ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

    点滴連続中毒死の大口病院が早ければ12月1日から名称変更して再開されると。新名称が「横浜はじめ病院」だそうですが、一体何を始めようとしているんでしょうか? ほぼ殺人事件と言っても過言ではないにも関わら...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「11月17日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
5位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
7位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
11位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
12位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
13位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
14位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
15位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
18位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
19位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
20位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
21位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
22位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
23位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
24位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
25位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
28位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
29位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
30位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

今日発売の東スポに「株式会社うんこ」という会社が載っていたそうです! 横浜市にあるそうですが、どんな会社なのかキニナル! ぜひ調査してください!(rtyuiさん)

はまれぽ調査結果

「株式会社うんこ」は、うんこで世界を楽しく! 明るく! 幸せに! と真剣に願っている、うんこ系グッズ専門の販売会社だった

ライター:おとも尚美 (2017年08月17日)

今「うんこ」が熱い?

2017(平成29)年3月に発売され、爆発的大ヒットを記録した『うんこ漢字ドリル』が昨今の"うんこブーム"の火付け役となったのは間違いないだろう。しかし、ブーム以前からうんこに注目し、商品化されているものも数多くあるのはご存じだろうか?

主なものだけでも、スマホアプリ『うんこ演算』(2011年)、絵本『うんこしりとり』(2013年)、2013年に発足した「日本うんこ学会」が開発中の大腸菌擬人化ゲームアプリ『うんコレ』、うんこ味のカレー専門店としてオープンした「志み津」など。年表にしてみると以下の通りだ。

 

 

そして、読者からのキニナル投稿によると横浜市に「株式会社うんこ」という会社が存在するという。

いやいや、まさかあの「うんこ」そのものを社名になんてしないでしょう? "運行"関連の会社か何かでは? あまり期待をせずに早速下調べしてみると・・・

 

インパクトの強すぎるホームページを発見
 

どうやらネットショップらしい。さらに取り扱っている商品を見てみると・・・

 

文字通り「うんこ」である
 

これまたインパクトのあり過ぎるうんこグッズの数々が掲載されている。こ、これは取材に行かねば! と、早速アポイントメントの電話をすると、電話口から・・・

「株式会社うんこです」

物凄く低いトーンで抑揚のない声の応答に少し怖さを感じたが、取材は快諾して頂いた。

当日は「株式会社うんこ」ではなく「株式会社のばのば(以下、のばのば)」という会社で取材に応じてくださるのことで、いざ突撃。

 

「株式会社のばのば」に到着
 

山積みの段ボール
 

・・・社用車? 
 

事務所の階段にあった「ブルース・リー」もとい「ブルース・ノバ」
 

少し緊張しつつ、「株式会社のばのば」のドアをノックする。

感じの良いスタッフの方が応接室に案内して下さり、そこで社長を待つことになったのだが・・・応接室のうんこ加減が半端ない。

 

うんこ型の香炉
 

うんこが入った茶碗
 

うんこ帽。誰が被るのだろう?
 

仮面なのはわかるけど・・・何マン? 
 

社長がいらっしゃるまでの約3分間、編集部の大日方と共に「すごい、なにこれ!」、「これ見てくださいよ!」などと、さまざまなものに驚愕しつつも声を押し殺しクスクス笑いながら待たせていただいた。



株式会社うんこ 代表取締役 野畑昭彦社長登場

肩にかかる髪をおでこ全開にして後ろで縛り、首にはシルバーのうんこネックレス。着ている服はうんこTシャツに、うんこ半ズボン&うんこ靴。まさにうんこでトータルコーディネートされた出で立ちで登場した、野畑昭彦(のばた・あきひこ)社長にお話を伺う。

 

とっても気さくで熱い方です
 

野畑社長が履いていた靴。可愛すぎる
 

「本業はこっちなんですよ。うんこはまだ副業の域というか」

株式会社うんこがどんな会社なのかを質問させていただくと、まずこんな答えが返ってきた。こっちというのは、きょう取材にお伺いした「のばのば」のことである。

会社組織となったのは1957(昭和32)年。野畑社長の祖父がリヤカーで肌着を売り歩いたのが始まり。その後、職人のための手袋、地下足袋を扱う卸問屋さんになり、安全靴が主流になってからは安全靴の売上が8割を占める様になったという。野畑さんが3代目社長を継ぐこととなり、社名も「有限会社野畑商店」から「株式会社のばのば」に変更。

「だって、こっちの方が名前を覚えてもらえるでしょ?」と、野畑社長は語る。

 

野畑商店だった頃の看板がそのまま残っていた
 

「のばのば」の業務内容は大きく分けて2つ。輸入した安全靴や手袋の卸しと国内のメーカーが作った安全靴の卸しだ。
既存製品との差別化をはかり、付加価値をつけるために独自のデザインを施した自社ブランドの安全靴は評判も売上も良かった。

しかし、国内の大手スポーツメーカーが安全靴を発売したことで市場は激変。結果、自社製品は売れなくなり、スポーツメーカーの製品の扱いが業務のメインになるが、利益率は下がる一方に。

そこで閃いた野畑社長。「そうだ! 俺、50歳になるまでに服屋やりたかったんだった!」と一念発起。「株式会社ばのばの(以下、ばのばの)」の誕生である。(えっ? うんこはまだ?)

 

話、脱線してない? ごめんね。と何度も気遣ってくださる野畑社長
 

しかし、「ばのばの」は人任せにしてしまい、すぐに資金が底をついた。だが、会社をクローズしてしまうと借金を一括返済しなければならなくなるという理由で休眠会社として名前は残すことに。

そして、本業「のばのば」では利益をあげるために試行錯誤しては失敗する日々が続く。
「これからはネットの時代だ!」と、ネットショップをオープンさせた。しかし、有利な価格で商品を仕入れることのできる問屋が小売りを始めたことに同業の小売店は黙ってはいなかった。

あちこちからお叱りを受け、この時ばかりは、頭を丸めて方々に謝罪に出向いたという。叱られまくった野畑社長だが、どうしてもネットショップには関わらなければならないと強く思っていた。

 

「のばのばのばのば・・・」と繰り返していたら
「ばのばの」になったから社名を「ばのばの」にしたのだそう
 

 
 
「うんこ」を商標登録?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事