ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

今回は「開店10年以上の"家系ラーメン・プチ老舗店"の店長が次に目指すラーメンとは?」をテーマに、西区平沼の「ありがた家」と中区末吉町の「晴れる家」をご紹介。

ライター:はまれぽ編集部 (2017年03月25日)

「ありがた家」のルーツと味について

相鉄本線平沼橋駅、横浜市営地下鉄ブルーライン高島町駅より徒歩5分ほど。「平沼一丁目」交差点付近に店舗を構えるのが「ありがた家」。
オープンしたのは2003(平成15)年10月。この地で10年以上に渡って営業を続ける“プチ老舗店”だ。

 

「ありがた家」に到着


席数はカウンター14席


メニューはラーメンのほか定番のトッピングがラインアップ


おすすめメニューは「お好きなラーメン+ネギめし」

 
お伺いしたのは午後2時30分を過ぎにもかかわらず、カウンターはほぼ満席。お客さんの邪魔にならないよう、お店の裏側に通していただき、さっそくお話をお聞きする。店長のお名前は木村豊(きむら・ゆたか)さん。修行先をお聞きすると「特に修行はしていない」とのこと。

それでは、お店を開店するまでは何をしていたのかと尋ねると、「実は兄と一緒に東京の戸越銀座で『木村家』という家系ラーメン店を営んでいました」と木村さん。
「もともと住宅関係の営業職をしていたのですが、大阪の実家が飲食店を経営していたこともあって、いつかは自分もお店を持ちたいと思っていたんです」と話す。
 


店長の木村さん

 
「兄が数ヶ月間だけ某家系ラーメン店で働いたことがあったので、『何とかなるかな?』と思い2人でお店を始めてしまいました」。・・・すごい勇気だと言わざるを得ないが、お店はうまくいったのだろうか?

「うまくいくわけないじゃないですか(笑)。でも、死に物狂いで勉強しました。そんな時、日吉の『らすた』さんで食べたラーメンがとても美味しくて、特に麺に感激して・・・調べてみると川崎の『染谷製麺』さんの麺であることが分かりました」
「すぐに連絡して『使わせてくれ』とお願いしたのですが、にべもなく断られました。それでも粘ってお店に来てもらい実際にラーメンを食べてもらったのですが『まずい』と言われてしまって・・・。『絶対に美味しいラーメンを作りますから!』って何度も何度も交渉してようやく使えることになりました」とのこと。これぞガチンコ交渉である。
 


染谷製麺(特注品)の麺

 
「だから私はまず『麺ありき』で味を作ってきたんです。染谷製麺の麺は、もちもちとしていてとても美味しい麺です。その麺をベースとして、味を決めてきました」と木村さん。

「結局『木村家』はたたんでしまったんですけど、味は『ありがた家』に引き継がれています」とのことだった。

「木村家」の閉店後、別のオーナーの出資のもと木村さんが“店長”として一から立ち上げたのが「ありがた家」だ。ここでも染谷製麺の麺をベースとし、厳選した素材で作り上げたスープと、選び抜いた徳島産のしょうゆを使いこだわりの一杯を作り続けている。

ふと、壁に目をやるとこのような表記が目に入った。
 


店内には、油「無し」の表記が!

 
「油(鶏油・ちーゆ)が入っていないラーメンは、個人的には家系ラーメンではないと思っていますが、お客さんからの要望もあって選択可能にしています。でも、初めて来店したお客さんがコールした時は、少しだけでも入れてもらうようにお願いしているんですよ」とのこと。

客層は成人男性をはじめ小さな子どもや女性客も多いとのことで、多様なお客さんへの木村さんの配慮が伺える。



実食レポート

実食するのは前回の記事と同じ面々。今回は「味玉ラーメン(800円)」をお願いした。あわせて、お店のオススメということで「ねぎめし(200円)」も用意していただくことに。

 

オーダーを受けてから作り始める


厨房内にたちこめる湯気


寸胴をかき混ぜ・・・


そしてスープをドンブリに投入


麺をかき混ぜて・・・


着丼


味玉ラーメン


ねぎめし


それではいただきます!

 
編・大日方:スープはマイルドでバランスがとてもとれていると思いました。麺はもちもちで、のど越しもやさしい感じです。

マーコ氏:うーん。言わば“オールド家系”を感じさせる味ですよね。濃厚過ぎないスープに程よいしょうゆ感と鶏油感が三位一体のテイストを作り出しています。家系の原点でありお手本のような、今となっては何か懐かしさを感じさせてくれる一杯だと感じました。あと、この味玉は人生トップ3に入るダントツの出来栄えです。
 


これが染谷製麺の麺です

 
編・広瀬:若干とろみがあるのかな? と思うようなスープは、甘さと優しい口当たりが印象的です。麺はもちもち! 臭みがなくほろっと崩れるチャーシューがすごくおいしい。
あと「ねぎめし」は、タレがさっぱりしていて、ラーメンの中では主張が強いともいえる「家系ラーメン」とあわせても食べ疲れというか、重たさがなくサクサク食べすすめられます!
 


「ねぎめし」はさっぱりと頂けます

 
編・大日方:ネギがたっぷりと載っているのがいいですよね。 見た目もとても鮮やかだし。ラーメンの海苔に巻いて食べても、とても美味しかったです。

マーコ氏:味付けされたライスのため、絶対に海苔巻きライスに合わないと予想していましたが、良い意味で裏切られました。海苔巻きライスの新たな可能性に気づかせてくれた家系メシだと思います。

実食を終え、店長に今後の夢について伺うと、「『ありがた家』のラーメンは自分が10年以上かけて磨き上げてきた味です。今後もブレずに精進していきたいと思います」とのことだった。

・鶏油(チーユ)の量 ★★★
・しょうゆ感 ★★★
・豚骨感 ★★★
・麺 染谷製麺(特注品)
 (★=5つが最大)
・ライス 100円
 
 
まだ作ってみたいラーメンがある「晴れる家」
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事