検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシ 忘年会・新年会 2018年-2019年 平成最後も横浜呑み!
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017」に潜入!!!

  • LINE
  • はてな

2017年09月10日

ライター:はまれぽ編集部

天気はいいとも!

2017(平成29)年9月9日土曜日。

今年の夏は暑いなと思ったら雨ばかり降ったり、このまま秋かと思えば夏が戻ると見せかけてまた雨が降る。

といったご機嫌ななめでなかなかまっすぐにならない天候の日々が続くが、タモリカップ2017横浜大会が開催される本日は、ひさしぶりに気持ちよく晴れる週末となった。
 


鳥浜駅からマリーナへと向かう道にも朝の日差しが降り注ぐ

 
タモリカップをはまれぽが追いかけはじめて今年で4回目。2016(平成28)年は嵐2015(平成27)年は好天に恵まれるも海は凪ぎ、風を待ってスタートが遅れ、ライター永田いわく「日焼けにはご注意を!」の暑い一日だったりした。

タモさん主催の「日本一楽しいヨットレース」タモリカップが横浜で開催されて今年で5回目。1回目は台風によりレースは中止。大バーベキューパーティのみの開催だったため、レースの開催は今年で4回目である。

さて、今年はどうだろう? 
 


ウキウキウオッチングしながら横浜ベイサイドマリーナに到着
 

本部建物周辺では、タモリカップTシャツを着たスタッフたちが準備の真っ最中

 
盛り上がる雰囲気に胸躍らせながら、プレス艇に乗るメディアの方々とともに待機。やがて午前9時、いくつかのモーターボートに分かれ出航した。



天気晴朗なれど、波高し
 


徐行運転のマリーナのなかはもちろん穏やかだが外も穏やかそうだ
 

みなさんおはようございます!
 

と思っていたら、外に出ると波は意外と高かった

 
ボートはしばしば大きく揺れるが、しかし風は非常に穏やかである。そしてひとまず、タモリカップといえばのパレードを見物しに行かなければ。 
 


パレードの会場であるタモリカップの旗艦、帆船「みらいへ」のほうへ

 

出場するヨット186艇はすべて「みらいへ」の前を通過して
 

大会名誉会長タモさんに挨拶をする。さらに有志がパフォーマンスを披露する
 

パフォーマーが登場!

 

すべての艇に「いってらっしゃい」と声をかけるタモさん!
 


そして無数のヨットたちは海をたゆたいながらスタートの時を待つのであった

 
 
 

タモリカップの説明書 

スタートまでの時間を利用して、タモリカップのレースのルールを説明する。 
 


海上でおこなわれるヨットレースはスタートラインがわかりにくいのだが
 

このオレンジ色の旗を立てたモーターボート2台の間がスタートライン
 


そして3ヶ所に配置されたこの黄色いブイを反時計回りに回り

 
ゴールを通過後、2個のピンク色のブイの向こう側を通ってマリーナへ帰っていく。 
 


レースの規則が細かく記された帆走指示書にある「コース図」はこちらである
 


そして日本最大規模のタモリカップでは厳格なクラスカテゴリーも定められている


などと言っているうちにスタートの時刻が近づいてきたので再び視線を海上へ

 
 
 

風がなけりゃ、ねえ船長(キャプテン)!
 
そしてスタートライン艇を探しているときにふと気がついた。あれ、風が止んでいる。2時間ほど前に出航したときは、穏やかながらやわらかい風が吹いていたのだが、いまはすっかり凪いでいる。 
 


どうやらこれは無風状態である
 

そんななかスタート10分前、5分前のサイレンが鳴り
 

第1グループがスタート

 
タモリカップは出場艇数が多いため、第1から第3までのグループに分けて、約10分間隔で3回スタートが切られる。 
 


続いて第2グループ、第3グループもスタート
 

しかしながらゼロではないが相変わらずほぼ無風である
 

嵐のなか、風を切って波の上をぐんぐん滑っていった2016年とは様子が違う

 
穏やかなレース展開である。
 


そして早くもマストをたたんで穏やかな海を楽しむ判断をした艇もあちこちに
 

そう「風だけを頼りに疾走する」のがヨットなのだとタモさんも言っているように
 

風がなけりゃないで、海の楽しみ方はいくらでもあるのだ
 


そんなみなさんに監視艇に乗るタモさんが声をかけてまわる素敵なシーン
 


みなさん思い思いにゆっくりと楽しんでいらっしゃるご様子
 

疾走してもしなくても、海とヨットがあればそれでいいのだ!

 
レースが開始してから1時間半、いまだゴールする艇はないが、秋の気配を帯びた穏やかな海と空はどこまでも眩しく、どこまでも気持ちいいのであった。 
 


というわけで陸へ戻ることに
  

 
 
それでは一旦休憩です キニナル後半の部は次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

「タモリカップ2014年」熱狂レポート!

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

「タモリカップ2015年」熱狂レポート!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

「タモリカップ2016年」徹底レポート!

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

【編集部厳選】目指せ肉食男子! ガッツリ食らう「肉」特集!(豚肉編)

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

崎陽軒のシウマイ弁当は、発売当初どんなデザインだった?

    • 面白かった180
    • 面白くなかった4
    • コメント2
  • 2019年01月16日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった36
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

中華の街横浜で人気の絶えない繁盛店の秘密を探る! 

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

臨床歴17年。延べ8万人以上の豊富な経験と口コミで評判の整体院

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

  • JR相模原駅北側の相模総合補給廠共同使用地にスポーツ・レクリエーション施設、一部返還地に商業施設の建...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング