみる。
まずは、桜の木を切り倒す経緯について確認すると、「そもそものきっかけは、2011(平成23)年に発生した台風15号により、本牧通り沿いの桜の木が倒れたことです」と曽我さん。
 


台風15号の影響で桜の木が1本倒木(画像提供:横浜市中土木事務所)

 
台風15号による被害は、曽我さんが中土木事務所に赴任する以前の話ということで、当時の状況を推測であると前置きしたうえで教えてもらった。
「何十年も前に植えられた桜の木なので、老朽化を懸念する声が上がっていたのは確かです。しかし、景観を損なうおそれのある桜の木の整備を、倒木など何の問題もないまま横浜市の独断で進めるのは難しい状況だったと推測できます」と説明してくれた。
 


本牧通りには老朽化により衰弱している桜の木が多数見られる

 
とはいえ、大きく成長しすぎたことで根上がりを起こした桜の木は、歩行者の通行の妨げになるだけでなく、倒木にもつながりかねない。中には傾斜している木もあり、危険であることに間違いはない。
そんな最中、台風15号により桜の木が実際に倒れる事故が起こったことで、本格的に調査に乗り出したのだ。
 


根上がりにより浮き上がった歩道

 
中土木事務所では、2008(平成20)年と2011(平成23)年に桜の木の健康状態を調べるために、樹木医による街路樹診断を実施している。診断の内容は、「外観診断」により、樹幹の内部などに過度な腐朽(ふきゅう)が発見された樹木を対象に「精密診断」を行い、樹木の強度を計測するというもの。
 


街路樹診断の様子(画像提供:横浜市中土木事務所)


腐朽の原因にもなる「キノコ」が生えている桜の木も

 
その結果、本牧通りに植えてあった296本の桜の木の内、およそ4割にあたる115本が「近い将来、腐朽により倒木するおそれがある」と診断された。よって、「植え替え更新が必要」と結論づけられたのである。

 
大量の桜の木を同時期に切り倒す理由とは!? キニナルつづきは、次のページ!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

大岡川沿いの桜の木がバサバサ伐採されているって本当?

三浦に一足早い春、「河津桜祭り」をレポート!

桜の名所・瀬谷区海軍道路、桜の木を一気に伐採する理由は?