ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜に自転車で登りごたえのある峠はありますか?既に旧道化していてもいいです。横浜であまり聞いたことがないと思いました。調査の方お願いします。

    ピロリンさん

    八景島マリーナは大学ヨット部が集まって練習していますが、最近ヨット部にかわいい女性が増量中です!ビーチの水着も結構ですが、是非かわいいヨット女子を取材してください!

    tontonさん

    トレッサ横浜にオープンするディーナゲッツのバスケットコートが気になります。常勤スタッフ付き常設バスケットコートは日本初のようです。

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
3位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
4位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
5位
『フランケンシュタイン』も『釣りバカ』も! 横浜のロケ地巡り2017年春ドラマ編vol.2
6位
スタイル抜群!スポーツ系スマート美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【大磯ロングビーチ編】
7位
目的別に選択が可能! 中華街にある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
【編集部厳選】こんなところが海水浴場だったって、知ってた?
9位
【編集部厳選】海開き記念! 今年もやりますあの企画!
10位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
11位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
12位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
13位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(7月13日~7月19日)
14位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
15位
ベイの扇の要、黒羽根選手がトレードって本当?
16位
ビール屋の厨房から世界王者へ! 東洋太平洋王者防衛戦に挑む大竹秀典選手に直撃インタビュー!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
「MMがFFに」という、みなとみらいがファイナルファンタジーに染まったイベントはなんだったの?
19位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
20位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
21位
キリンビール横浜工場の「ビールづくり体験教室」のビールは本当においしくできるの? ~ビール試飲編~
22位
【ニュース】横浜赤レンガ倉庫、今年の夏は「アフリカ」?
23位
さよなら二階建てバス! ラストラン&廃車ツアーを密着レポート!
24位
横浜西口の南国セクシー居酒屋「なつこ」ってどんなところ?
25位
鎌倉市北西部「島ノ神」、内陸なのに島ってなぜ? 地名の謎を追う
26位
横浜イチのナンパスポットはどこ?
27位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
28位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
29位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
30位
女子校生やハーフ美女も一挙出演! キニナル水着女子2016【総集編】
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

5月14日に「東京湾フェリー」60周年特別クルーズの運行が。満席・キャンセル待ちで残念。次回はあるの? 経営厳しい東京湾フェリーを盛り上げる為にも調査を(よこはまいちばんさん)

はまれぽ調査結果

「東京湾周遊60周年特別クルーズ」は発売後すぐに完売した人気企画。東京湾クルーズ自体は、毎年5月に開催されていて、来年も実施予定

ライター:やまだ ひさえ (2017年05月18日)

2017(平成29)年5月14日、日曜日。

先日、「経営が厳しいって本当?」とレポートした「東京湾フェリー」による東京湾周遊60周年を記念する特別クルーズが、横須賀市の久里浜港で行われた。
 


久里浜港のフェリーターミナル
 

前日の雨があがったのはよかったが、あいにくの曇り空。気温も低めで肌寒い天候なのだが、受付開始の30分前となる午前8時ごろには、既に楽しみしていた乗客が列を作っていた。
 


受付は外の特設テントで行われる
 


一番乗りは横浜市在住の服部さん
 

始発のバスでやってきたという服部さんは夫婦で参加。
 


東京湾フェリーから送られたDMをお持ちだった
 

実は、今回の特別クルーズは車での乗船ができないため、参加者は電車とバスを乗り継いで来ている。
 


バスが着くたびに受付待ちの列が長くなる
 

午前8時30分、受付が始まった
 

参加費用は大人1人6000円、子どもは5000円。

船内で行われる抽選会の引換券にもなっている「乗船券」、船内の売店や屋台で使える1000円分の「ミールクーポン」、特別クルーズをデザインした「缶バッジ」、そしてパンフレットの4点セットが受付時に手渡される。
 


乗船記念に配布される4点セット
 

出航時間まで整列して待機
 

申し込み人数に制限がないため、ほとんどの参加者がカップル、家族連れ、グループ。なんと1人で9人分を申し込んだ強者もいたそうだ。

「定員500名の乗船券が、発売後すぐに完売しました」と話してくれたのは東京湾フェリー株式会社総務部長の山本道明(やまもと・みちあき)さん。

それほど人気の企画だけに、この日ばかりは定期航路の一部を運休し、特別クルーズの運航に努めている。
 


クルーズは利用者が少ない時間が選ばれている
 

ここで、キニナルに投稿されていた“次回”も開催されるのかという点を聞いてみた。

山本さんによると「今年は1957(昭和32)年の弊社設立から数えて60周年ということで記念の特別クルーズを企画しましたが、東京湾周遊クルーズ自体は、毎年5月の予定で開催しています」とのことだった。
 


来年も開催される見込みだ
 

クルーズが始まったのは2007(平成19)年のこと。「5月に開催するのは、気候がよくクルーズに向いているからです」と山本さん。

開催要項が決定すると、東京湾フェリーのホームページ上で公開される。
 


HPに専用ページが開設される
 

ホームページで告知が始まるのは3月末~4月の初旬。それ以外に神奈川新聞などでも記事と広告が掲載され、それを見て申し込んだ人も多い。
 


横須賀市在住の峯村(みねむら)さん親子
 

クルーズ初参加とのことだが、お父さんは船酔いするためにお留守番。
 


横浜市鶴見区からやってきた山本さんご夫妻
 

ご主人はプライベートでもよく東京湾フェリーを利用しているそう。
 


東京湾フェリー「くりはま丸」のTシャツを着用している参加者も
 

午前9時40分の受付時間が終了するころ、クルーズ船となる「しらはま丸」が入港した。
 


着岸したしらはま丸
 

すぐに乗船が始まった
 

人数が多いため安全面を考慮し、車をデッキへ移動させる際のタラップが使われた。

午前10時10分、しらはま丸は久里浜港を出航。東京湾周遊クルーズが始まった。
 


いよいよクルーズ開始
 


いよいよ東京湾へ!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜から東京まで行けるフェリーってどんな感じ?

川崎のモン・サン・ミッシェル!?「工場夜景探検ツアー」

戸部なのに南房総!?京急高架の不思議な案内表示の秘密は?