ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

激辛ラーメン食べられるお店教えて、でもニンニク少な目のを探しています(ななここさん)

はまれぽ調査結果

はまれぽきっての辛党が突撃! 花木蘭の「マーラーメン5辛」と桜花亭の「特製激辛辣香麺(げきかららーしゃんめん)」を完食

ライター:カメイアコ (2017年04月10日)

「辛いものは、割と好きです」

と、打ち合わせの際に何気なく発した言葉によって、「横浜市で食べられる激辛ラーメンを探せ」というキニナルを振られた。

 

はまれぽでは、よく激辛チャレンジやっているよね
 

辛いものが好きというだけなので、「こんなものをあれだけ食べた」、という武勇伝は持っていない。安請け合いしてしまったか・・・。
ただ話を聞けば、同行予定の編集部・オビナタは、大の辛党だというではないか。辛いタンメンで有名なラーメン店の常連だったこともあるので、何かあったら全部任せれば良いか、そうしよ。

しかし、この企画を進めるうちに、ライター・カメイの新たな一面を垣間見ようとは、この時、誰も、本人ですら知る由もなかった。



激辛ラーメンを食べられる店を探せ! ~調査前日~

今回は、ニンニク少なめという読者からの要望もあり、豚骨系やガッツリ系は調査から外し、中華料理の山椒や唐辛子で辛みを出しているお店に注目。そして、単に辛さに体当たりチャレンジというよりは、「激辛、でもおいしい」という病みつき系の一杯を探したい。

リサーチをしていると、以前はまれぽで取材したことのある「花木蘭(ファ・ムーラン)」さんが、戸塚で一番辛い!? というラーメンを完成させたとブログで発表しているではないか。
なんでも、前述した某激辛タンメンの店で、一番辛い「辛すぎてシロクマも凍りつくレベル」のラーメンが大好きな常連さんが、ようやく納得した辛さなのだとか。

この店をラスボスとすることにして、もう一店舗探すと、同じく戸塚駅に「特製激辛辣香麺(とくせいげきかららーしゃんめん)」なる唐辛子の赤色が鮮明すぎて、むしろ黒色と錯覚するほど見るからに辛いラーメンを提供するお店を発見。名前もすごく辛そう・・・。これで役者はそろったぞ、と。

明日に備えて、前日は酒類など刺激物を避けて、早めに就寝した。



激辛ラーメンと対峙! 戸塚駅へ向かう

最初に伺ったのは、戸塚駅から徒歩15分ほどの住宅街にある中華料理店。

 

2016(平成28)年4月にオープンした桜花亭(おうかてい)である
 

オーナーの桜井佑一郎(さくらい・ゆういちろう)さんは、高校卒業後に崎陽軒に入社。四川飯店、目黒雅叙園、トゥーランドッド、筑紫楼と名だたるレストランで腕を振るった経歴の持ち主だ。

 

厨房の迫力に憧れて、中華料理の道へ
 

「高校を卒業し、大きな火力に立ち向かう中華料理のコックに憧れて崎陽軒に入社しました。しかし、当時コックの人数が多くて、1年待ってほしいとホールの仕事を任されるようになりました。若かったので納得できなかったこともあり、当時お客様でいらしていたとある飲食店のオーナーさんに相談したところ『そんなにやりたいなら紹介してあげるよ』と言っていただき、四川飯店で修行することになりました」と当時を振り返る。

当時は、「見て覚えろ」という職人世界で、先輩コックの技術をじっと見てはメモをとって覚える、の繰り返し。厳しい修行を乗り越え、その輝かしい経歴を着実に歩んでいった。

 

やっと築いた「自分の城」
 

「主任、副料理長を経験し、大きな店で料理長になるという夢も果たせました。そうなると、やはり最終的には自分の城(店)を持ちたいと思うようになり、知り合いの多い戸塚に店を作りました」

これまでの経験、作ってきた味をそのまま出すのではなく、地域に住んでいる人がどんな味を求め、好んでくれるかを一から考察し、メニューはすべて桜花亭でしか食べられないものを提供している。なんていうか物凄く羨ましいよ、戸塚のみなさん

 

そんな同店で食べられる激辛ラーメンとは、どのような一杯なのか
 

ご紹介いただく「特製激辛辣香麺」は、手作りのラー油を辛さのベースにする。

 

辛さの肝になる辣(ラー)油
 

一般的な辣油の作り方とは一線を画し、「辛い、でも箸が止まらない絶対的な美味しさ」を実現する。目にパチパチくる辛さではなく、じわりと滲むような、香ばしく、濃密な刺激だ。

 

特製激辛辣香麺(900円)
 

麺は橋爪製麺のものを使用し、スープとよく絡む細麺だ。「温かいうちに食べて」との言葉に甘え、すぐに実食させていただいた。

 

いただきます

  


「どうですか・・・?」 と編・オビナタが感想を求める
 

衝撃的に旨辛い!!
 

単調になりがちな激辛というジャンルで、その辛さを押しのけるように素材の旨味が前面に出てきている。
「辛い、でも箸が進んでしまう」、という桜井さんの言葉通り、この一杯に甘味、塩味、酸味、苦味、旨味の五味が複雑に絡み合っているかのように、強烈な刺激に負けない濃密なコクを感じられるのだ。

 

刻みネギと粗びきの豚ひき肉、ご飯が欲しくなる!!
 

特製のスープと中国しょうゆをベースに、ヤーツァイという中国の漬物と豚ひき肉をしっかり炒め合わせることで、味に奥行きを持たせる。ヤーツァイの塩味と漬物特有の香りとうまみが豚肉の甘い脂と相まって、食欲が一層掻き立てられる。

 

病みつき、とは、この一杯のためにあるのでは!?
 

唐辛子が丸ごと何本も入っている
 

一応、食べてみる
 

からー!!!!!
 

水、みず
 

「唐辛子はさすがに食べる人はいません」とのこと。そりゃそうですよね・・・。

辛さに強い2人にとっては、「旨辛」だったので、スープも1滴残らず飲み干した。
たぶん、一般的には結構辛いと感じるはずだが、何よりも旨味が本当に強いので、食べやすい激辛と言えるだろう。唐辛子が何本も入っていたのに、辛いものをこんなに食べやすくさせるのは、やはり桜井さんの腕が超越しているのだと感じた。

ちなみに看板メニューは、「よだれどり(1000円)」。次に来た時はあれを食べよう、と無意識に次のことを想像していた。

 
戸塚で一番辛い!? というラーメンを実食! 

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事