ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

大船の「食事処ときわ」の天丼がスカイツリーみたいでびっくりです。ぜひ、レポートをお願いします。(銭湯ボーイさん)

はまれぽ調査結果

大船駅前にて創業100年以上。老舗食堂が誇る「立っている海老天丼」は見た目も味も大満足。また、オーナーのキャラクターも最高でした。

ライター:はまれぽ編集部 (2017年07月06日)

夏の暑さで食欲がだいぶビビッてきている今日この頃。そんなチキンな食欲には食べ放題やデカ盛り、大食い、家系や二郎のラーメンなどで対応するのが基本だよ、とおっしゃる親愛なるはまれぽ読者のために、今回はキニナル投稿にある大船の「食事処ときわ」をご紹介します。

ここの天丼のエビが、なんだかすごいことになっているらしいです。ではでは、大船へ行って来ます! 



観音様が待っている大船へ!


駅東口階段降りて、信号を渡って、右に! 徒歩15秒ほど
 

緑色ののれんが目印! 「食事処ときわ」
 

表のメニュー看板をチェック。昼食メニューの永久不滅ランキングみたい
 

お話をお伺いしたのは、2代目石井総一郎(そういちろう)さんと3代目洋彦(ひろひこ)さん
 

まずは、2代目総一郎さん(82歳)にお店の歴史を聞く
 

「お店は創業100年以上。場所も大船、屋号も変わらず『ときわ』。戦後すぐの昭和21(1946)年、11歳の時からお店に立っています。当時は、葉山の行商が持ってくる魚をネタにして、お刺身、天ぷらをこしらえていました。昭和25(1950)年には寿司を握るようになり、メニューもそのころからほとんど同じ、変わりはないよ」と2代目総一郎さん。

 

3代目の洋彦さん(52歳)。鎌倉市消防団・本団部長も経験したとのこと
 

その後、2005(平成17)年の店舗改装の時、メニューを3代目洋彦さんが見直した際、見た目のインパクトも大切だなということで「天丼のエビを立てる盛り方」を始める。

「ここらへん(鎌倉・大船)で昔から食堂といえば、そば、うどん、寿司、お刺身、天ぷらと、同じようなメニューだよ。だから見せ方を工夫しようと『エビが立っている天丼』をやってみたってこと」と3代目洋彦さん。

 

東京スカイツリーより先だったよ、でも・・・
 

メニューに加えたはいいが、『エビが立っている天丼』という見た目のインパンクトも開始当時(東京スカイツリー誕生前)、まったく話題にならなかったそうだ。「まあ、小さなお店だから、誰も気がつかなかったんですよ」と3代目。

しかし2012(平成24)年5月の東京スカイツリー誕生後、テレビなどで紹介されて人気メニューになったとのこと。

 

忙しいのもほどがあるよなぁ~
 

「テレビの力はすごいよ。テレビにちょいと取り上げられただけで、毎日毎日天丼ばかりだから。くたびれちゃうよ。外国人も多いよ。それからはもう取材は断っていて・・・」と2代目総一郎さん。

「そうだ、おもしろい話があるよ。スマホの画像を見せてきて、天丼の注文をするお客さんの多くは、『天丼(エビ・穴子・野菜)』と『A天丼(エビ・カマス・野菜)』のどちらを注文すればいいのか悩むことが多くて。天丼もA天丼も、どちらも海老は立っているので、カマスと穴子の好みの違いなのにね(笑)、天ぷらにすると写真では分からないからね。だって私だって分からないもんね、食べないとね(笑)」

 

今回は写真注文でも分かりやすい海老天丼(1400円)を注文します
 



いよいよ実食レポ! いきます!

さてさて、いったいどんな天丼がやってくるのか? キニナル投稿にあったように、東京スカイツリーなのかな! まぁまぁ、創業100年以上の老舗店の天丼、それだけでも、期待値アップですね。それでは天丼が出来上がるまで、しばし、店内をご紹介します。

 

店内と厨房を分けるいい感じに色あせたのれん
 

4人掛けテーブル席2つに奥のカウンター4席
 

うどんもそばも、
 

お刺身、焼肉、なんでもあるのが、
 

駅前老舗食堂の包容力!
 

まるで、ウナギの寝床みたいな細長い店内。12年前の改装で、2代目3代目が目の届く大きさと落ち着きあふれる空間にリニューアルしたそう。各種定食もランチタイムだけじゃなく、準備中なしの通し営業のため、遅めの昼食も楽しめるのは、なにげにうれしいです。午後7時45分の閉店とちょっと早いような気もしますが、遅めの昼食や大船飲みの待ち合わせ、その前のひっかけの一杯とか、いろいろと用途がありそうです。心のメモ帳にメモメモ。
 
 
その噂の天丼とは!?・・・キニナル続きは次ページ 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事