ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
4位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
10位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
11位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
12位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
13位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
14位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
18位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
19位
2学期制って良くなかったの?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
22位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
24位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
29位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
30位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

鶴見区のゴミ屋敷がテレビに取り上げられていました。その実態と、ゴミ屋敷に対する横浜市の対策が気になります/ゴミ屋敷対策条例ができたみたい(ぽんちょりんさん/八景のカズさん/ホトリコさん)

はまれぽ調査結果

ごみ屋敷の住人は特殊な心理的感覚を持っている可能性がある。投稿のごみ屋敷の住人は「集積所のごみを分別するためにごみを集めている」という

ライター:小方 サダオ (2017年06月16日)

鶴見区にあるごみ屋敷

テレビなどでも取り上げられた「ごみ屋敷」が鶴見区にあるというキニナル投稿。
今回は前後編の2本立てで、ごみ屋敷の現状や当事者の心理状況、横浜市としての対策などを調査した。

まずは、投稿にあった鶴見区の現地を訪れてみた。

 

「鶴見区のごみ屋敷」のある場所(Googlemapより)
 

その家は山の上の閑静な住宅街の中にあった。
家の周囲は草木で覆われており一見すると分かりづらいが、主にごみが入っていると思われる白いビニール袋が家の周囲に無数に積まれていて、玄関も埋もれてしまっている。

 

閑静な住宅地の真ん中
 

庭のあふれたごみが道路に出ないように板などで支えている
 

そこでどうやって出入りしているのだろうと考えていると、2階の窓から家主と思われる男性が出てきた。周囲に積まれたビニール袋の山の上を、家に据え付けられた紐をつかみながら下へと滑り降りてきたのだ。

 

1階部分がごみで埋まり、2階の窓から出入りしている
 

声をかけると一瞬こちらを見たものの、無言でどこかに歩いて行った。

そこで、あらかじめ取材をお願いしていた、町内会の関係者に伺うと「ごみを集めている住人は、50代前半の男性です。10年ほど前からごみを溜めはじめました。そのころは両親と一緒に住んでいましたが、5~6年前に両親がいなくなってからは溜めるスピードが速くなりました。住人は父親と意見が合わず仲が悪かったようです」と話す。

「自治会長や区役所職員、親を交えて話し合いをしたり、周辺住民が注意をしたりすると、意地を張ってかごみの量が増えます。また、ごみは集積所から持って来ているようです」という。

 

集積所のごみを集めてきているようだ
 

「私の家で出したごみがあの中に積まれていたこともありました。しかし生ごみは少ないので臭いは少ないです。ごみは人に見つかりにくい、朝早い時間帯に拾っているようです」という。

「向こうの言い分としては『集積所のごみが分別されていないので、一度集めて分別して出し直す』というものです。しかし拾ってきたもののほとんどを溜めていて、その中から少ししか集積所に出しません」とのこと。

 

集積所のごみを分別するために一時保管しているのだという
 

町内会のある役員に話を伺うと「10年ほど前に消防署員と一緒に、自然発火の恐れや放火の危険性があるとして住人と話し合いをしました」

「また、家の前はスクールゾーンになっているので、平日は約300人の児童が前を通ります。ごみが落ちてくると危険なので町内会の役員が家の前に立って、子どもたちを誘導しています」と話してくれた。

「彼は拾ってきたごみや人から聞いた話など、いろいろなことをメモするクセのある人です」という。

 

周辺住民はスクールゾーンにごみが崩れ落ちることを警戒している
 

「特に大変なのは近隣の人たちで、火事になったら一気に燃えてしまう可能性があります。でも、周辺住民が裁判などを起こした場合の彼の仕返しを怖がって関わらないようにしています」と話す。

「また、隣には人気があるレストランがありましたが、引っ越してしまいました。隣がごみ屋敷ということもあり、その後、買い手が付きません」とのこと。

 

隣にあったレストランは引っ越し、その後買い手はついてない
 

「集積所からごみを持って来るので『ごみ持ち去り禁止』の看板を出しています。住民にも現場を見たら知らせるようにと行政から言われていますが、見つかりにくいように朝や夜中に拾っているようです。また、彼はごみを溜めることに対して、『ちゃんと分別して集積所に出している。出すのが遅いだけだ』という意見を持っています」と話してくれた。

 

持ち去り禁止の看板がある集積所に、彼はごみを出しているという
 

そして、日をあらためて家の前を通ると、本人と思われる男性が柵を直していた。

 

家の周囲の柵を直す住人
 

今回は名刺を渡すと受け取ってくれ、会社名などを持ち歩いている紙にメモしていた。メモを取ることについて理由を伺うと「最近忘れっぽいのでメモを取っているのです」という。

住人は、真面目そうな印象で、穏やかなトーンで話をする人だった。

作業に関して伺うと「ごみや庭の竹の葉が落ちるので、それが外へ出ないように柵を直しています」とのことだ。

 

投稿の家の前には「ごみ持ち去り禁止」の看板がある
 

なぜごみを集めるのか伺うと「近所のごみ集積所にあるごみは分別されていなくて、それが嫌で自分で集めて分別し出し始めました。そういった状況や自分の整理癖の性格などが複合的な理由で今の状態になっています」という。

火事の危険性に関して伺うと「留守にしないようにして、家の中から火事にならないように気を付けています。放火などは家の外からの問題なので、自分ではどうにもできません」と話す。

「これから時間をかけてごみを出していくつもりです。通常のごみは週2回、空き瓶・ペットボトルは週1回など、きちんと出しています」と答えてくれた。

 

時間をかけてごみを出していくつもりだという
 

彼はごみ集積所の分別に協力しているともいえるが、大量なのでいつになったら処理が終わるのか分からない。また整理癖のある神経質な人のようだが、それが元でこのように周囲を巻き込み混乱を招いているのは矛盾している気もする。

次に、ごみ屋敷の住人の素顔に迫ろうと、さまざまな疑問をごみ屋敷の片付けを行うこともある便利屋さんにぶつけてみた。


ごみ屋敷の清掃業者が見たものとは!? キニナル続きは次ページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事