ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    磯子区上中里町にある杉田バッティングセンターがネットを下ろし解体するような感じになっていました。1ゲーム200円で安く昔よく通ってました。ついに閉業してしまうのか、それとも改装して復活するのか?気にな...

    ねこみくさん

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜にウェンディーズが戻ってきたようです。昔、関内とか野毛の店によく行きました。今後、横浜で店が増えていくのか、気になります。(ossangenerateさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「ファーストキッチン・ウェンディーズ 横浜パルナード店」はコラボ店9店舗目として2017年2月に開店。同年中に神奈川県内に4~5店をオープン予定

ライター:大和田 敏子 (2017年04月16日)

横浜にウェンディーズが戻ってきたらしい。ウェンディーズの「チリ」、美味しかったな~と記憶の中の味をたぐりよせる。横浜に店ができたなら、すぐに食べに行きたい!

店はどこにあるのだろうとインターネットで調べていると、ふと疑問が生まれてきた。情報によると、店名は「ウェンディーズ」ではなく、「ファーストキッチン・ウェンディーズ横浜パルナード店」となっている。一体どういうことなのだろう。


夢のコラボ?


まずは、「ファーストキッチン・ウェンディーズ」になった経緯を調べなくては・・・。



ファーストキッチン・ウェンディーズ誕生の経緯は?

「ファーストキッチン・ウェンディーズ」を運営するファーストキッチン株式会社本社に伺った。
 


あれ!? ここにはウェンディーズの文字はない

 
話を伺ったのは、マーケティング部部長代行の高関類(たかせき・るい)さんと、販促・広報ユニットマネージャーの柴山絵里子(しばやま・えりこ)さん。
 


おふたりの丁寧で優しい対応に心が和んだ

 
まずは、ウェンディーズの歴史を伺うことに。

ウェンディーズは1969(昭和44)年、アメリカのオハイオ州にて誕生した。創業者はデイブ・トーマス氏。ボリューム満点なハンバーガーとウェンディーズチリが人気商品となり店舗を拡大。2014(平成26)年時点で、世界29ヶ国・地域に6500店以上を出店する、世界3位のハンバーガーチェーンだ。

 


イメージキャラクターのウェンディーちゃんはトーマス氏の愛娘がモデル

 
日本への進出は1980(昭和55)年。その後、いくつか運営会社の変遷を経て100店舗にまで拡大したが、2009(平成21)年、当時の運営会社とのフランチャイズ契約終了に伴い、全店舗を閉店した。その時の店舗数は71だったという。

それから3年後の2011(平成23)年に、株式会社ヒガ・インダストリーズが米国ウェンディーズ社と資本業務提携し、ウェンディーズ・ジャパンを設立。ちなみに、ヒガ・インダストリーズは、ピザチェーン店「ドミノ・ピザ」を日本でスタートさせた会社だ。
 


2011年12月、新生ウェンディーズ第1号店が表参道にオープン

 
新生ウェンディーズでは、ジャパンプレミアムシリーズとして、1000円前後のハンバーガーを販売し、ハンバーガーとしての価値を高めようという路線でスタート。ファストカジュアル(Fast casual)と呼ばれるファストフードとファミリーレストランの中間的なポジションを目指したという。
 


表参道店の店内。原色使いが印象的!

 
ゆったりと座れる大きなソファもあり、アメリカナイズされた居心地の良さを感じさせる店だったようだ。その後、曙橋店(新宿区)、六本木店をオープンし、計3店舗となった。

2015(平成27)年、以前から親交のあったウェンディーズ・ジャパン社長アーネスト・M・比嘉氏と当時のファーストキッチン社長との間で、何か新しいことができないかという話が持ち上がった。「美味しいハンバーガーをメインとするウェンディーズ」と「パスタやスイーツなどバラエティー豊かな商品を扱うファーストキッチン」、両者の良さを生かして一緒に店舗を運営してみようということになったという。
 


ファーストキッチンはデザートなどが豊富なことも特徴!

 
そこでまず、ファーストキッチン六本木店を改装して、両社のコラボ店「ファーストキッチン・ウェンディーズ」をオープンした。
 


2015年3月、ファーストキッチン・ウェンディーズ六本木店をオープン

 
店内のデザインコンセプトは「シャビーシック(Shabby chic)」だそう。シャビーシックとは、「使い込まれたものの良さを生かし、味わいのある上品な雰囲気」といった意味だ。

六本木店では、実際に工場で使用された照明を利用したり、家具などにも使い古した質感を出したりと工夫を凝らしたという。原色使いでポップな感じだった以前のウェンディーズとは、かなり雰囲気が変わったようだ。
 


こちらが六本木店店内

 
ファーストキッチンとウェンディーズのコラボにより、六本木店の売上は1.5倍以上になったという。そこでさらに2015(平成27)年8月には、2号店として上野浅草口店をオープン。

両店の好調を受けて、両社は2016(平成28)年に正式に合併し、ファーストキッチン・ウェンディーズとして展開することになったという。
 


「どの時間帯でも、お客さんの希望に合う商品を提供できるのが強みです」

 
「美味しいハンバーガーがあり、ドリンクやデザートのメニューも豊富ですので、食事だけでなくティータイムにも利用できる店として、さらに皆さんに親しんでいただければ」と高関さんはファーストキッチン・ウェンディーズの魅力と想いを語る。
 


ファーストキッチン・ウェンディーズのメニューの一部
 

ファーストキッチン・ウェンディーズは、2017(平成29)年3月末までに首都圏に14店舗をオープンしている。もともとウェンディーズに馴染みのある地域の方がお客さんの期待度が高いと予想されるため、基本的には昔ウェンディーズがあった駅を選び、現在あるファーストキッチンの店舗をリニューアルする形をとっているそう。

神奈川県内では、すでに横浜パルナード店・鶴見ミナール店の2店舗がオープンしているが、2017年中に4~5店をリニューアル予定。さらにファーストキッチン・ウェンディーズを知ってもらえる1年にと、同年中の関西への進出も考えているという。

続いて、ファーストキッチン・ウェンディーズ横浜パルナード店の様子を紹介。
 
 
横浜でウェンディーズチリに再会してきた!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事