ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅近くの奈川銀行本店横の小道にアートペイントが施されています。キニナルのはペイントと一緒に「長者町小唄」という歌の歌詞が書かれています。「川面に映るネオン街 歩めばはやる心うた(中略)異国...

    横濱マリーさん

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

いまじわじわ話題の「たぬきケーキ」。はまれぽエリアで販売している洋菓子店をレポートしてほしいです。検索してもほとんど出てきません。個人的にも買いに行きたいです!(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果

老舗洋菓子店の閉店に伴い「たぬきケーキ」は絶滅寸前。今回は必死の大捜査により、3店舗をご紹介! 

ライター:山崎 島 (2017年05月28日)

なんかの記事の冒頭でも書きましたが、筆者はたぬきにただならぬシンパシーを感じています。たぬきって、ずるくって口半開きでおなかぽろーんって出ているじゃないですか。

湘南の記事の時! タイマン張ってるのー  

似てると思うんですよ自分! 加齢とともに確実に似てきている。そんなことどうでもいいですね、失礼しました。

今回は巷でじわりと人気が高まっている、昔懐かしい「たぬきケーキ」を探して、たぬきなんかガブっと食べちゃう編集部・岡田(名前に寅の字が入っているので、たぬきは大好物かと・・・)と歩きまくって三千里!? 最後、挫折しそうになりながらも3店舗、ようやく辿り着き、ご紹介することができました。




歩いててほんっとたまたま見つけた「洋菓子サンピア」 

1軒目は他の取材途中にふらっと見つけたお店。相鉄線「希望ヶ丘」駅から徒歩2分ほどのところにある「洋菓子サンピア」。


坂の途中のケーキ屋さん


地域に根付いた、昔ながらのケーキ屋さんなんだな、という佇まいのお店だ。覗いてみると近所にお住まいと見えるお客さんが、ご店主と立ち話している様子が、これまたいい感じ。

坂の途中、っていうのもまたロマンがある 

ごめんくださーい

店内はレトロで暖かな印象。地元のケーキ屋さんの雰囲気を感じて、たまらんきもちに。ショーケースには色とりどりのケーキが並んでいる。ラインアップもショートケーキやモンブラン、ロールケーキ、黄金色のアップルパイなど、馴染み深いものばかり。 
 

手に取りやすい焼き菓子のコーナーも 

その一角に、今回のキニナル取材の主役が。

 

いる!! しかも仲間も

ひょうきんなお顔したこちらのお三方。右からたぬきくん(280円)、パンダくん(280円)、はりねずみくん(280円) です。うーん、懐かしさがこみ上げる。筆者平成元年生まれなのですが、この風景、見た覚えがあります。

同店は1973(昭和48)年にオープンしたお店だそうで、こちらのたぬきくんらケーキは最近復活させたとのこと。

「お店始めてから30年ぐらいは置いてたんですけど、いつの間にか作るのやめちゃって。最近になってお客さんから『たぬきケーキやらないんですか?』って言われることが多くなって、じゃあもう一度作るか、と」とご店主さん。 
  

ちなみに


パンダはご店主の新作で、はりねずみはたぬきよりもさらに歴史が古いのだとか。たぬきケーキのこだわりについては「顔ですね。これはお店によって違いが出る部分だと思います。人差し指と親指でちょいとつまむんですが、その加減が難しい」とお話してくれた。

訪れたお客さんみなさん懐かしがられるという、大人気のたぬきケーキ、では実際にいただいてみましょう。


たぬきとはりねずみも買いました
 

そーれ!


なんかちょっときりっとした表情してるではありませんか。手のひらサイズがいい感じ。食べるのもったいないなあ。 

が、割る!!


お顔の部分はバタークリームで、胴体はふわふわスポンジと、あれ、栗が入ってる!たぬきケーキってアプリコットジャムが定番だと思ってたなあ。

甘いんだけど、バターのコクと、栗の自然な甘味が、子ども風味なんだけど大人味、というか。きっと懐かしさがプラスされてるからかしら、大人向けの味わいだと思いました。


なかなか目を合わせてくれないはりねずみくんも


中身はたぬきと同じでしたが、刺さってるアーモンドが香ばしくて、こちらのほうが大人向きな印象。食べてて楽しくなるケーキですね。




伝統あるたぬきケーキのお店川崎大師の「ボナール洋菓子店」


思わぬ出会いがあった希望ヶ丘にごちそうさまを告げて、次に向かったのは川崎大師。

京急大師線「川崎大師」駅から徒歩約10分「ボナール洋菓子店」  

看板にSINCE1970って書いてくれているところ、さすがです、助かります。また外の黒板に、「つぶらな瞳でみつめちゃう たぬき」の文字が。

キャッチコピー、秀逸です


売り切れてなくて、よかった! いるんですねたぬき。今回ポンポコ拍子だー。意気揚々と店内へ!


店内は大きなショーケースのぬくもりを感じるかわいらしいかんじ


ショーケースには昔ながらのショートケーキや、新しいデザインのモンブランなど、伝統を受け継ぎつつ新しさも取り入れているおしゃれなケーキが並んでいる。

ショーケースでそのお店の方針がわかるものなんだな 

おっ


いたいた、「つぶらな瞳」のたぬき。なんだかひょうきんなお顔してるなあ。

この日お店に立っていたのは、2代目ご店主の井上さん。井上さんにたぬきケーキについて聞いてみた。今年で46年目になる「ボナール洋菓子店」は、井上さんの父さんが始めたお店だそうで、約10年前にこの場所に移転した。

「たぬきケーキは自分が物心付いたときからありました。40年ぐらいはあるんじゃないですかね」と井上さん。

同店では開業以来たぬきケーキを置いているそうで「ずっと定番でおいていたんですけど、同業者から『古い』と言われて、一度だけ作るのをやめたんです。そしたらお客さんたちから『やめないで』という要望をもらいまして。結局たぬきが姿を消したのは2日間だけでした」と、ボナールたぬき超愛されエピソードを聞くことができた。


ぽんぽこ

同店のたぬきケーキのこだわりは、顔を小ぶりにしているところ。小顔だとかわいらしく見えるそうです。

「最近は地方からこのたぬき目指して来店される方もいますよ」と、40数年変わらずファンの心をゲッツしているボナールのたぬきケーキ。

して、お味はいかに。1つ購入して大師公園で実食。でもその前にちょこっと撮影会!
 
 
たぬきケーキの撮影会開始!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事