ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

30年以上前、「YOKOHAMA FREEWAY428」というブランドが流行っており、LPレコードも入るトートバッグが人気でしたが、最近見かけません。探して頂けませんか?(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果

今回、トートバッグを探し出すことはできなかったが、2017年4月に「FREEWAY428」が復活! トートバッグは2017年秋を目安に復刻版が購入可能に

ライター:幸谷 亮 (2017年03月28日)

読者から届いた「YOKOHAMA FREEWAY428(以下、FREEWAY428)とプリントされた布製バッグを探してほしい」というキニナル投稿。
 


「YOKOHAMA FREEWAY428」のブランドロゴ

 
投稿者の情報によると、「FREEWAY428」とは、30年以上も前に大流行した横浜近郊限定のブランドで、その中でも、LPレコードが入るサイズのトートバッグが人気だったようだ。

多少の“出落ち感”が否めないのを承知で結論から先に伝えると・・・残念ながら、投稿者が探しているトートバッグに巡り合うことはできなかった。
しかし、である。一旦、終息を迎えたFREEWAY428が2017年4月に復活を遂げるということで、今回トピックになっているトートバッグが復刻されることはほぼ確実だ。詳細は後述するとして、当時の人気アイテムであった「Tシャツ」や「スエット(トレーナー)」なども、復刻という形で再販されることが決定している。
 


当時、人気を博していたTシャツやスエット

 
そこでこの記事では、「FREEWAY428」の歴史を振り返ると共に、2017年4月にブランドが復活するまでの道のり、そして今後の商品展開などについて書き記していく。



「FREEWAY428」とは?

正直、34歳・宮城県出身である筆者は、調査を開始するまで「FREEWAY428」というブランド名すら聞いたことがなかった。
インターネットを使って調べてみると、どうやら茅ヶ崎と自由が丘に「FREEWAY428」なるショップが存在することが判明。さっそく茅ヶ崎店に問い合わせてみると、確かに30年以上前に大流行した「FREEWAY428」であるという。しかし、「今はコンセプトが異なるレディース専門のお店として営業している」とのこと。

とはいえ、ショップに行けばトートバッグをはじめとした当時の商品があるはず・・・。そんな期待を胸に「FREEWAY428 茅ヶ崎店」に足を運んだ。
 


最寄駅の茅ヶ崎駅

 
しかし、「FREEWAY428茅ヶ崎店」に残っていたのは、ロゴがデザインされたマグカップのみ。さらに、当時のコンセプトとは違うショップであることを理由に、店内や外観の撮影はNGとのこと。しかし、「FREEEAY428」のブランド創始者のひとりであるコジマさんから話を聞くことに成功した。
 


手書きのロゴがかわいいFREEWAY428のマグカップ

 
まずは、現存する「FREEWAY428」というショップについて確認すると、「看板としてはFREEWAY428で営業していますが、置いている商品はレディースブランドの『LUCY’S(ルーシーズ)』で、FREEWAY428の商品は扱っていないんですよ」とコジマさん。詳しく聞いてみると、FREEWAY428の商品は、7〜8年前を最後に姿を消したそう。



ブランドの歴史に迫る!

1975(昭和50)年にブランドが創設された当時は、アメリカで買い付けた古着を販売する業態で「FREEWAY」をスタート。当初は店舗を構えることなく、買い付けた古着をアメ横などに卸して利益を得ていたそう。
その後、中区長者町に敷地面積3〜4坪くらいのショップをオープン。そして、1980(昭和55)年にブランド名を「FREEWAY428」に改称して、ルミネ横浜店の開業と同時に移転。従来までのアメリカ古着の販売に加え、Tシャツやスエット(トレーナー)をはじめとしたオリジナルブランドの商品展開をはじめたそうだ。

 

「表舞台には出たくない」ということで顔出しはNG


当時、スエット(トレーナー)は珍しい存在だった


ボーダーのカットソーも当時の人気アイテムのひとつ


飽きのこないシンプルなデザインが特徴的なパーカー

 
すると、「ほかのショップが真似できないブランドのキャラクターがウケた」ことで、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集め、横浜を代表するファッションブランドとしての地位を確立。高校生や20代、30代の男女から絶大な人気を誇るまでに成長した。

しかし、1990年代後半にユニクロなどのファストファッションが世間から注目を浴びたことで、ファッションの中心がプチプラアイテムへと移行。その後もその傾向は変わらず、「FREEWAY428」は衰退を余儀なくされた。
最盛期には関東近郊で最大およそ10店舗を展開するまでに拡大した「FREEWAY428」であったが、年々、店舗を縮小していった結果、最終的には「茅ヶ崎店」と「自由が丘店」の2店舗まで減少。なお、前述の通り、現在では両店とも「FREEWAY428」の商品ラインアップは皆無であるという。



「FREEWAY428」の商標権を譲渡

しかし、ここで話は急展開。爆発的に流行していた時期を知るコジマさんの知人でもあり、株式会社クワッドの沼田さんという方に「FREEWAY428」の商標権を譲ったとのこと。タイムリーなことに、譲った時期は2016(平成28)年の夏ごろ。つまり、トートバッグをはじめとした「FREEWAY428」の商品を手に入れるチャンスが再来するということか・・・?
そこで、コジマさんを仲介役にして、沼田さんに取材を依頼。指定された場所は、東京都港区にあるJR浜松町駅から徒歩5分ほどの場所にある浜喜ビル。

「浜喜ビル・・・ハマっ子が喜ぶビル・・・?」
 


待ち合わせ場所の「浜喜ビル」

 
運命を感じずにはいられないビル名に心躍らせて呼び鈴を鳴らす。出迎えてくれたのは、コジマさんの知人でもあり、株式会社クワッド代表取締役の沼田隆志(ぬまた・たかし)さん。そして、沼田さんのビジネスパートナーであり、アパレルブランド「smart spice(スマートスパイス)」のデザイナーを務める佐伯幸治(さいき・こうじ)さん

まずは、株式会社クワッドがどういう事業内容の会社か聞いてみると、「主にアパレル製品を海外で生産・販売している会社です」とのこと。沼田さんは、トートバッグをはじめとした「FREEWAY428」のアイテムを学生時代から愛用していたひとりでもあるそう。
コジマさんから商標権を譲り受けるにあたって、昔愛用していたトートバッグを探したが、見付られなかったとのこと。なお、コジマさんと沼田さんは、クワッドと同業種の会社でサラリーマンとして働いていたころからの仲で、長者町に店舗を構えていた当時からの知り合いである。
 


取材に応じてくれた沼田さん(左)と佐伯さん

 
「今から遡ること2〜3年前。コジマさんにFREEWAY428の商標権を譲ってほしいと話をしたら、返事を濁された経緯があって(笑)。そして、その後の2016年の夏ごろにコジマさんから『本気でやる気があるならやってみないか?』というお話をいただいたんです。そこで晴れて、同年の年末に無事に商標登録をすることができました」とのこと。

なお、YOKOHAMA FREEWAY428ブランドが再スタートを切る時期は、「2017年の4月、せっかくなのでブランドの名称にもなっている4月28日近辺を予定しています」と佐伯さん。ちなみに佐伯さんは、新生FREEWAY428のメイン担当者として、デザインや広報を担当している最重要人物である。
 
 
例のトートバッグはいつ復活するの?
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事