ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

みなとみらいでランチをすると、1000円くらいかかっちゃうと思うのですが、ランチ時に飲食店が安いお弁当を売っています。安くて美味しいワンコイン(500円)ランチ弁当を紹介してください。(港パパ)

はまれぽ調査結果

みなとみらい駅周辺の500円~600円弁当を6店舗8品ご紹介!

ライター:黒澤 陽二郎 (2017年06月12日)

みなとみらいといえば、横浜が誇る観光名所であり、海や夜景といった美しい景観が有名だ。だから「安い」というよりは、ちょっと「贅沢」をしに行くところというイメージがある。 
 

なんと! 6月はMM(みなとみらい)、FF(ファイナルファンタジー)になるとのこと


今回のキニナルはみなとみらいのワンコイン(500円)で食べられるお弁当を探してほしいというもの。場所と値段のミスマッチ感が否めないが、そのギャップにそそられる。安くて美味しいならこの上ないし。

自分のだらしなさが目立ってしまいそうで、あまり近づかなかったオシャレdeビジネスチックシティみなとみらいへ、調査に向かう。



みなとみらいランチ、相場はいくら?


横浜市出身の筆者だが、改めてオフィスビル群を見上げると「たけぇ〜」という普通すぎる感嘆のコメントが出てくる。 
 

6畳の部屋でパソコンを叩いている筆者には、まぶしすぎます


今回の調査は、みなとみらいで働く人が利用しやすい範囲にしようということで、名だたる企業のオフィスが集まる「横浜ランドマークタワー」「クイーンズスクエア」を中心に行う。 
 

赤い範囲内を調査(グーグルマップより)


安くてもりもり食べられるお弁当を探しに出発! 
 

クイーンズスクエア横浜へ


まずは聞き込み調査。みなとみらいエリアでのランチは本当に1000円ほどなのか相場を伺う。最初に足を止めてくださったのは、スマートにロングカーディガンを着こなす、みなとみらい勤務の女性。 
 

「やっぱり1000円くらいじゃないかしら」


普段はランドマークタワーにあるカレーバイキングや、クイーンズスクエア地下の唐揚げ店をよく利用するという。ほかにも受付のお姉さんらにお話を伺ったが、やはり周辺のランチの相場は1000円前後とのこと。

ほうほう。毎日1000円をランチに使うのは、なかなかになかなか。ランチがほぼ毎日納豆かけごはんのみの筆者が比較対象で適当か分からないが、結構な出費である。 
 

さまざまな飲食店も回ってみました


クイーンズスクエア横浜、横浜ランドマークタワー内を一通り見て回ったが、ランチメニューとして売り出しているものの多くはやはり1000円前後。

確認できた最安値のランチは680円だったが、1000円超えのメニューも多く、相場が1000円くらいという声は妥当だと感じる。 
 

編集部・岡田と共に案内板で情報収集もした


サラダ、ライス、スープがおかわり自由の「チキン唐揚げ」が780円でお得とある。相場が1000円とすると、金額的にも安価で、おなかいっぱい食べられそうだ。

これを参考に、相場1000円の22パーセント引きが780円でお得だとすると、780円の22パーセント引きが608円。ものや量によって一概には言えないが、大体600円くらいでお店の味をお弁当で食べられたらお得なのではないかと。

そこで、投稿のワンコイン(500円)弁当を探しつつも、お得と言えるであろう600円以内のお弁当も視野に入れて探すことに。

ではでは、ワンコイン弁当を求め、ランチタイムに再度クイーンズスクエア横浜へ。 
 

お弁当を持っている人も、ちらほらいらっしゃいました




おべんとおべんとうれしいな♪


ぐるぐるぐると調査エリア内を探索し、午前11時ごろ見つけたのがイタリアンのお店「TriBeCa(トライベッカ)」。ランドマークタワーとクイーンズスクエアをつなぐ通路の1階にある。 
  

すでにお弁当が用意されてます! 
 

ずらっと9種類。ほとんどが500円で買えますよ! 
 

焼肉、唐揚げ、ビーフシチューって、子どもの頃からみんなが好きなやつ! 
 

電子レンジとコンソメスープも! 「至れり尽くせり」とはこのこと 

初っ端からこの企画のラスボスみたいなお店に出会えた。種類といい、値段といい、毎日でも食べたいと思わせるお弁当ばかり。相当な企業努力の賜物なのだろうとキニナったので、店長の大谷俊彰(おおたに・としあき)さんにお話しを伺った。 
 

とても優しそうな方でした 
 

毎日50個くらいのお弁当を用意しているが、午後12時30分ごろにはほぼ売り切れてしまうほど人気なんだそう。

「飽きが来ないよう、常に7.8種類ほど、豊富に揃えるようにしています」
「ずっと500円でやっているので、今更値段を上げられないなぁと思って、赤字覚悟で続けているんです」

お客さん思いすぎる同店に、通い続けている人も多いのではないでしょうか。頑張って美味しいお弁当作るから、お腹いっぱい食べてお仕事頑張ってくださいね! そんな気概を感じるお店でした。

続いてランドマークプラザ1階へ。 
 

お弁当を販売する店舗が軒を連ねる激戦区のようです
 

そこに全品600円! いただきました 
 

和・洋・中を一店舗で味わえる「横濱文明開館」
 

手書きの短冊にわんぱくバンザイ盛り盛り弁当の予感! 
 

で、優しさたっぷり味噌汁サービス! もうあったかいんだからぁ!


毎日90食ほど用意しているとのこと。週替わりのランチと同じ食材を使うようにしているため、お弁当のメニューも週ごとで変わるのだとか。また600円でお弁当を提供できている理由でもある。


聞き込みを続けながらお弁当を探していると、午後12時が迫ってきた。売りきれてしまう心配から早足になる。 

横濱文明開館から10秒ほど歩いたところで、平日限定!パンとピザのセットをゲット! 
 

「VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス)」


MMで500円ランチ弁当大調査パート2・・・キニナルあの味は次のページ≫


最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事