ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先月フルオープンした「綱島SST」ですが、オープン前(アップル稼働前)と比べて周辺の人の流れが明らかに変わっています。パナソニック撤退後は近所の人しか歩かないような場所でしたが、今はたくさんの人が出歩...

    fubie23さん

    この度、横浜市民病院が移転しますが、そのすぐ隣にはJリーグの公式戦が数多く開催され、サポーターの応援でかなりの音が鳴り響く三ツ沢球技場が存在します。一部のサポーターの間では、音が鳴り響く件を理由に横浜...

    fubie23さん

    毎朝6時半になると臨海パークでは、ラジオ体操と太極拳の集団が活動しています。いつかは仲間に入れてもらいたいと思っているのですが、なかなか声をかける事が出来ません。そっと後ろの方で参加してみよう、とも思...

    たかし君さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戦前から横浜市立大学の構内に洞窟網があり、探検部が中を探索しているが長すぎて未だに全容が解明されていないそう(横須賀の方までつながっているとか)。噂の真相は?この洞窟網はなんなのか?(うなぎさん)

はまれぽ調査結果

裏山に広がる洞窟網は、第二次世界大戦中の軍事施設「航空技術廠支廠」の一部だった模様。横浜市立大の探検部が探索しているが、全容はいまだ不明

ライター:関 和幸 (2017年06月28日)

「探検」・・・それは多くの少年の胸をときめかせる魔法の言葉である。

その言葉で、映画『インディ・ジョーンズ』やテレビドキュメンタリー番組『川口浩探検隊』などに憧れ、子どもたちだけで裏山を歩き回ったり、遠くの街まで出かけたりした思い出がよみがえる読者もいるのではないだろうか? かくいう私も、そんな子どもの1人だった。
 


密林を進む勇敢な「探検家」に憧れなかっただろうか?


だが大人になった今、「探検」や「冒険」に憧れる気持ちは過去のもの。わざわざ野山に分け入り、疲れることはしたくない。むしろ快適な室内でビールでも飲んでいるほうが好ましい。

今回のキニナル調査も横浜市立大学の探検部に洞窟内部のお話を聞き、入口付近の写真だけ撮影して記事を書こうと思っていたのだが・・・。


探検の舞台

探検部の方とお会いする約束をして向かったのは、同学の金沢八景キャンパス。京浜急行の金沢八景駅から徒歩5分のところにある、緑豊かなキャンパスだ。
 


横浜市立大学の正門付近


待ち合わせ場所として指定されたのは、同大学の学生生活に必要な施設が集まる「シーガルセンター」。早めに到着したので中に入ってみると、売店や食堂、多目的ホールがあった。
 


待ち合わせ場所のシーガルセンター


約束の時間に現れたのは探検部部長大学3年生の岩田望(いわた・のぞみ)さんと2年生の小杉英之(こすぎ・ひでゆき)さん。

「戦時中、この敷地には火薬工場があり、洞窟は薬品の貯蔵庫だったと言われています。さっそく見てみましょうか」というお話から、「ちょっと準備がありますので・・・」と同部の部室へ。そこには強力なLEDライトと登山靴が用意されていた。
 


探検部の部室。1958(昭和33)年に創設された60年の伝統を誇る名門だ



そして始まる苦難の道のり

「洞窟は裏山の中で、部室から歩いて15分くらいのところにありますよ」ということで案内していただいたのは、同大学の第2グラウンドへ続く道。コンクリートなどで整備された道で徒歩15分なら安心だ、と思っていたのだが・・・。
 


当日の私の服装


動きやすいよう懐中電灯、デジカメ、メモ帳はポケットに。そのほか、軍手と丈夫な靴は事前に用意するよう言われていた。

 

2人の準備が整い、謎の洞窟に向かって出発!
 

これなら余裕、余裕
 

・・・え!?


おもむろに歩道に面した崖を登り始める2人。「滑りやすいので気をつけてください」と言われ踏み込んだ先は、人の手のまったく入っていない山林だった。
 


道なき道をどんどん進む2人
  

慣れていなければ、あっという間に方向を見失いそう


道中で伺った探検部の2人の話によれば、初めて来たときには真夏で猛烈に草木が繁茂しており、暑さもあって大変苦労したらしい。さらに服装も半袖半ズボンだったため、全身数十カ所を虫に刺されて一週間以上も腫れが引かなかったそうだ。
 


代々の探検部OBが付けた目印が頼り
 

戦時中の薬品工場跡? 文字などは刻まれていなかった
 

さらに断崖絶壁を通り・・・
 

ついに到着! これが「謎の洞窟」の入り口だ!


まったく整備されていない自然の山の中を、トゲの生えた草をかき分け、行く手を遮る木々を乗り越え、滑りやすい崖を登り降りすることは本当に大変だった。正直、「もう帰りたい・・・」と私の内心で泣きが入ったのは言うまでもない。
 
 
果たして、洞窟の内部はどうなっているのか?・・・キニナル続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事