ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    何年前か、宇宙飛行士がどなただったか、失念しましたが、スペースシャトルで国際宇宙ステーションに神奈川県の植物の種子が運ばれたとか…相模原市は旧相模湖町千木良の津久井在来大豆、横浜市内にて採取されたマテ...

    ナチュラルマンさん

    住民税、神奈川県の水源税は神奈川県内の丹沢や箱根、足柄や小仏山地の水源涵養林保全策に活かされているのは森林ボランティアに参加して実感していますが、横浜市のみどり税は市内の森林保全のために活用されている...

    ナチュラルマンさん

    帷子川の水位が上昇して、上川井や下川井で避難勧告とか避難準備情報がよく発令されていますが、下流の上星川駅周辺は大丈夫なのか?また帷子川は横浜駅方面に流れていますが、大丈夫なのか?旧ダイヤモンド地下街は...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
3位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
4位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
7位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
10位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
11位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
12位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
13位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
14位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
15位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
16位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
17位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
18位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
19位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
20位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
21位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
22位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
25位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
26位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
27位
ベイスターズジュニア、1次選考会の様子はどんな感じ?
28位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
29位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
30位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

称名寺の裏山にある八角堂に地下へ続く入口?がありコンクリ密閉されてます。北条実時の逃げ道で抜け穴出口、住職の修行場、地下墳墓とか噂があり。いつ頃何に使われ、何故コンクリ密閉されたのか(dajaさん)

はまれぽ調査結果

八角堂には約35年前まで地下室に通じる階段があったが、災害防止を理由に密閉。地下には抜け穴出口はなく納骨室があり、住職の修行場ではなかった

ライター:小方 サダオ (2017年07月17日)

称名寺の裏山の頂に建つ八角堂

横浜市金沢区にある称名寺(しょみょうじ)の裏山には「八角堂」というお堂があり、そこには地下へと続く入口があるなど、さまざまな噂話があるようだ。しかし、現在、その入口はコンクリートで密閉されているとのこと。
まずは真相を確かめるために、現地を訪れることにした。

 

称名寺の場所(青矢印)(Googlemapより)
 

称名寺の創建は13世紀中ごろ。金沢区の海が近い場所にあり、鎌倉幕府の要人・北条実時(ほうじょう・さねとき)が、現在の称名寺の場所でもある六浦荘金沢(むつうらしょうかなざわ)に屋敷があり、その屋敷内に持仏堂(じぶつどう:仏像や位牌を安置する仏間)を建てたことが称名寺の起源とされている。また、称名寺の境内には、北条氏の施設図書館で国の重要文化財に指定されている「県立金沢文庫」もある。

 

称名寺の仁王門
 

阿字ヶ池(あじがいけ)を中心に橋が配された「浄土庭園」
 

池にかかる反橋(そりはし)
 

こちらは本尊が安置されている金堂
 

投稿の八角堂は、境内裏山の金沢山(きんたくさん)の山頂にあるという。

 

山頂の青矢印の部分に八角堂がある
 

その八角堂を目指すには「百番観世音霊場登口」という石碑の裏手にある山道を登っていく。

 

こちらが百番観音霊場の石柱
 

裏手には山道の登口がある
 

山道を進むと、道に沿って仏像が並んでいる。

 

 

山道沿いには多くの石仏がある
 

15分ほどで山頂に到着。すると、「八角堂広場」という開けた場所に、朱色の壁が印象的で八角形の形をしたお堂が姿を現した。

 

山頂にある八角堂
 

八角堂の周りには柵があり、近寄れないようになっている。内部の壁の塗装が剥げている以外は大きな損傷は見られない。

 

柵で周囲を囲まれていて
 

ふもとの称名寺のほうに向かって入口が開いている
 

八角堂の内部にはブロック状の石が段違いで積まれたものがあった。しかし、これが投稿にある「地下へ続く入口」の一部なのだろうか? また筒状の物体も見受けられた。本当にこの下に地下空間があったのか? 疑問が湧いてくる。

 

内部にはブロック状の石(左)が積まれていたり、コンクリートの板が重ねられている
 

筒状の物体も設置されていた
 

側面には、窓が6ヶ所と入口が1ヶ所開いている
 

称名寺の裏山は金沢三山(金沢山・稲荷山・日向山〈ひなたやま〉)と呼ばれ山が連なっている。
 
 
八角堂ができた経緯とはキニナル続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

金沢文庫は「かなざわ」ではなく「かねさわ」だったって本当?

ヨコハマ名場面vol.7 ロケ地めぐり金沢区編

鎌倉時代へ思いをはせる旅。はま旅Vol.53「金沢文庫編」