ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市営地下鉄「弘明寺駅」鎌倉街道沿いに謎のお店があります。弘明人というキャラクターの手作り看板などや弘明人カレーなど、とにかく電波系な雰囲気もしてとてもキニナリます。(けんぞうさん)

はまれぽ調査結果

2017年1月1日にオープンした喫茶・軽食「弘明人」は、「弘明寺のサグラダ・ファミリアでありたい」というモットーを掲げ、物づくり好きなオーナーが内装を手掛けている。カレーは美味しい!

ライター:山崎 島 (2017年05月25日)

横浜市営地下鉄「弘明寺駅」すぐそばの緑色のアーケードが連なっている、雰囲気のある一角、あそこは前からとても気になっていたのですが、最近ひときわ目を引くお店ができていました。

 

ありました! あれはもしや顔ハメパネル!?
 

シャッター半開きの、この店
 

半開きでも「マジで?」感がはみ出している
 

黄色い文字で「弘明人(ぐみょうじん)」とうまいこと書いてある看板、文字の横でなんか言い合いをしているキャラクターや、「嘘つきが手を入れると抜けなくなります」と運命の口的なパネルが、思わず2度見する怪しさを醸し出している。それに、建物の2階の「中島劇場」って、なに?

 

だけどなぜかウエルカムの心を感じる
 

なんていうか、現代版『泣いた赤鬼』の家みたいな、そんな感じ。私たち(筆者と編集部・岡田)がお店へ行った時、ちょうど休憩中だったらしく、同じ並びの「喫茶モカ」でお茶をして待つ。しばらくしたらシャッターが9割がた開いていたので、飛び込み取材させてもらった。



「おじいちゃん」こと支配人のアイドル愛が作った超個性的なお店

「弘明寺」だから「弘明人」という店名は理解できる。

とはいえ、ここまで変わったお店の取材前、私はすごく緊張する。ご店主さんが本当に宇宙と交信してらっしゃるとか、何かをキメてらっしゃるとかで、お話すること自体が難しいのでは、と想像してしまうから。

今回もそんな不安で頭一杯で、戦闘服の「くまさんTシャツ」を着て突撃に備えたのだが、店内にいたのはマスクをした、親切そうな男性だった。

 

この方が支配人・桑原真澄(くわはら・ますみ)さん
 

店内1階はこんな感じ
 

うん、めっちゃ謎! テーブルや壁に料理の写真が貼ってあるところを見ると、多分飲食店なんだけど、それにしても情報量が多くて。

 

バイクとか、かわいい金魚が泳いでいる「ピンポンボール湖」があるし
 

この謎すぎるお店「弘明人」について、読者の皆さんに5分で分かってもらえるよう、今からずららっと書いていきますね。

同店は2017(平成29年)年1月1日にオープンしたオリジナル雑貨と軽食のお店。支配人の桑原さんが、とある地下アイドルの追っかけをしており「地下アイドルたちがステージに立てる場所を作りたい」という思いからこのお店を作ったらしい。

この場所を借りてすぐ2階にステージを作り(現在は防音対策中のため、弾き語りのみ)、オープン当初はアイドルがデザインした「弘明人」オリジナルキャラクターのTシャツをメインに販売していた、というアイドルへの情熱が半端ない桑原さん。
 

色とりどりのこのTシャツを1階で大量に扱っていた

 

2階へ上がると
 

調理場とカフェスペース。写真奥がステージになっている
 

「私が好きだったアイドルはファンをステージに上げて、みんなで寸劇をやったりするオーディエンス参加型のライブをやっていました。最終的にはみんなでかなり本格的な稽古をするまでに。この時にステージの楽しさを知ることができました」

 

ふむふむ
 

「アイドルのプロデューサーが海外へ行ってしまうということになり、その後を引き継ぐ、ということで、アイドルたちが活動できるお店を作りました。ちなみに『中島劇場』という看板は、ライブでステージに上がっていた時の団体名です」

追っかけていたアイドルは、引退してしまったらしい。そして桑原さんは、仲間内では「おじいちゃん」と呼ばれていたらしい。

 

おじいちゃんって・・・
 

アイドル好きとはいえ、お店まで作ってしまうなんて、すごい桑原さん。桑原さんについては、弘明寺に30年以上もお住まいで、もともと音楽活動をされていたそうで、訳あって建設業へと転職し、現在に至るとのこと。もともと、ものづくりが好きな桑原さん、お店の内装はすべてご自分で作ったというから、またまたすごい。

 

2階はやたら落ち着くスペースなんだよな
 

店内壁に一面と、階段部分には山をモチーフにした装飾が施してある。「はじめは1階の床を草原のイメージにしていたんですけど、それならば山があった方がいいかなと思った」のだそうで、イメージ的には1階が山、2階が宇宙なんだとか。


弘明人カレーってどんな料理?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

地下鉄弘明寺駅ホームに設置されている謎の鉄棒の正体は?

「弘明寺プリズン」があったって本当?

「弘明寺駅」と「弘明寺商店街」の歴史について教えて!