ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

    市営地下鉄グリーンライン10周年記念装飾列車がどんな感じか知りたいです。

    HIDANAGAさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

イトーヨーカドー上大岡店が3月20日で閉店します。ヨーカドーそのものも気になりますが、国内1号店の「デニーズ上大岡店」もなくなってしまうのでしょうか?(黒霧島さん)

はまれぽ調査結果

イトーヨーカドー上大岡店の閉店にともない、デニーズ上大岡店も閉店。デニーズについては「状況を見ながら近隣への出店も検討したい」という。

ライター:福原 麻実 (2017年03月18日)

ファミリーレストラン「デニーズ」の日本1号店デニーズ上大岡店がまもなく閉店の日を迎える。なぜ閉店することになったのだろう? 今後は? そしてかつての姿は? 早速調査へ。


閉店1週間前のデニーズ上大岡店の様子はいかに?

まずデニーズを展開する株式会社セブン&アイ・フードシステムズに取材を申し込んだところ、閉店前、年度末の多忙な時期にもかかわらず、3月14日であれば取材に応じてくださるとのご回答をいただけた。

事前に調べたところによると、デニーズ上大岡店がオープンしたのは1974(昭和49)年。古くなってしまったから閉店するのだろうか? と思いながら現地に向かう。京急線上大岡駅から10分ほど歩き、住宅街に入るとイトーヨーカドー上大岡店が見えた。
 


 

低層なので遠くからは見えず、近づいて初めて見えるので「突然現れた」という印象だ。
 


43年ここに建っているだけあって、ちょっと古い感じの外観
 

「いらっしゃいませ、デニーズにようこそ!」の声に迎えられて、着席する。内装には古さが感じられない。
 


シーズン限定メニューは、朝食抜きの筆者には目に毒だった
 

閉店が1週間後に迫っていたこの日、店内は特に慌ただしい様子もなく、いつも通りの見慣れたデニーズの風景そのままだった。まるで取材の合間に食事にでも来たような気分にさせられるが・・・某新聞社が取材中であった。そうだ、ここは1号店という特別な場所で、もうすぐ長い歴史に幕を下ろすのだと、カメラマンの後ろ姿を見ながら実感する。


デニーズ国内一号店の歴史

お話を聞かせてくださったのは同社経営企画室の三木敏弘(みき・としひろ)さんとデニーズ上大岡店の山口隆雄(やまぐち・たかお)店長。
 


「1号店」の歴史と閉店の理由とは?
 

三木さんによると、デニーズ上大岡店は1974(昭和49)年4月27日、アメリカにあるレストランチェーン「デニーズ」の国内1号店として上大岡に誕生した。

1階には国内初のデニーズが併設されていて、そして屋上には当時珍しかった屋上駐車場を備えていたイトーヨーカドー上大岡店は、現在では古く見えるが、かつては非常に先進的だったのだろう。

当時の採用パンフレットやアメリカらしいメニューを見せていただいた。
その時代のアルバイトの時給が300円台だったことに対して、メニューの値段はそれを上回るものが多い。当時のデニーズはハレの日に行くような、キラキラした場所だったのだろう。


当時の採用パンフレット。とてもオシャレな制服!


このころのメニューはアメリカのデニーズとほぼ同じだったそう


当時と現在の違いを尋ねると、ハードの面では床が違ったという。昔は毛足の長い絨毯敷きで、お客さんが靴を脱いでしまうこともあったそうだ。そしてサービス面では、お客さんの入店から着席までの案内をしていたが、これは当時では珍しかったという。

ほかにもデニーズではコーヒーのおかわり自由というサービスもファミリーレストランでは初めて行った。「カップの底(bottom)が見える前に注ぎ足す」という意味で「ボトムレスカップ」という呼称が社内やスタッフの間で使われているそうだ。

  
閉店の理由とは? お客さんの反応は? キニナルつづきは、次のページ!

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事